So-net無料ブログ作成
前の20件 | -

宴会疲れで休養 [暮らし]

昨夜は暑さと宴会疲れのせいか、珍しく何度も目が覚めた。掃除・洗濯を済ませ、昼近くに予約していた婦人科クリニックへ。2年に一度の区の子宮がん検診を受ける。ずっとサボっていたが、同じ検診でがんが見つかった人が周囲にいるので、前回から真面目に受けることにした。

連れ合いは当然テニスに行ったけれど、私は家でのんびりと本を読んで過ごす。一人の時間は何にも代えがたいなあと思いながら、ウトウト。極楽のひととき。

DSC08694.JPG
公園の片隅に咲くハナニラ
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第10回そば会(2017年度) [テニス]

真夏のような陽気の日曜日、夕方からそば会。お客は同じマンションに住む方や以前に住んでいた方など9名。お隣だったMさん一家の上の娘さんが今春高校生になった。いつも一家で参加してくれるが、年に一度しか会わないと、その成長ぶりに驚かされる。

同じテニスクラブで一緒にテニスをしたことのあるKさん、7月に小説を出版するとか。恋愛小説と聞いて、それなら当然私小説ねと言ったら、まあそんなとこらしい。読むのが楽しみ。

本日の献立
〇牛肉・生椎茸・ズッキーニ・キクラゲのオイスターソース炒め
〇煮物(大根・人参・干し椎茸・昆布・高野豆腐・コンニャク)
〇茹でスナップエンドウ
〇トマトとルッコラのサラダ
〇キュウリの三五八漬け
〇花豆煮
〇チーズ&台湾ドライマンゴー
〇アサリの酒蒸し&焼き豚(Kさん)
〇皮蛋豆腐&ナツメのクルミとチーズ詰め(Mさん)
〇牛肉とゴボウの煮物&長芋とカリフラワーの甘酢漬け(Oさん)

1.JPG2.JPG
3.JPG4.JPG5.JPG6.JPG8.JPG7.JPG9.JPG10.JPG11.JPG
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

暑さと強風でぐったり [テニス]

田舎の弟から、明日のそば会のためのそば粉と野菜が届く。開けてびっくり、タラの芽が入っていた!もちろん天然もの。普段、家では天ぷらを揚げないのだけど、明日はそんなことを言っていられない。それにしても今年は花ばかりでなく、山菜も早いなあ。

水曜日までテニスができないので、強風にもかかわらず、テニスクラブへ向かう。暑さと風で2セットしただけで、もうぐったり。そのかわり、夕ご飯時のビールが格別に美味しかった!

DSC08697.JPG
近所のハゴロモジャスミンがきれい。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ピンカールの女性に唖然 [つぶやき]

午前中は明後日のそば会のために出汁をとって、かえしと合わせ、つけ汁を作ったり、花豆を煮たりと台所仕事。午後からは昨日に引き続き、連チャンでテニス。夏日で暑かった!

一昨日、品川に映画に行く時、8時台のラッシュアワーの電車に乗った。現役時代と同時刻の全く同じ路線。押さなきゃ乗れないほどの混雑ぶりは変わっていなかったが、車内の様子は様変わりしていた。新聞や本を読んでいる人は皆無。座っている人も身動きできない状態で立っている人も皆、スマホをいじっている。

一番驚いたのは、座っている女性が前髪にピンカールをしていたこと。車内で化粧したり、何か食べていたりする人には驚かなくなりつつあるが、まさかピンカールをしたまま電車に乗っている人がいるとは思わなんだ。よくぞ平気でいられるとあきれたが、本人は全く意に介さない風。ここは公の場で、あなたの家じゃないのよと一喝したかったが、さすがにその勇気がなかった。

DSC08699.JPG
近所のモッコウバラが満開。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

寿司が食べたい! [食べる]

風が強かったが、昨日は雨だったので、おしゃべりだけでもいいかなと午後からテニスに行く。なんとかノルマの2セットをして、汗を流すことができた。

先月の初め、札幌の「鮨処有馬」で食べて以来、寿司にご無沙汰。2-3日前から猛烈に寿司が食べたくなった。それで、今夜は近所の行きつけの寿司屋に出向いて、夕ご飯。初鰹や今の時期が最高という生のトリ貝を味わうことができて、大満足。

この年になると、毎日のご飯作りもいい加減嫌になる時があるので、変な罪悪感を抱かずにさっさと外で食べることにした。自分で自分に甘くしなきゃ、だれもしてくれないもの。

