So-net無料ブログ作成
検索選択

「シャバはつらいよ」を読む [読書]

震災の年に出た大野更紗さんの「困ってるひと」の続編「シャバはつらいよ」(ポプラ社)が今月出版された。

DSC06576.JPG

大学院でミャンマー難民の研究をしていた著者はフィールドワークでタイに滞在中、体調を崩し、帰国する。あちこちの病院で診察・検査を受けるも病名が特定されず、1年後ようやく東京のある病院で日本にもあまり症例のない難病と診断される。前作はその過酷な闘病生活をユーモアたっぷりに描き、退院して、一人でアパート暮らしを始めようとするところで終わっている。

その後、大野さんのブログやツイッターで、座談会に出席したり、新聞や雑誌に記事を書いているのは知っていたし、それらをまとめた「さらさらさん」や「1984 フクシマに生まれて」も読んでいた。

その活躍ぶりから病状がかなり良くなったのかなあと勝手に想像していたが、この続編を読んだら、大野さんがいかに生存ぎりぎりのところで日々頑張っているかがわかって、なんとも切ない気持ちになった。

前作同様、退院後の難病患者の一人暮らしの現状や次々に襲いかかる問題を軽妙なタッチで描いている。退院して半年も経たないうちに震災が起き、福島県の実家も親戚も原発事故の影響をもろに受けてしまう。八方塞がりの状況の中で、生きていても仕方ないと時には気弱になり、一方ではなんとか生き延びたいとも思う。そして、病の苦痛に苛まれながら、自分が直面する社会福祉や医療問題にさまざまな形で発信していく。

あまり頑張らないで、体を大切にしてねと呼びかけたいところだけど、危険を冒してシャバに出て来た大野さんにとっては社会とリアルに関わらねば、出所?した意味がないものね。第三部が出版されることを期待しよう。

DSC06582.JPGDSC06583.JPG
9時からテニスをして、中延の「天心」で、生ビールと麺のお昼。連れ合いは叉焼麺、私は豚しゃぶ冷し麺。
コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

コメント 2

pecotyan

大野更紗さんの情報、ありがとうございます。
以前、テレビで拝見したことがありましたが・・・。
頑張っているのですね!
何かを発信して頑張っているのは嬉しいけど
頑張りすぎないでね!とcliftonさん同様、思って
しまいます。




by pecotyan (2014-07-31 06:17) 

clifton

福島民友にも書いていた時期があるし、さまざまな媒体を
通して、問題提起していますよね。

読み終えた本、田舎に持って行きますので、お貸しします。
by clifton (2014-07-31 08:39) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
メッセージを送る