So-net無料ブログ作成

アンチ・エイジング [つぶやき]

涼しくてテニス日和だったが、どうも出かける気になれず、引きこもって本読みをしていた。西條奈加著「まるまるの毬」と近藤史恵著「サクリファイス」を読んだが、どちらも面白かった。

アメリカの女性雑誌が、「アンチ・エイジング」という言葉を使うのを止めると宣言したというニュースを読んだ。若さに価値をおき、いかに老化を食い止めるかが常に女性誌のテーマとなってきたのに、加齢に逆らうことを止めるというのは画期的だ。

編集長は、加齢についての考え方を変えるための最初の一歩は、加齢についての語り方を変えること、そのためにアンチ・エイジングという言葉を使わないことに決めたと語っている。若くなければ美しくない、人生にはピークがあってそこを過ぎれば後は転がり落ちるだけという考え方を止めたいと。

日本の雑誌も女性向けを問わず、いかに若さを保つかという記事がやたらと多い。生物は誕生した瞬間から死へと向かうようにプログラミングされているわけで、加齢は避けられない。それに抗しようしても無駄なのに、老化を敵とみなして戦いを挑もうとする。何万円もするクリームやさまざまなサプリメントを使ったところで、別人になれるはずがないじゃないの。

古希目前の自分としては、加齢を素直に受け入れ、頑張り過ぎずに心穏やかに生きていければ、それでよし。

DSC04833.JPG
近くの公園に咲くチョウセンアサガオ
コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

コメント 4

pecotyan

賛成です!!

肉体的には年を重ねれば衰える
のは当たり前。
サプリや化粧品で本当の美しさ
若さが得られる筈はない。
年に逆らわずに受け入れて生活
して行くことが一番かと私も思い
ます。

ずーと雨続きで心もカビが生え
て来そうです。
ダラダラと家の中で過ごす事が
多く少し動き出さなくては!と
思う日々です。
お会い出来るのを楽しみにして
います!
by pecotyan (2017-08-21 07:42) 

clifton

自分では割り切っているつもりでも、膝や腰が
痛かったりすると、サプリの宣伝を見て、効く
のかなと心が動く時があります。かかりつけの
整形外科に聞くと、信じないと効きませんと
言われましたが。

今日も朝から曇天で、いまにも降り出しそうな
空模様です。25日、よろしくお願いいたします。
by clifton (2017-08-21 09:02) 

サーヤ

お久し振りです、タンメンさんより早めに古希になりましたがなったとたんに体のトラブルでアタフタしています。

老化はせいぜいぼけがやってくるかとタカをくくっていたのですがそれはそうでなかった。。。
耳鼻科、皮膚科と今までに行ったことのないクリニックに行ってます。耳鼻科は耳が聞こえなくなってきたという意識があったので行くと、なんと耳垢がたまっているのだとか、で、今は耳垢を溶かす薬を入れて明日徐垢を除去してもらいに行ってきます。

皮膚科は顔じゅう赤くなりカユイ、これは日光疹らしい。今までにそんなことはないし体の組織が老化している。
そして眼科...ドライアイと白内障、ドライアイは目の奥がとても痛い時期が過ぎ去りやっと小康状態。一時は救急車を呼ぼうかというほど強い痛みがありました。
娘は、あれもできなくなったこれもできなくなったといって、歳をとることを楽しめばイイと言います。

サブリメントは一切飲んでいないし、コラーゲンには豚足を食べたりしています。
友人は70歳から2~3年は不調が続くけど、そのあとは落ち着くからと励まされ楽しみにしています。

by サーヤ (2017-08-24 13:23) 

clifton

サーヤさん、こんにちは。

私は2カ月前にハイキング中に足の甲を石にぶつけて、骨に
ヒビが入り、テニスを1カ月半休みました。通常の生活に
戻ってから、骨量の検査をすると医師に言われていますが、
骨がもろくなっているのは確実です。

視力だけは自慢できたのに、ここ2-3年で急に低下。本を
読むのが億劫になってきました。白内障はまだ手術の必要
はないそうですが、やがては受けることになるでしょう。

古希前後はあちこち体の故障が出て来る時期なので、
無理はしないほうがよいと、私もよく聞きます。なので、
この年齢なら、悪いところがあって当然と思うことにしました。
お互い、体をいたわりながら、次のステージに無事に行ける
ようにしましょう。
by clifton (2017-08-24 18:08) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
メッセージを送る