So-net無料ブログ作成

『92歳のパリジェンヌ』 [映画]

昨日はシネスイッチ銀座で映画を見て、いつものごとく交通会館内の「むらからまちから」で納豆など調達して帰宅。映画のせいか、この1カ月間の疲れが出たのか、早々と床に入ってしまった。

『92歳のパリジェンヌ』はフランスのジョスパン元首相の母親が自分の人生を終える日を決めて実行したという実話に基づいた作品。しかし、映画の中では登場人物の名前や家族構成などはフィクションになっている。

92歳のマドレーヌは一人暮らし。頭はまだしっかりしているが、ノートに記している自分でできなくなった項目が増えてきている。ある日、彼女の誕生日に集まった家族の前で、迷惑をかけて生きるのは嫌だから、元気なうちに自らの手で人生の幕を下ろしたい、それは2カ月後と宣言する。動揺し、怒る家族たち。

息子は一人で暮らすのが無理なら老人施設に入ればと言い、娘は私が引き取って面倒みるからと説得するがマドレーヌは断固として応じない。助産婦として働き、社会活動家でもあったマドレーヌにとって、人生の始末をつけるのはあくまで自分自身でありたいのだ。始めは母の決心を受け入れられずにいた娘は病院でオムツ姿を母から見せられて、考えを変える。すぐに退院させ、母の願いを叶えてあげるべく、最後の日まで寄り添う。

尊厳死がテーマの作品だが、フランスでも安楽死は認められていない。実行する時に側にだれかいたら、自殺ほう助の罪に問われるからと一人で薬を飲む。約束で直前に娘に電話をかける。電話をする方も受け取る方も、あの瞬間はどんな気持ちだったのだろうかと見ていて心がきりきりと痛んだ。

自分の親に同じようなことを言い出されたら、果たしてどう答えるか。やっぱり、「そうですか、どうぞ」とは、とても言えない。翻って自分の場合はと考えると、マドレーヌのようにできたらいいなあというのが本音。私たち団塊の世代は墓場まで満員と言われて育ったけど、その前に死に場所がなくなるらしい。2025年以降は介護施設も病院も満室で、おまけに訪問介護の人員も不足して自宅での看取りも無理とか。野垂れ死にするくらいなら、安楽死の方がずっといい。やがて国も困り果てて、安楽死についての法案が提出されるようになるかも。

DSC01014.JPG

田舎の友人にいただいた唐辛子。ご主人が畑で作り、彼女が編んでくれた。
コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

コメント 2

pecotyan

blogが更新されてないので、具合
でも悪いのかと心配してました。

重いテーマの映画ですね。

93才の施設にいる母は歩くことも、
食べることも出来ない認知症が
出ている母を前にして人の最後
を迎える難しさを痛感してます。
母だけでなく、自分も近い将来
その時を迎える訳で考えると
見通しも予定も立たない、立て
られない言い表せない気持ちに
襲われます。

沢庵漬けや、二本松行きも終え
やっと旅行に集中できます。
少し風邪の初期症状があるので
今週は体調を整えて旅行にのぞみ
たいと思ってます。
by pecotyan (2016-12-01 06:10) 

clifton

私も母を見ていて、今どきは死ぬのも大変だと痛感
しています。祖父母は自宅で亡くなりましたが、
祖父は寝付いてから1週間くらい、祖母は半年でした。
現代は高齢だからといって、そう簡単に死ねないですものね。

映画の主人公のように、自分の最後を自分で始末を
つけるという生き方に憧れますが、かなり勇気がいる
ことで、仮に安楽死が認められるようになっても、簡単に
決心できないのではと思います。

私もちょっと疲れ気味なので、おとなしくしているつもり
です。でも、出発前に食事会と忘年会が入っているので、
とにかく飲み過ぎに注意します。
by clifton (2016-12-01 07:18) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
メッセージを送る