So-net無料ブログ作成
前の20件 | -

女性3人でランチ [友達]

空は晴れ渡っていたが、吹き抜ける北風が冷たく感じる日だった。干し柿には絶好の天気で嬉しい。今のところ、カビの気配はないが、念には念を入れて、霧吹きスプレーで35度のホワイトリカーを吹きかけた。

連れ合いはテニスに出かけたが、私は池上の「厨房しらかわ」へ。久しぶりにYさんとKさんにお会いして、昼食会をした。お二人が相次いでご主人を亡くされてからちょうど2年。私たち夫婦はご主人方と毎週水曜日の午前中にテニスをしていた。ご主人たちは大学の同級生で、Yさんは前のテニスクラブでも一緒だった。我が家のそば会にもいらしていたが、80歳まであと1年という時期にあちらの世界に行ってしまわれた。

夫婦でコーヒー店をやっていたKさんはご主人亡き後も一人でお店をやっている。お客さんと話していると楽しいし、やることがあってよかったとおっしゃっていた。80歳とは思えぬ元気さに脱帽。Yさんもダンスなどの趣味を続けていて、はつらつとしている。女性は一人になっても強いなあとつくづく思った。

DSC05859.JPGDSC05861.JPG
メインの牡蠣フライを撮り忘れ。

明日から21日まで香港滞在なので、その間ブログは休みます。米国の友人夫妻がベトナムツアーに参加する前に香港に寄るというので、急遽会いに行くことに。昨年のイギリス300kmウオーク以来の再会。
コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

陶芸 親子三人展へ [暮らし]

昨日は青梅の友人宅から国立に向かい、府中に住む姪と待ち合わせて、知り合いの陶芸家、岡野法世さんと娘さんの親子三人展が開かれている「画廊 岳」に行った。

ロン・ヤスの時代、1982年レーガン大統領が来日した際、中曽根首相から大統領に贈られたのが岡野さんの大皿と大壺だった。娘さん2人も陶芸家になっている。毎年、我が家のそば会に見えるが、とても楽しく素敵な方だ。

9.JPG13.JPG12.JPG14.JPG15.JPG
作風は三人三様で面白い。

陶芸展に行く前に、姪と三人で国立駅から徒歩5分ほどのフレンチレストランでランチをした。今様の見た目重視のフレンチで、コート・ドールのクラシックフレンチが好きな私にはいまいちだった。

0.JPG1.JPG3.JPG4.JPG5.JPG6.JPG7.JPG8.JPG
お任せコースで6千円
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

友人宅にお参りに [友達]

連れ合いの親しい高校時代の友人Tさんの奥さんが急逝されてから3カ月が経った。3回目の月命日の今日、2人で青梅のTさんのお宅にお参りに行って来た。

いろいろな病気をしていたTさんは、突然に奥さんを亡くしたショックで体調を崩し、先月末から今月初めまで入院を余儀なくされた。人生で最大のストレスは配偶者の死と言われるが、闘病の末ならまだしもTさんの場合は心の準備が全くなかったわけで、想像を絶する喪失感と悲しみに襲われたはず。それを思っただけでも涙がでる。

人の死はそのあとに事務的な処理がたくさんあるらしい。本籍地が自宅でないため、地方の役所とのやり取りもあり、大変だったとか。家族葬だったが、その後に弔問客が自宅に見えたり、会ったことのない奥さんのお友達が遠くから訪ねて来たりとその相手でかなり疲れてしまったようだ。

今はTさんの体調が一番心配。以前奥さんを亡くした知り合いから、立ち直るまでに1年はかかるよと言われたと話していたが、やはり心の薬は時間しかないんだろうな。

DSC05755.JPG
先週まで近所の公園にチョウセンアサガオが咲いていた。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

東京で干し柿作りに挑戦 [暮らし]

朝、弟から段ボールいっぱいの蜂谷柿が届いた。弟の家の前の畑にある1本の柿の木に実がたくさんなっているのに、もぐ人がいないため、義妹とご近所の方がもったいないねえと話していたらしい。その後、ご近所の方が柿の木の持ち主を訪ねて意向を聞いたら、少し自分に届けてもらえれば、勝手にもいでいいですよと言ってくれたのだそうだ。

