So-net無料ブログ作成
検索選択

『くちづけ』&『僕らのワンダフルデイズ』 [映画]

徒歩で目黒に映画を見に行く。2本立て上映で、シニア割引900円というお得な映画館、目黒シネマで、俳優竹中直人特集をやっている。2本とも見ていない作品だったので、今日は映画館で静かに過ごすことにした。

2013年製作の『くちづけ』は、知的障害者が暮らすグループホームが舞台。漫画家の父親は、知的障害の娘を伴い、ホームに住み込みで働くことになる。妻が亡くなって以来、ずっと一人で娘の面倒を見てきた父と娘にとっては、お互いがなくてはならない存在だった。そのことがやがては悲劇を引き起こすことになる。

笑える場面も泣ける場面もあるが、テーマは重くてつらい。実際にあった事件を題材にした舞台劇を映画化した作品で、父親役の竹中直人はじめ俳優陣がいずれも好演。

2009年製作の『僕らのワンダフルデイズ』は、53歳の主人公が末期がんで余命半年と知り、高校時代の仲間とバンドを再結成し、コンテスト出場を目指すというお話。目新しいストーリーではないが、面白おかしくて笑えるし、音楽もいいし、かなり楽しめた。

DSC02343.JPGDSC02345.JPG
帰りに目黒の「とんき」で、久しぶりにトンカツを味わう。開店時間4時を5分過ぎて行ったら、既に1階も2階も満席で、待ち席もほぼ埋まっていたのにはびっくり。休日の混み様は尋常でない。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
メッセージを送る