So-net無料ブログ作成
検索選択

東京マラソン完走祝宴 [食べる]

午後は晴れても風が強そうなので、9時少し過ぎにテニスクラブに行き、レッスンを終えた連れ合いに相手をしてもらう。ラリーとボレーの練習を1時間して、シャワーを浴びて徒歩で帰宅。ビールで喉を潤し、お昼ご飯は昨夜の残りのカレーで作ったカレーうどんにした。

昨年、東京マラソンに出たあと、我が家に10日間ほど居候していたアメリカ人のジェフェリーが今回も出場。今年は前回抽選に外れた彼の日本人のガールフレンド、Mちゃんも一緒に走り、2人とも完走した。Mちゃんは10万円払っての出場で、タイムは3時間半だったそうだ。彼女はニューヨークとベルリンも完走している。あとはボストンとロンドンを走るのが目標らしい。

夜は、目黒の「鮨りんだ」に2人を招待。昨年はジェフリーに天ぷらとトンカツをご馳走したが、今回は本物の?寿司屋を体験してもらうことにした。お任せコースで、つまみから握りまで20種類ほど味わう。

ニューヨークで3年間寿司を握ったというご主人も私たちに握ってくれた人も英語堪能だったので、すごく助かった。日本語でも魚の名前を完全に言えないのに、英語で言えるはずがないもの。コロラド州のボルダ―に住んでいる2人にとっては、今まで食べたことのない寿司だったようで、とても喜んでもらえた。

0.JPG1.JPG2.JPG3.JPG4.JPG5.JPG6.JPG7.JPG8.JPG9.JPG10.JPG11.JPG12.JPG13.JPG14.JPG15.JPG16.JPG17.JPG18.JPGDSC02565.JPGDSC02567.JPG19.JPGDSC02568.JPG
最後にご主人の故郷、宇和島の柑橘類ジュースが供される。清見、デコポン、ポンカンなどいろいろな味が楽しめる。また、お椀に使われている麦味噌はご主人のおばあさんの手作りだそうだ。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ネットのニュースの見出しにぎょっとする [つぶやき]

スーパーに食料の調達に行っただけで、日向ぼっこをしながら、本を読んで過ごす。

ネットのニュース欄を読んでいて、「ケアマネ調査 在宅介護殺人危惧 55%」という見出しが目に留まった。毎日新聞と介護事業会社の共同調査で、ケアマネージャーを対象にアンケートを実施し、730人の回答を得た。その結果、55%が介護家族と接する中で「殺人や心中が起きてもおかしくないと感じたことがある」と答えたという。

「介護者が心身ともに疲労困憊して追い詰められていると感じたことがある」とした人も93%に上った。そう感じた担当家族の割合は「1~3割」の53%が最高で、「1割未満」(32%)「4~5割」(11%)と続いた。

追い詰められた介護者の状態(複数回答)は「被介護者への暴力的な言動」(59%)「不眠で悩んでいた」(54%)「気分が落ち込み、笑顔や口数が減った」(51%)の順で多かった。

こうした介護者を支えるのに必要なことを尋ねると(複数回答)、最も多かったのは「夜間や緊急時に対応できるサービスの充実」(68%)だった。「経済的支援」(62%)「介護者支援のための新たな法律の整備」(55%)が続いた。

母の介護をちょっと手伝っているだけの立場だが、認知症でなくとも自宅で1人だけで介護するのは無理と感じている。ショートステイや訪問介護を利用すれば、1割負担だが、それでもかなりの負担になる。在宅介護を推進するなら、介護者にもしかるべき補助があっていいのではと思う。介護のために退職せざるをえない人もいるくらいなのだから。

DSC02490.JPG
年末に田舎の親戚にいただいた白いんげん豆を煮る。砂糖はてんさい糖なので、少し茶色になってしまったが、味はいい。朝茶のお茶請けにしている。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

テニスのあとは中華料理 [食べる]

甥がビジターで来るため、今日もテニスクラブへ。連れ合いは午前中にクラブに向かったけれど、私はおにぎりを作ってから、昼過ぎに行った。思ったより風があり、2試合しただけ。そのあとはクラブハウスでおしゃべりして時間を潰す。甥は同世代の人たちと存分にプレーできて、楽しかったようだ。