3軒で分けて、それぞれ300個あったというから、1本の木に千個くらいなったことになる。送るから干し柿を作ったらと義妹に言われて、その気になったところに届いた柿は82個。早速助手に指図して、作業に取り掛かる。皮を剥いて、ポリ紐に括り付け、大きな鍋に沸かした熱湯に数秒浸して、ベランダの物干し竿にぶら下げた。

DSC05812.JPGDSC05813.JPGDSC05816.JPG

カビやカラスの襲撃で全滅という最悪の場合を考えて、1/4は焼酎で渋抜きして生で食べることにした。東京で干し柿を作るのは初めてだが、とにかく雨が降らずに毎日北風が吹いてくれることを願うのみ。
コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

母に会いに行く [田舎]

ちょっとスケジュールが立て込んでいるので、今日しかないと日帰りで母がいる施設に行って来た。毎月のおつとめで、1回は行くようにしている。

新幹線で1時間20分、在来線に乗り換えて十数分、そこからタクシーで10分という距離。JR東日本の「大人の休日俱楽部」の会員になっているため、運賃が3割引きで行けるので助かる。

1カ月ぶりに会った母は元気そのもの。持参したお菓子を美味しいと平らげ、いろんな話をする。とんちんかんな部分もあるが、結構まともなところもある。午前中に義妹が来て、従兄(私の)の奥さんが亡くなったことを教えたようで、ちゃんと知っていた。

来月開所する同じ施設が経営する所への入所を申し込んであるので、そこに移ったら、すぐ近くの温泉施設に泊まって、面会に行けるからいいなあと期待しているが、どうなることやら。

DSC05784.JPG
プルメリアの最後の一輪。気温が低いため、ようやく開いたという感じ。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第2回そば会(2017年度) [そば会]

2週続けてのそば会。間が開くより、かえって楽。今夜の客はテニス仲間9名。テニス談義で盛り上がったと思ったら、病気の話。お医者さんが2人いらしたので、役に立つ話が聞けた。

本日の献立
○黄芯白菜とベーコンの炒め
○鶏肉・大根・昆布の煮物
○里芋・人参・コンニャク・干し椎茸・高野豆腐の煮物
○ブロッコリー・ツナ・塩昆布のゴマ・ポン酢・マヨネーズ和え
○赤カブ・柿・セロリのサラダ
○キュウリの三五八漬け
○金時豆(前回煮たのを冷凍保存)
ほかにチーズ、鮭のつまみの差し入れあり。

DSC05795.JPGDSC05798.JPGDSC05792.JPGDSC05791.JPGDSC05786.JPGDSC05788.JPG
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

髪を染めるの止めた [暮らし]

テニスのあと、いつもの千円カット屋に寄り、1カ月ぶりに髪を切ってもらう。2カ月前に髪を染めて、それを最後に染めるのを止めることにしたのだけれど、あとどのくらいで自然に戻るかしらと聞いたら、2カ月半くらいかなと言われた。あら、ちょうどいい、70歳の誕生日を白髪で迎えることができそうと私。

9年前インドに行った時、ツアーで一緒だった方から、白髪染めというより髪にこしが出るから、ヘナはいいですよと勧められて買った。多分、1kgで200-300円だったと思う。面倒で半年くらい放っておいたが、いくら安くともインドまで行って買った物を捨てるわけにはいかないなあと使い始めた。

ヘナは植物の粉末で、枯草のような匂いがする。この匂いが結構好きだった。ショートヘアなので、1回分の使用量が約50g。値段にするとたったの15円くらい。手間を除けばただも同然だった。ネットでチェックしたら、日本での売値が20倍以上でびっくり仰天したものだ。

インドのあと、トルコ、エジプト、ブータン、イランと旅先の市場で買い求め、染め続けてきたが遂に使い果たしたので、それを機に止めることにした。これもシンプルライフの一環かな。

DSC05683.JPG
テニスクラブに行く途中に咲いているツワブキ
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

牡蠣と帆立を存分に味わう [食べる]

