So-net無料ブログ作成
検索選択

イギリスで300km歩く(15日目:Littlebeck → Robin Hood's Bay) [旅]

15日目、いよいよ最終日。願ってもない好天に恵まれ、Robin Hood's Bayまでの19kmを全員一緒に歩く。毎日ただ無我夢中で歩き続けた結果、無事ゴールインすることができた。自分でもまさか完歩できるとは思わなかったので、やったあ!という気分より、明日から歩かなくていいという安堵感が勝った。

体力の衰えはもちろん、脳の衰えを実感する日々だった。ほかの8人が話す英語が聞き取れないし、言いたいことが言えず、ストレスが溜まった。特にジョークについていけず、皆が笑っていても笑えないのが辛かった。簡単な単語さえ忘却の彼方で、我ながら唖然としたくらい。日本語でさえ出てこない時があるのだから致し方ないかと言い訳しつつ、ボケ老人への道をまっしぐらに歩んでいるのを認めざるを得なかった。

連れ合いが身に着けていた万歩計によると、15日間の歩数は、469,000。320kmは歩いたことになる。

1.JPG
宿の農家の放牧地の朝

2.JPG3.JPG
青空の下、出発。

4.JPG5.JPG6.JPG
初めは森の中、やがてヒースの丘へ。湿地もあった。

7.JPG
ヒースの丘を抜け出し、ちょっと一休み。

8.JPG
ようやく北海が見えてきた。

9.JPG10.jpg
北海に出た所で記念撮影。

11.JPG12.JPG13.JPG
切り立った崖の上をかなりの距離歩く。

14.JPG
最後の宿、B&B「Streonshalh」に到着。

16.JPG15.JPG
まだ荷物が宿に届いていなかったので、部屋にリュックを置いて、すぐに近くのパブへ。皆で祝杯を挙げる。

17.JPG18.JPG19.JPG20.JPG21.JPG22.JPG
皆で海辺に行って、出発地St. Beesの海岸で拾って来た小石を投げる。

23.JPG24.JPG
石を海に投げた後、Wainwright's BarでWainwrightの名が付いたビールを飲み、Coast to Coastを歩いた人のサインブックに署名する。ほかの客たちから、おめでとうと祝福してもらい、いい気分。

25.JPG26.JPG
夕食予定のホテルの庭で夕日を浴びながら、食前酒。

27.jpg28.JPG29.JPG
最後の晩餐は羊のローストと牛のステーキをシェア。
コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

コメント 2

pecotyan

blogの更新を楽しみに読ませてい
ただきました。
あらためて、本当にお疲れさまでした。
そして完歩おめでとうございます!

blogを通して15日間の様子をより
詳しく知り、本当に大変だったと
痛感してます。
体力と精神力の戦いですね。
それも日本語を話すのはご主人のみ。
外国人との約2週間の行動は私には
到底出来ません。
「ボケ老人の道をまっしぐら」等と
締め括っていましたが、とんでも
ありません!
素晴らしい気力、体力と拍手喝采
です!
読ませて頂き、感動いたしました。


by pecotyan (2016-09-14 21:32) 

clifton

読んでいただきありがとうございます!

毎日歩くことに精いっぱいで、忘れていた出来事も
ありましたが、あらためて写真を見ながら振り返る
ことによって、記憶がよみがえりました。

連泊がなかったというのがきつかったです。5日に1回
くらいのんびりできる日があれば、もっと印象に残った
のではと思います。

自分だけが日本人だったら、もっと努力して英語を
話したのかもしれませんが、面倒になりました。
やっぱり、それも年のせいでしょうね。
by clifton (2016-09-14 22:44) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
メッセージを送る