1.JPG2.JPG3.JPG4.JPG5.JPG6.JPG7.JPG8.JPG
生ビールに日本酒は、〆張鶴と写楽を飲む。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

『ちはやふる 結び』 [映画]

雨でテニスは無理と、『ちはやふる 結び』を見に朝一番で品川へ。2016年に見た『ちはやふる 上の句/下の句』二部作の続編。

2年前、個人戦でクイーンに敗れた千早は、いつか自分がクイーンになることを夢見ながら、高校の競技かるた部で頑張っていた。初めて新入部員が2人入り、張り切って高校最後の全国大会を目指していたが、一緒に部を作った部長の太一が受験勉強を理由に突然退部してしまう。ピンチのかるた部は東京予選を突破できるのか、千早は試練にさらされる。

今回は千早や太一の師匠を破った若き名人も登場。名人を太一に絡ませ、かるたという競技の奥義や魅力をより引き出している。昨日見たインド映画のレスリング試合と同様、競技シーンの演出が見事。前2作とも面白かったが、完結編はそれ以上の出来だった。青春ものとしては本当に見て損はない作品。原作は漫画らしいが、どうも漫画は読む気がしない。

DSC02525.JPG
お昼は家で、そば粉で作った台湾風葱餅。
コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

『ダンガル きっと、つよくなる』 [映画]

渋谷でインド映画『ダンガル きっと、つよくなる』を見る。実話に基づいたアーミル・カーン主演の作品と聞けば、見逃すわけにはいかない。

かつてレスリングのインドチャンピオンだったマハヴィルは生活のために選手を止め、仕事についていた。男の子が生まれたら、レスリングを教えて、自分が果たせなかった金メダルをとらせたいという夢を抱いていたが、生まれてくるのは女ばかり4人。ある時、長女と次女が喧嘩で男の子をやっつけたことを知り、2人を鍛えてレスリング選手にしようと思い立つ。父親のスパルタ式特訓に反抗しつつも、やがて娘2人は選手として実績をあげていく。

早く結婚して、家事と子育てをするのが女の生き方というインドの村において、女の子がレスリングをするなんて、前代未聞。父親の勝手な夢のために娘たちが犠牲になるのかと思いきや、父親には深い考えがあってのことだった。家族愛、師弟愛にあふれたスポーツ根性物語であると同時に女性の成長物語。笑いあり、涙ありで140分の上映時間が全く長く感じない。特にレスリングの試合シーンは迫力があって、ハラハラしながら力が入ってしまった。アーミル・カーン主演の作品を見るのは3本目だが、やっぱりこの人が出ている映画に外れはない。超おススメの映画!

DSC08688.JPG
映画の後、久しぶりに「チリチリ」のカレーを食べて、鍼灸院へ。体が軽くなった。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

懐かしい味に感激 [暮らし]

1週間ぶりにテニス。2試合したあと、もう一つ誘われたが、やりたい気持ちを抑えてお終いにする。シャワーを浴びてから、月に一度の骨粗しょう症の注射をしてもらうため、クリニックへ。1カ月があっという間に過ぎ去ってしまう感じ。焦る一方、どうせならさっさと過ぎてもらった方がいいかなと思うこともある。

田舎での昼食会に出席した折、友人から天然のセリとウコギをいただいた。天然のセリはたまに八百屋で見かけるが、ウコギは見たことがない。帰宅した日にお浸しにして食べたが、ほろ苦さをともなった懐かしい味に感激。ウコギの木はトゲがあり、新芽を摘むのはたいそう手間がかかる。こんな量を摘むのは大変だったろうなと感謝しながら、ありがたく味わった。

DSC08681.JPG
ウコギ
DSC08682.JPG
セリ
コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

親類宅で昼食会 [田舎]

13日、甲子温泉を後にして、ふる里へ。K子さんの従妹、S子さん宅で女ばかり10人集まっての昼食会が開かれた。

5年前、K子さんが母の所を訪ねてくれた時にS子さんたちとベルギーに行く話が持ち上がった。そして1年後に私が添乗員役で親類縁者6名を連れて、ベルギーへ。K子さんの案内であちこち見て回り、ツアーでは味わえない貴重な旅を経験した。その旅に参加した皆さんが手料理を持参して集まってくれた。

旅の思い出話やベルギー在住30年を超えるK子さんの面白い話で座が盛り上がり、宴はなんと数時間にも及んだ。いろいろな縁に導かれての集まりだったが、やっぱり、“血縁”より“結縁”だと思う。

