So-net無料ブログ作成
検索選択

蝦夷鹿を味わいながら、介護のうっぷんを晴らす [食べる]

元同僚たちと女性3人で、四の橋の「ラシェット・ブランシュ」でランチ。母の体調によってはキャンセルすることになるかもしれませんと言っていたHさんが出席できてよかった。胆石の手術をしたばかりのEさんに会えなかったのが残念。

シャンパンとワインを飲みながら、お互い母親の介護の愚痴を言い合う。私は月に数日の介護で気楽な身分だが、ほかの2人は同居なので苦労も多い。特に一人っ子でシングルのHさんが一番大変。お母さんがショートステイやデイケアはもちろん、ヘルパーに来てもらうのも嫌がるため、一人で介護している。それも仕事をしながらなので、よくやっているなと感心する。

どうも母親は娘に対しては、わがままな態度をとるようだ。それだけ気を許しているということなのだろうが、相手をする方はたまったものでない。いつも優しく受け止めるなんて、無理よねえと慰め合う。美味しいワインと料理のお陰で、うっぷんを晴らすことができた。

食べた料理(前菜2品、主菜1品、デザート、コーヒーのランチコース)
飲み物:シャンパン、白・赤ワインをグラスで。
アミューズ:豚肉のリエット リンゴのピューレのせ
前菜:鯖のマリネと焼きナスのピューレ(私)
   牡蠣のムニエル カレー風味のクリームソース(3人)
   ムール貝(KさんとHさん)
主菜:蝦夷鹿のロースト(3人)
デザート:イチジクのコンポート(Hさんと私)
     ヌガーグラッセ(Kさん)

DSC01042.JPGDSC01043.JPGDSC01045.JPGDSC01046.JPGDSC01048.JPGDSC01050.JPGDSC01051.JPGDSC01053.JPG
蝦夷鹿の美味しさに参った!ジビエのシーズン中にまた食べなくちゃ。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
メッセージを送る