雲ひとつない青空が広がったが、強い北風がが吹いていたため、テニスに行くのは中止した。この年になって、悪条件下で頑張ってテニスをすることもないわと即座に決断する。楽しいことを優先して、機嫌よく過ごすのが日々の目標なので、今日はガイドブックとネットで香港での食事処を探した。出発前に現地で食べるものをあれこれ想像するのも旅の楽しみのひとつ。

東日本大震災の被災地応援を続けている方から、三陸の牡蠣と帆立が送られてきた。どちらも殻付きの新鮮なもの。同封されていたナイフで連れ合いに中身を出してもらい、思い切りぜいたくに海の幸を味わった。6年経っても、現地はまだまだ大変だろうけれど、頑張って漁業を発展させていってほしい。

DSC05776.JPGDSC05779.JPG
帆立は刺身とバタ焼きで。

DSC05778.JPG
牡蠣は生にレモンを絞っただけで。残りは焼き牡蠣に。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

たまにはメールでなく手紙で [暮らし]

曇天で時折雨がちらつく天気にさっさとテニスは諦め、図書館へ。読み終えた本を返却して、小説2冊と17日からの香港旅行のためにガイドブック2冊借りて来た。

こういう日は家で静かにしていると心が安らぐ。思い立って、4人に手紙を書いた。手紙と言っても封書ではなく、絵はがき。封書はお悔やみやお見舞いなど、はがきでは失礼な場合しか使わない。

展覧会や旅行に行った時に絵はがきを求めておき、常に記念切手を切らさないようにしている。絵はがきだと書くスペースが少ないので、すぐに書けるし、この人にはどのはがきがいいかなと選ぶ楽しみもある。そして、40年以上使っている万年筆で書く。

DSC05781.JPG

日頃はメールでのやり取りが圧倒的に多いが、相手を思いながら、ペンを走らせ、何日かかけて届けるというアナログなやり方も捨てがたい。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

『女神の見えざる手』 [映画]

日比谷シャンテで映画『女神の見えざる手』を見る。都内で上映しているのはわずか2館のみだからか、平日の昼間にしては混んでいた。

エリザべスは、やり手のロビイスト。ロビイストとは、特定の団体や個人のためにさまざまな戦略を駆使して、政党や議員に働きかけて政治を影で動かす人。

エリザベスは銃擁護派の大手のロビー会社から部下数人を連れて小さな会社に移り、銃規制法案を可決するためのロビー活動に邁進する。秀でたアイデアと実行力で擁護派に肉薄するが、手段を選ばない手法はやがて彼女を窮地に追い込むことになる。

政治は政治家が動かしているわけではなく、その裏には政治家を動かすプロたちの戦いがある。両陣営の戦いをロビイストたちが代理でやっているようなもので、これがすさまじい。エリザベスは勝つためには敵どころか自分の同僚さえも欺く。そして、最後にはあっと驚くどんでん返しが待っている。

恋人は持たず、お金で男性を買い、睡眠を削って動き回るワークホリックのようなエリザベスの人物像が面白い。息もつかせぬ展開に終始緊張感を強いられるようなサスペンス映画に久しぶりに出会えて、大満足。

DSC05769.JPGDSC05774.JPG
日比谷公園の木々はほんの少し色づき始めたところ。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

テニスのあとは飲み会 [テニス]

絶好のテニス日和で、男性の中には半袖・短パン姿の人もいたくらい暖かかった。連れ合いが高校の同期会に出た折、OさんとHさんがテニスをするとわかり、そのお二人が今日ビジターでクラブに見えた。

テニスのあと、池上の「厨房しらかわ」でMさん夫妻も加わって、6人で飲み会。若い時の思い出話から、病気の話までネタが尽きることがなかった。同時代を生きてきた者同士が集まると、共通の話題で盛り上がることができるのがいい。

ちょうど仙鳳跡の牡蠣が入ったばかりだったので、フライ、グラタンのほか、生も食す。いずれもミルキーで、こくがあって、最高だった。

DSC05760.JPGDSC05761.JPGDSC05766.JPGDSC05762.JPGDSC05767.JPGDSC05764.JPG
このほかにポテトサラダと柿のサラダを食べた。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第1回そば会(2017年度) [そば会]