中延の「天心」で甥の嫁さんと待ち合わせ、4人で中華料理の夕食。食欲旺盛な若い人たちと一緒だと、たくさんの種類が食べられるのがいい。久しぶりの中華に満足。

1.JPG
くらげのあえもの
2.JPG
青菜のにんにく炒め
3.JPG
海鮮春巻き
4.JPG
海老のチリソース
5.JPG
麻婆豆腐
6.JPG
豚の黒酢煮
7.JPG
牛肉と野菜の炒め
8.JPG
担担麺
9.JPG
五目焼きそば
10.JPG
杏仁豆腐
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

連日のテニス [テニス]

今日は青空が広がり、春のような日差しが降りそそいだ。午前中は本読み、午後はテニス。いつもと変わらぬ一日を過ごす。水曜から3日連続でテニスをする。ちょっと風があり、コンディションがいまいちだったが、続けて3試合やり、もうぐったり。徒歩で帰る意欲を失くし、電車に乗ってしまった。

連れ合いは飲み会で夕食要らず。これ幸いに昨夜のポトフの残りとチーズだけの簡素な食事にする。もちろんワイン付きで。外で食べようかとも思ったけれど、明日から来月10日までの間に、6回の食事会が予定されているので、家の残り物を消費することにした。

DSC02504.JPG
近所の公園の緋寒桜がほころび始めた。
コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

超簡単ポトフ [暮らし]

今日も午後からテニス。じっとしていれば寒いけど、コート内を走り回っていると、やっぱり汗が出る。頑張らないをモットーにしているので、2試合してお終い。どちらも5-5の引き分けだったので、3試合分の運動量だった。

テニスに行く前に夕食の準備をした。北海道の友人からいただいたJA標茶の牛肉の水煮を使い、ポトフを作る。野菜は家にあったジャガイモ、大根、タマネギ、ニンジン、セロリ、パプリカを入れた。牛肉は既に煮込まれて柔らかいので、まずはスープと野菜をコトコトと煮込み、あとで肉を加えた。牛肉を長時間煮る必要がないため、あっという間に出来上がる。塩・胡椒で味を整え、食べる時にマスタードを添えた。

牛肉の缶詰といえば、大和煮しか思い浮かばないが、この水煮は味が付いていないので、シチューにもカレーにも使えて、とても重宝。

DSC02076.JPGDSC02497.JPGDSC02499.JPG
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

真冬のような寒さの中、テニス [テニス]

昨夜、図書館に何冊かの本の予約をしたら、そのうちの3冊が用意できましたというメールが午前中に届き、取りに行く。テニス仲間の91歳のTさんが読んでいるという山田風太郎の「人間臨終図巻」上・中・下を借りてきた。田舎に行く前に検索した時には見つからなかったため、Tさんに私の区の図書館にはないみたいとメールで返信したら、大田区の図書館にはあるよと言われる。テニスクラブで大田区にお住いのMさんにその話をしたら、借りてあげるわよと親切に引き受けてくださった。でも、田舎に行ってしまうため、戻ってからお願いすることにする。今日クラブに行って、実は見つかりましたと伝えたら、Mさんはまさに今日予約申し込みをしてくださったとのことで、申し訳なかった。

久しぶりに冷えた空気の中でのテニス。軽く2ゲームして、シャワーは浴びずに徒歩で帰宅。同じルートを何度か歩くと慣れてきて、だんだん近く感じるようになる。徒歩と電車で行くのと、所要時間の差はわずか10分から15分程度。電車賃の節約にもなるし、膝を鍛えることもできるし、今後はなるべく歩くことにしよう。

DSC01852.JPG
先日、実家に行って母の和ダンスを整理したら、私が数え7歳(62年前!)の「ひもとき」に着た着物と襦袢が出てきた。
コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

母を見送ってから帰京 [田舎]

母は毎週火曜日からショートステイ先の施設に2泊する。10時に迎えの車が来るので、それまでに着替えさせて、3日分の薬と施設から毎回渡される用紙に必要事項を記入し、持たさせる。当日朝に検温して、37℃以上あるとショートステイできない。

ほとんどの時間をベッド上で過ごす母に何が楽しみ?と聞いたら、食事と答えた。昔から食べることが大好きな母らしい返答だ。施設の食事は種類も多く、美味しいと話すのを聞いて、娘は安心する。

今回も母を見送ったあと、冷凍にするためのおかゆを炊きながら、掃除・洗濯とフル回転で家事をこなし、帰って来た。駅まで送ってくれた弟に、2人共フルタイムで仕事をしながらの介護は大変だろうから、ショートステイを増やしたほうがいいのではと伝える。