その日は、ふる里にある温泉施設に泊まり、翌日K子さんたちと施設の母を訪ねた。5年前に会った娘さんたちのことは忘れていたが、昔から知っているK子さんのことはよく覚えていて、とても喜んでくれた。

0.JPG1.jpg
つきたての草餅、S子さん宅のタケノコを使ったご飯や煮物、天然の山菜を部屋で揚げながらの天ぷら、ノビル、ワラビ、ウド、アスパラ、自家製野菜のサラダ、こづゆなど贅沢な食材を使った料理がところ狭しと並んだ。あまりに美味しくて、ずっと食べっぱなし。

2.JPG3.JPG
宿泊施設の敷地に咲いていた枝垂れ桜とこぶし
コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

南湖で花見、それから秘湯へ [田舎]

12日、ベルギーから来日中のK子さんと東京駅で待ち合せ、新幹線で新白河へ。同行者はK子さんの娘さん、Y子さんとN子さん。女4人での旅は相当にかしましいため、車内では大声で話さないよう気を付けたはずだけど、周囲はうるさく感じたかも。

新白河駅からタクシーで南湖に向かう。南湖は白河藩主、松平定信が士民共楽(武士も庶民も共に楽しむ)」という理念のもとに築造した日本最古の公園。桜や紅葉の名所でもあり、花見を楽しみにしていた。例年より1週間早い開花で少し見頃は過ぎていたが、枝垂れ桜はきれいだった。数十年前、幼かった娘さん2人連れて、転地療養のため南湖の旅館に1カ月滞在したことがあるというK子さんはその旅館がまだあると知って大喜び。部屋を見せてもらい、昔の記憶をたぐり寄せて興奮していた。

1.JPG2.JPG3.JPG4.JPG
南湖。何枚も撮らないうちに電池切れ。タブレットは駅のロッカーに入れてきてしまい、しかも今回に限って充電器を持参せず。いよいよボケてきたみたい。

駅に戻り、温泉旅館の送迎車に乗る。途中、桜の名所を通るコースを走ってくれ、車中からの花見もできた。阿武隈川の源流に近い甲子温泉大黒屋の周囲にはまだ雪渓が残っていた。

5.JPG6.jpg7.JPG
階段を100段下がり、川を渡った所にある大岩風呂(混浴)と櫻の湯。

8.JPG
夕食。福島牛が美味。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

強風の中でテニス [テニス]

強風との予報に気が進まなかったが、Fさんと約束していたため、家を8時15分に出てテニスクラブへ。到着した頃から風が強まり、ラリーをしてもボールが流れて続かない。4人集まった時点で、すぐに試合開始。

5人になったので、4ゲーム先取で交代しながらゲームをしたが、風が強いわ、途中で雨が降るわで、散々だった。普段だと絶対やらない天候の中でのテニスだったけど、まあたまにはこういうのもいいか。

明日から2泊で田舎へ。来日中のベルギー在住の親戚が母に会いたいというので、温泉と花見を兼ねて案内することになった。

DSC08155.JPGDSC08196.JPG
出回った時に必ず作る花わさびの酢醤油漬け
コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』 [映画]

六本木ヒルズで、映画『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』を見る。珍しく友人と鑑賞。映画は1人が基本なのだが、せっかく誘ってくれたので、見終わったあとにじっくり話をすることにした。

ベトナム戦争が泥沼化していた時代のアメリカで起きた実話に基づいた作品。国防総省(ペンタゴン)が長年ベトナム戦争に関する調査・分析を記録していた文書の一部がニューヨーク・タイムズに渡り、それがスクープ記事になる。先を越されたワシントン・ポストの編集主幹ベンは独自に残りの文書を手に入れ、社主キャサリンの了解を得て、それを公表しようとするが、それは社運を賭ける危険な行為だった。

政府の圧力の下、隠蔽されてきた機密を国民に知らせようと奔走する新聞記者たちと彼らを支えるべきか、踏み止まらせるべきか葛藤する女性経営者を描いている。報道の自由がテーマになっているが、当時珍しかった女性経営者の成長物語でもある。初めは淡々と話が進むが、後半はサスペンスフルでハラハラする。昨今の日本の御用記者たちにぜひとも見せたい作品だ。

DSC08673.JPGDSC08674.JPG
シンガポール料理屋で海南鶏飯のランチ

DSC08678.JPG
国際文化会館で庭を眺めながら、コーヒーを飲んでおしゃべり。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