今シーズン初めてのそば会を開く。春からバンコク駐在となったAちゃんが出張のついでにテニスクラブにやって来るというので、急遽この日にした。ほかにテニス仲間8人を招いて、総勢11人でのにぎやかな宴会。

1.JPG2.JPG3.JPG

今月は3回、12月・1月は2回開くことが既に決まっている。その後は月に1-2回のペースで来年6月末頃までに一巡の予定。

本日の献立
○牛すね肉と大根の煮物
○白菜と油揚げの煮浸し
○菜花とターサイの炒め
○鮎の南蛮漬け
○里芋のゴマ味噌和え
○ホウレンソウ・エノキダケ・塩昆布のナムル
○赤カブの甘酢漬け
○金時豆煮
ほかに、マグロとホタテの刺身、鶏のから揚げ、牡蠣のオリーブオイル漬け、からすみ、焼き豚の差し入れがあった。

4.JPG5.JPG7.JPG6.JPG8.JPG9.JPG10.JPG11.JPG12.JPG
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

明日のそば会の準備 [そば会]

昨日と同様テニス日和だったが、今日はテニスには行かず、明日のそば会の準備をする。

昨日は昆布・本鰹・宗田鰹・鯖節で出汁をとり、常に仕込んであるかえしと合わせて、そばのつけ汁を作った。つけ汁は3日くらい前に作って寝かせたほうがいい。今日は金時豆を煮て、テニス仲間の鮎釣り名人からいただいた冷凍の鮎を揚げて、南蛮漬けを仕込む。

例年通り、北海道の新得農協から45kg入りの玄そばを2袋購入した。田舎の弟の低温貯蔵庫で預かってもらい、弟に製粉してもらって、送ってもらう。そば粉と野菜が届いた時点で、献立を決めているが、今回はお客からあらかじめ差し入れの品を知らされたので、ダブらないようにした。

最終的に献立を決めて、スーパーに買い出しに。今シーズン1回目のそば会とあって、ちょっとウキウキしている。

DSC05680.JPG
先だって友人が送ってくれた野菜や果物の中に入っていたキーウイ。小ぶりで中が赤くて、酸味が少ない。調べたら、レインボーレッドという種類だった。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

アイボが欲しかった! [つぶやき]

今日はテニスは休むつもりでいたが、あまりの好天気に誘われ、クラブへ。行楽シーズンの三連休のせいか、それほどにぎわっていなかった。

ソニーが来年1月11日に発売する犬型ロボット「アイボ」が、11月1日の午後11時1分から、ネットのソニーストアで予約販売されたが、30分で完売したらしい。

ちょうど発売時期に古希を迎えるので、自分への贈り物にしようかなと1日の夜、ぎりぎりまで迷っていたが、連れ合いがそれほど乗り気じゃないし、様子を見て次回の発売時でもいいかと今回は諦めた。でも、予約販売に応募するだけすれば良かったかなと後悔。多分、一瞬の競争で駄目だったかもしれないけれど。

マンションはペット禁止なので本物は飼えない。でも、アイボなら問題なし。ソニーストアのHPで見たアイボのロボットとは思えぬ可愛いしぐさにすっかり参ってしまった。次回発売は未定と書いてあり、がっくり。

DSC05691.JPG
今朝、ベランダから仰ぎ見た秋の空。

DSC05575.JPG
ハナミズキも赤い実をつけている。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ブログは11年目に突入 [つぶやき]

午後からテニス。さほど風もなく、最高のテニス日和だった。いつものように2ゲームしてお終いにする。もっとやりたい気持ちはあるが、とにかくほどほどにと自分に言い聞かせて、抑えている。

ブログを始めてから、ちょうど10年が経った。退職して1年が過ぎた頃、高校の同級生からブログを始めたというメールが届いた。彼女のブログを読んでいるうちにボケ防止に自分もやってみるかなと始めたのが2007年の11月5日。初めのうちは、よくわからないまま試行錯誤でやっていたが、まさかこんなに長く続けることができるとは思わなかった。