DSC02452.JPGDSC02460.JPGDSC02459.JPG
弟の愛犬、アイマール君は人形をくわえて来て、遊んでほしいとせがむ。
コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

高校の仲間と昼食会 [田舎]

朝まで吹きまくった風も昼近くに止み、日差しはすっかり春。いつものようにMちゃんが昼食会をアレンジしてくれ、高校の仲間が新白河駅前のホテルサンルートに集まった。

郡山からYさん、那須町からMさんが来てくれて、女4人、おしゃべりに興じる。全員90代の母親がいるため、話題はもっぱら介護に関連したこと。人はそれぞれ性格も暮らしてきた環境も異なるので、ひとくちに介護と言っても同じ対応ができないところが難しい。Yさんのお孫さんの何気な言葉をお母さんが気にしていたことがあったそうだが、私も知らないうちに母を傷つけているかもしれない。

母が元気な頃は物を捨てる捨てないから始まって、いろんなことでしょっちゅうケンカしていたが、いまや弱者となった母は娘に従う他ない。周囲から、親とケンカできるうちが花よとよく言われたけれど、そのとおりだ。
DSC02468.JPG
サンルートのレディースランチ。前菜、サラダバー、スープ、シーフードグラタン、豚ヒレのソテー、デザート、飲み物付き。

コメント(0) 

母は日記を再開 [田舎]

強風の一日。午前中は時折雨粒が、午後には雪が風と共に運ばれて来たりしたが、おおむね晴れていた。犬を連れて近所を散歩。白梅がほころびはじめ、水仙が芽を出していた。東北にも春が訪れようとしている。
母は、昨年11月末以来中断していた日記を3カ月ぶりに再開。後で盗み読みしたら、天候のこと以外に「いつまでも体がよくならず困っている。年のせいでもあるのだから、しかたなく思うが、もう少しがんばろうと思う。」と書かれていた。

いっときのひどい膝痛がなくなり、自分の置かれた環境に慣れて、生きる意欲が湧いてきたみたい。寝たきりになった当座は早く死にたいと言っていたから、精神的にも大分落ち着いたようだ。
DSC02466.JPG
ベッドの上で介護用テーブルを使い、日記を書く母。

コメント(0) 

懐かしの実家へ [田舎]

午後、義妹と実家へ行く。洋裁が得意の義妹に母の着物をリフォームしてもらうことにした。
母の和ダンスを開けて、洋服に使えそうな着物を選ぶ。いいものはないけど、10枚ほど
持ち帰る。帰ってからチェックしたら、ウールの着物が1枚虫に食われていた。和ダンス
はほとんど開け閉めしていなかったので、当然かも。

母が75年間暮らした家は何も変わっていなかったが、主がいなくなった今は家も死んでいる
かのように感じた。人が住んでいてこそ家なのだと思う。2か月ぶりに行って、実家に全く
愛着を感じない自分に驚いたほどだ。母に家はどうなってた?と聞かれたので、そのまま
だったよと答えた。

帰りにJAの直売所「り菜あん」に寄って買い物をしていたら、従兄の奥さんにバッタリ。
しばし、おしゃべりして、親戚の情報をやり取りする。

DSC02450.JPG
り菜あんで見つけた珍しい白菜の芽。鱈ちりに入れたら、美味しかった。

コメント(0) 

美味しいものを携えて母の所へ [田舎]

11時ちょっとすぎの新幹線で田舎へ。新白河駅に弟に迎えに来てもらい、弟の家に行く。除染中で、庭の土を削りとっているため、ブルトーザーが入っていて落ち着かない。
母は立つことは無理だが、自分でベッドの上に起き上がれるようになり、元気そうで安心する。食欲も旺盛で、ショートステイや訪問介護の担当者との連絡帳には完食されましたといつも書かれている。

夕方、近所 に住む私の中学校後輩の方が煮物や手作りのきんつばを持ってきてくれた。私が来ているとは思わなかったそうで、しばしおしゃべりする。義妹に聞いたら、よく訪ねてくれるとか。とてもありがたい。

連れ合いがおみやげ代にとカンパしてくれたので、目黒駅地下の魚屋で母の好きな刺身を調達。田舎では手に入らない魚を大人買い。母も弟夫婦も喜んでくれた。


DSC02447.JPG
金目鯛、本鮪、かんぱち

コメント(6) 

友人とつかの間のおしゃべり [友達]