散歩のあとはビール付きランチ [暮らし]

風が強く吹くとの天気予報に今日はテニスには行かないと昨日から決めていた。映画は明日見ることになっているし、美術展など街に出るのも億劫だしと近場に散歩に行く。

2週間ぶりに行った林試の森公園は、すっかり萌黄色に変わっていた。山吹、花大根、シャガ、椿などの花も咲いている。池では亀たちが甲羅干しをしていて、いかにも気持ち良さそう。風の音を聞きながら、木々の間を歩いていたら、気分爽快になった。

昼はお気に入りのピザ屋のひとつ、ラ・ロッサで、ビール付きランチ。散歩の目的は実はビールの方だったりして。

1.JPG2.JPG3.JPG4.JPG5.JPG6.JPG7.JPG8.JPG9.JPG10.JPG11.JPG12.JPG

13.JPG14.JPG15.JPG
ランチタイムは、ピザ、野菜スープ、ドリンクバー付きで1,080円とお得。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

オーストラリア人の日本旅行 [友達]

ようやく2日続いた強風が止んだ。昨日までとは違い、空気がひんやりと感じられる。午後からテニスに行き、いつものように2試合して、早めに帰宅。

先日、成田で会ったメルボルンのブライスからメールが届いていて、添付のpdfを開けてびっくり。来年1月27日~2月19日までの日本訪問の日程表だった。札幌雪まつりに来て、ついでにスキーをしたいと言っていたので、北海道内だけかと思っていたら、とんでもない。

東京、長野、岐阜を回り、その後札幌へ移動して、阿寒湖や層雲峡に行き、雪まつりまでが16日間。そして、横浜に移動して、鎌倉見物してから奥さんだけ帰国。彼は再び札幌へ戻って、5日間スキーというスケジュール。来日してから帰国するまで24日間!しかもホテルはすでに予約済というから、やることが早い。クルーズを6回分予約していると言っていたけど、1年の半分以上は海外なのかも。

東京滞在の折は当然会うとして、連れ合いは札幌スキーにも何日間かは付き合わねばならないだろうな。どうしようか頭を悩ませるけど、来年のことを決めるにはまだ早すぎる。アメリカのディックもすでに来年6月からの1,500㎞ウオーキングを決めている。そんな先のことはと思うのは日本人だけなのか。

DSC08568.JPGDSC08569.JPG
近所の藤の花が見頃。例年、4月下旬頃だったはずなのに、今年はあまりにも早い。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

そば持参で友人宅へ [そば会]

朝から連れ合いに12人分のそばを打ってもらう。そばとつけ汁を持参して、Tさんの車で武蔵野市の友人宅へ。昼過ぎから、大勢で宴会。手料理がずらりと並び、どれも美味しくてお酒が進む。私の役目はそばを茹でるだけなので、楽だった。

DSC08565.JPGDSC08564.JPGDSC08563.JPGDSC08560.JPG

1年ぶりに会った友人のお孫さんたちとのおしゃべりを楽しむ。就学前の子供とも大人のような会話ができて、面白い。子供って、なんでもわかっているのね。

いろいろな話で盛り上がって、腰を上げたのが7時頃。友人夫妻は疲れたに違いないが、私にとっては至福のひとときだった。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』 [映画]

先月末にオープンしたばかりの東京ミッドタウン日比谷内のTOHOシネマズで、『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』を見た。

1940年、ナチス・ドイツがヨーロッパ各地に侵攻し、フランスも陥落寸前。フランスの海岸ダンケルクでは英仏軍がドイツ軍に追い込まれていた。イギリスにも危機が迫る中、チャーチルが首相になる。ヒトラーに徹底抗戦するか、それとも和平を模索すべきか、究極の選択を迫られるチャーチル。

チャーチルの首相就任からダンケルクの戦いまでの27日間を描いた伝記ドラマ。政敵が多く、人間的にも欠点の多かった政治家チャーチル像が魅力的に描かれている。見事な特殊メイクと主演俳優の名演技で本物と見紛うほどだった。それにしても独裁的な政治家というのは皆演説がうまい。

昨年公開の『ダンケルク』をDVDで見てから、この作品を見ることを勧める。当時の状況がよく理解できて、映画が2倍楽しめるはず。

DSC08554.JPG
映画館のある4Fからの眺め。オープンしたばかりで、ビル全体がすごい混みようだった。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

