So-net無料ブログ作成

買い出しはリュックを背負って徒歩で [暮らし]

弟が手術を受けるため、いつものショートステイ先に6日から滞在していた母が明日弟の所に戻る。年末はショートステイの利用が多いので、明日から1月10日まではステイできないのだ。

母の誕生日は14日だったが、施設にいたため何のご馳走もできなかった。それで、しばらくぶりで息子の家に戻る明日に食べてもらうため、目黒の駅ビル地下にある魚屋と肉屋に買い出しに行く。

連れ合いも同行するというので、運動がてら徒歩で行くことにした。小一時間の距離でちょうど歩くのによい。母の好きな刺身やすき焼き用の牛肉、明日のお客のための食材を調達し、リュックに詰めて、電車で帰って来た。家の近くにヤマトの営業所があり、帰宅してすぐにクール便で発送。

3週間という初めての長い施設暮らしに母がどういう感想を述べるか興味津々。弟のことを考えると、今後は施設への入居について母を説得していく必要があるが、どうなることやら気が重い。

DSC01307.JPG
近所の山茶花はまだ元気に咲いている。
コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

コメント 2

pecotyan

お母さんを思う気持ちが痛い
ほど分かります。
お母さんもさぞかし家に帰る
のを待ち望んでいたでしょう。
cliftonさんの送られた食材で
囲む食卓にお母さんは大喜びで
しょうね。

母の施設までは30分もかから
ないのですが、この時期、足を運
べずにいます。
少し行かないと寂しい思いはして
ないか、待ってないかと気に
なって。
cliftonさんも離れているので
お母さんを思う気持ちはなおの事
でしょう。

一年前を思い出しますね。
お母さんも元気に年を越せて
何よりです。
by pecotyan (2016-12-30 08:08) 

clifton

pecotyanさん、いつもありがとうございます。

会えば、お互い言いたいことを言ってぶつかるんですけど、
どういう気持ちで施設で過ごしているのかと思うと不憫に
なりますね。

今夜は優しい息子夫婦と一緒に好きなものが食べられる
ので、ますます元気になることでしょう。4日に私が
行ったら、なんやかんやと指図すること間違いなしです。
by clifton (2016-12-30 08:49) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
メッセージを送る