So-net無料ブログ作成
検索選択

『ローサは密告された』 [映画]

昨日、渋谷のシアター・イメージフォーラムで見た映画は、フィリピン映画『ローサは密告された』。主人公のローサを演じたジャクリン・ホセはカンヌ映画祭で主演女優賞を受賞した。

ローサはマニラのスラム街で、夫と小さな雑貨店を営みながら、4人の子供と暮らしている。生活のために麻薬を仕入れ、それを小分けして売っていた。ある日、数人の警察に踏み込まれ、夫婦は逮捕されてしまう。だれかが密告したのだ。

警察で、20万で手を打ってやると言われる。そんな大金はないと言うと、それじゃ売人を明かせと迫られる。ローサの供述によって売人が逮捕され、彼の持っていた大量の麻薬やお金は警察によって取り上げられてしまう。それで家に帰してもらえると思ったローサに警察はあと5万払わないと釈放できないと告げる。両親を心配して警察にやって来た3人の子供にローサは、なんとかしてそのお金を作ってほしいと頼む。子供たちは親戚や母親の知り合いを訪ねて、金策に走り回る。

警察の腐敗ぶりがすごい。下っ端の警察官たちは、庶民から理不尽にお金を巻き上げ、その一部を署長に上納している。汚職は一部のワルだけではなく、組織ぐるみなのだ。しかし、そういう無法地帯で生きる人たちの家族の絆は強い。自分たちもその日暮らしなのに、親戚や隣人を簡単に見捨てず、なけなしのお金をはたいて助けようとする。

フィリピンには行ったことがないけど、10万円で殺人を請け負う人がいるとか、警察官が一番のワルとかいう話は耳にする。スラム街の映像がリアルで、まるでドキュメンタリーのような作品だった。麻薬犯罪に関わる容疑者を裁判にかけることなく、逮捕時に射殺するのを大統領が認めているような国に果たして希望はあるのだろうかと暗澹たる気持ちになる一方、家族や親類の間で困った時には助け合うという精神が息づいていることに安堵した。

DSC04721.JPG
二岐温泉「大丸あすなろ荘」に咲いていたウバユリ。
コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
メッセージを送る