過去、日記は長くて3カ月くらいしか続かなかったので、自分でもまた挫折するに違いないと思っていた。多分、読んでくださる方がいるというのが励みになって、なんとかここまで続けてこられたのだと思う。それに記憶力が衰えた自分にとっては、備忘録として、このブログが役に立っている。昨年、このグループをそば会に招いた時の献立は?とか、あのレストランで前回は何を食べたっけとか、簡単に調べがつくので、便利。

あと何年、続けられるかわからないが、まあ生きている証に数行でもいいから、毎日書いていこうかなと11年目を迎えるにあたって決心した。

DSC05629.JPGDSC05631.JPG
先日、友人が送ってくれた新生姜を佃煮風に、紅玉りんごはサツマイモと煮た。
コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

捨てられないレコードを聴く [暮らし]

朝9時からテニス。暑くも寒くもなく、走り回るにはちょうどよい気温だった。家で昼ご飯を食べたが、久しぶりにビール付き。燦々と部屋に差し込む日差しの中で飲むビールはなかなか美味しい。

ここ1カ月くらい、夕食の時にレコードを聴いている。断捨離するたびに候補に上るのが、レコードとプレイヤーなのだが、連れ合いが首を縦に振らないため、そのままになっていた。捨てないなら、ちゃんと聴いてよと言ったら、夕食時のBGMがCDからレコードに変わった。

DSC05403.JPG
懐かしのAppleマーク

DSC05407.JPG
真空管アンプ

ビートルズの初期の作品、五輪真弓のデビュー間もない頃の作品、ロリン・マゼールがクリーヴランドオーケストラの指揮者をしていた80年代にレコーディングしたものなど、懐かしい音楽ばかりで、結構楽しめる。LP1枚を聴き終えるのに食事の時間がちょうどぴったりというのがまたいい。
コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

『劇場版 岩合光昭の世界ネコ歩き コトラ家族と世界のいいコたち』 [映画]

午前中、鍼灸治療を受ける。そのあと、鍼灸院から程近い二子玉川へ。東地区の再開発後、初めて降りた。多分数年ぶり。電車1本で自宅から30分で行けるのに、なぜか足が向かない。今日は見たい作品が上映されている映画館が近場ではここだけだったので、鍼灸のついでに寄ったという次第。

『劇場版 岩合光昭の世界ネコ歩き コトラ家族と世界のいいコたち』はNHKで放映された番組の映画版だそうだが、家にテレビがないため見たことがない。

津軽のリンゴ農園の小屋に住み着いているコトラ一家を1年以上にわたって撮った記録に6カ国の個性的なネコたちの映像が挟みこまれているドキュメンタリー。

コトラが5匹の子どもを産んだその日からカメラが一家を追う。目も開かず、へその緒が付いたままの子ネコが親になるまでの成長ぶりに目を見張る。リンゴの木に登り、農園内をきょうだいで自由に走り回り、時にはネズミを捕って食べるというほぼ野良のネコたちの野生を秘めた生命力がすごい。それでも途中でいなくなる子ネコもいれば、コトラも一家のすみかだった小屋を次の世代に譲って(?)、いつのまにかどこか別の場所に移ってしまう。ペットとは違うネコたちの生態が興味深かった。

イスタンブール、モロッコ、リオデジャネイロ、サントリーニ島、ハワイ、シチリアのネコたちもそれぞれの風景にとけこんで、存在感を放っている。海外版はネコだけでなく、景色も素晴らしく、映像が美しい。

気分転換にはもってこいの映画だった。この作品に出てくるネコを見ているとついネコと暮らしたいなあと思ってしまうけれど、マンションはペット禁止のため飼えない。

DSC05670.JPG
3階のシネコンから続く所にルーフガーデンがあり、サツマイモや大根が植えてある菜園もある。

DSC05672.JPG
菜園脇に植えられているお茶の木に花が咲いていた。

DSC05675.JPG
蔦屋家電のカフェで、トーストとカボチャスープのランチ
コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

友達はありがたい [友達]