久しぶりに涼しいと感じた日 [テニス]

朝、ベランダに出たら、久しぶりに空気がひんやりとしていた。昨日は26度もあったのに今日は一転して15度。4月の気温としては普通らしいが、暖かさに慣れた体には堪える。

天気予報によると明日は風が強いらしいので、今日もテニスに行くことにした。腰や膝のためには一日置きがいいのだが、土曜日も予定が入っているし、軽くやってこようとクラブに向かう。

男性3人の中に入って1セットしたあと、女子ダブルスを1セットした。寒いかなとベストを着てプレーしたら、汗びっしょり。結局、夕飯時にはビール+ワインになってしまった。

DSC08551.JPG
八重桜が満開。ハナミズキも満開だし、藤も咲き出した。季節の進み具合が早すぎる。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

『獄友』 [映画]

お孫さんが幼稚園を卒園し、送り迎えのお役目がなくなったFさんから、水曜日の午前中にまた一緒にテニスをしましょうと誘いがあった。朝9時からコートに立ったが、暑くてバテ気味。帰りに「天心」に寄り、お昼を食べながら飲んだ生ビールの旨いこと!これからの季節、このビールのためにテニスをやるようなものだ。

昨日、ポレポレ東中野で見た映画は、ドキュメンタリー『獄友』。金聖雄監督は、すでに『SAYAMA みえない手錠をはずすまで』と『袴田巌 夢の間の世の中』で、冤罪を訴える元受刑者を撮っている。今回は再審で無罪釈放になった元受刑者3人と狭山事件の石川さんや袴田事件の袴田さんとの交流を描いている。

5人の獄中生活を合わせると、なんと155年!やってもいない殺人という罪を着せられ、何十年も刑務所で過ごさざるを得なかった人たち。彼らが語る言葉から、冤罪という理不尽さが強く伝わってくる。当時の警察や検察、そして裁判官は心の痛みを感じないのだろうかと思ってしまった。権力を持つ者は鈍感なのか。

テーマは重いけれど、笑える場面もたくさんある。冤罪や死刑制度に興味がない人にもぜひ見てほしい。人が生きていくとはどういうことなのか、考えさせられる作品。

DSC08322.JPG
公園の花壇は花盛り。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

映画のあとはフレンチ [食べる]

火曜日はテニスクラブが休み。午前中、家で読書などしてのんびり過ごす。午後に東中野まで出かけ、映画を見たあと、四の橋のラシェット・ブランシュで姪と落ち合って、3人で夕食。

半年ぶりに川合さんの料理を味わったけれど、コート・ドール同様、外れがなく大満足。今更、新しい店を開拓する意欲はないし、安心して食べられる店を順繰り回るのが一番と思った夜。

食べた料理(アラカルトで)
〇飲み物:グラスシャンパン、グラス白ワイン、赤ワインボトル1本
〇アミューズ:豚のリエットとリンゴのピューレ
〇前菜:フランス産ホワイトアスパラとホタテのポアレ(私)
    フォアグラとタケノコのソテー(夫と姪)
〇主菜:ランド産鳩のロースト(私)
    システロン産仔羊のロースト(夫と姪)
〇デザート:イチゴのタルト(私と姪)
      ココナツのブラマンジェ(夫)
〇小菓子&コーヒー

DSC08531.JPGDSC08532.JPGDSC08536.JPGDSC08533.JPGDSC08538.JPGDSC08540.JPGDSC08543.JPGDSC08542.JPGDSC08544.JPG
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

乳がんの検診を受ける [暮らし]

乳がんの検査を受けた。2年に一度、偶数年齢の時に区から乳がんと子宮がん検診の案内が送られてくる。周囲で、その検診時にがんが見つかったという人が結構いるので、なるべく受けるようにしている。

いつも同じクリニックで乳がんの検査を受けているが、医師もスタッフも全員女性なので気楽。特定健診や胃内視鏡検査もここで受けている。触診・マンモグラフィ・超音波検査で自己負担が1,000円。安心料と思えば安いものだ。子宮がんは婦人科なので、別のクリニックになる。

検査のあと、テニスクラブへ。ゲームの合間にTちゃんのみつ豆をご馳走になる。寒天、白玉、豆、黒蜜、すべて手作りで手がかかっている。美味しかった!

DSC08208.JPGDSC08211.JPGDSC08209.JPG
近所の見事な源平しだれ桃。1本の木から2色の花が咲く。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の20件 | -
メッセージを送る