先週同様、台風が過ぎ去り素晴らしい晴天となったが、いかんせん風が強すぎて、テニスは諦めざるを得なかった。散歩がてら、図書館とスーパーに行っただけで、家でぐずぐずしているうちに一日が過ぎる。

田舎の友達が施設にいる母に会いに行って、メールで写真を送ってくれた。夕方、弟夫婦が母を訪ねたら、Mちゃんが来てくれたととても喜んでいたらしい。本当にありがたいことだ。「持つべきものは友」が身に沁みた日。

DSC05611.JPGDSC05625.JPG
先週、友達が送ってくれたイチジクを生で食したあと、残りを赤ワインで煮た。砂糖は控えめにして、大人の味に。
コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

幼なじみの友と久しぶりに会う [友達]

昨日は家から一歩も出なかったが、今日は雨の中横浜へ。横浜在住の幼なじみのC子ちゃんと久しぶりに会った。

雨でなければ、港町をぶらぶらしながらおしゃべりするつもりだったが、あいにくの天気だったので、屋内で適当な所を探した。そして行ったのが、そごう美術館で開催中の「平山郁夫 シルクロードコレクション展」。

DSC05658.JPG

40年にわたる平山夫妻のシルクロードへの旅で収集した工芸品や織物など170点、シルクロードの遺跡を描いた絵画など40点が展示されていた。イランのペルセポリスやイスファハーン、トルコのエフェソスやイスタンブール、新疆のトルファンなど、懐かしい場所が描かれた絵が何枚かあり、自分の旅を振り返りながら、見て回った。

お昼はそごうの10階のレストラン街に行く。台北の有名な小籠包の店「京鼎楼」の支店があるというので、そこで食べた。小籠包は昨年12月台北で食べて以来。期待していなかったが、以前二子玉川高島屋の「鼎泰豊」で食べた小籠包より美味しい。

DSC05660.JPGDSC05663.JPGDSC05661.JPG
サラダ、小籠包4つ、4種類の麺から一つ選び、セットで1,550円。私は酸辣湯麵にした。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

再開したお店でワインを堪能 [食べる]

昨夜は千鳥足での午前様の帰宅。帰り着くなり、バタンキューで寝てしまった。今朝は二日酔い気味。

昨日は週末雨との予報に2日続けてテニスをした。いったん帰宅し、夜は麻布十番の「カラペティ・バトゥバ」へ。若い友人、Sさん夫妻と4人でワインとフレンチを楽しんだ。

このお店のオーナーは以前コート・ドールでソムリエをしていたCさんで、開店後、何度か訪れたが、ここ3-4年ご無沙汰していた。近くに住むSさんにお店を紹介したら、彼らの方が時々行っていたらしい。

昨年の12月、クリスマスが迫った頃に下の階の中華屋さんから出火し、カラペティも被害を受けた。半年間の休業を経て、7月に元の店の近くで再開。それを知ったSさんから誘いを受けた。

先週、コート・ドールに行った際、シェフからCさんの新しいお店、とてもいいですよと聞いていたが、カウンターもコの字型になり、前よりも明るく開放感があって、すごく素敵だった。6-7割が女性客だそうで、ここなら一人でも来れそう。Cさんのお元気な姿を拝見できて良かった。

料理はすべて一皿を夫婦でシェアした。前菜2品、主菜は魚・肉の両方。ワインはロゼのスパークリンから始まって、白2本、赤1本、それにグラスでデザートワインまで飲んだ。

1.JPG
店内。私たちは個室のテーブル席。8時頃には38席がほぼ満席になった。10時まで入店できるので、つまみとワインだけという客もいる。
2.JPG
3.JPG4.JPG
ワインのセレクトはCさんにお任せ。
5.JPG
アミューズ:クロックムッシュ
6.JPG
Sさんたちの前菜:ズワイガニとアボガドのムース
7.JPG
私たちの前菜:野菜とオマール海老のテリーヌ
8.JPG
全員の前菜:フォアグラ
9.JPG
魚は全員が同じクエを選ぶ。
10.JPG
Sたちの肉料理:熊肉のパイ包み
11.JPG
私たちの肉料理:鴨のロースト
12.JPG
デザート:モンブラン
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の20件 | -
メッセージを送る