昨日、釧路の友人から、東京に来ているのだけど明日は長崎に向かうので、羽田に行く前に品川で会いませんかとお誘いの電話があった。喜び勇んで、品川駅に出かける。駅中のカフェで、1時間半ほどおしゃべり。

昨年7月の札幌での連れ合いの高校クラス会で会っているが、席が離れていて、ゆっくり話ができなかったので、短い時間でも会えてよかった。実際に会って話すのはメールでのやりとりとは異なるし、私の知らない分野で活躍している人との話は刺激的で面白い。

彼女と別れてから、テニスクラブに直行。昨日とは違って、穏やかな天気の下でプレーできた。明日は母の介護手伝いのため、田舎の弟の家へ。帰宅は23日の予定。

DSC02393.JPGDSC07312.JPG
一昨日、林試の森公園に行った折、目黒不動尊にお参りし、近くの鰻屋「にしむら」で大串を2枚買う。その日の夕食にオーブントースターで温めて、鰻丼で食した。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

テニスの前に梅の花見 [テニス]

今日も穏やかな好天だわと張り切ってクラブに向かう。テニスウエアに着替えてコートに立ったら、さっきまで晴れわたっていた空になにやら不吉な雲が広がり始めた。練習を終えて、試合を始めた頃には時折突風が吹き、風と共に雨粒が落ちてくる始末。3時頃からは風が強くなるとの予報ではあったが、こんなに早く天気が変わるとは。大嫌いな風の中で、集中できないまま2試合やって、帰って来た。

テニスをする前に、クラブ近くの池上梅園に寄った。こじんまりとした梅園なのに約370本の梅の木がある。まだ6分咲きとかで、ちょっと早すぎたが結構な人出だった。

1.JPG2.JPG3.JPG4.JPG5.JPG6.JPG7.JPG8.JPG9.JPG
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

林試の森公園で春を満喫 [暮らし]

風もなく快晴の一日。なのに、火曜はテニスクラブが休みの日。こんな日に映画館や家にこもっているのはもったいないと、徒歩30分の林試の森公園へ。

暖冬なので、もしかして河津桜が開花したかもと期待して行ったら、咲いていました!平年より2週間ほど早く花見ができた。園内の梅や椿も見頃で、沈丁花までも咲き始めていた。この分だと、彼岸の頃にはソメイヨシノが咲くかもしれない。

1.JPG2.JPG3.JPG4.JPG
園内に11本の河津桜がある。近くの保育園の園児たちがたくさん来ていた。

5.JPG6.JPG7.JPG8.JPG9.JPG
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

テニスのあとはウオーキング [テニス]

天気予報をチェックしたら、昼頃から風が強くなるとわかり、午後に行く予定を朝に変更。8時半から1時間の個人レッスンを受けている連れ合いに相手してもらうため、8時半に家を出た。

15分ほど壁打ちをしてから、レッスンを終えた連れ合いと1時間みっちり練習。少し風があったけれど、久しぶりの練習に満足して、試合はせずに上がる。シャワーを浴びて、2人で徒歩で帰宅。40分歩いた所で生ビール付きのお昼を食べので、消費したカロリーはあっという間に取り戻してしまった。運動したあとにビールの誘惑から逃れるのは真に難しい。

カレーうどん.jpg
旗の台のうどん屋でカレーうどんを食べる。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

『キャロル』 [映画]

雨と強風の中、レインコートと長靴の完全武装で、品川の映画館へ。朝一番に『キャロル』を見た。一緒に行った連れ合いは『オデッセイ』を選ぶ。

1950年代のニューヨーク。クリスマスシーズンを迎え、買い物客でにぎわうデパートのおもちゃ売り場で、店員のテレーズはエレガントで気品に満ちた女性キャロルと出会う。彼女は4歳の娘へのプレゼントを探しに来ていた。売り場に手袋を忘れたキャロルにそれを送ってあげたことから2人の付き合いが始まる。

キャロルは離婚訴訟中で、夫と娘の親権を争っている。クリスマス休暇を1人で過ごすことになった彼女はテレーズを誘って、車で旅行に出る。旅を共にしているうちに2人の間に燃え上がる恋心。当時、それは禁断の恋だった。

裕福でも満たされない人生を送っている人妻キャロルと恋人がいる若いデパート店員テレーズとの女同士の恋愛映画だが、保守的な時代に生きながらも自分の気持ちに忠実に生きようとする女性の成長物語でもある。

キャロル役のケイト・ブランシェットとテレーズ役のルーニー・マーラがセリフだけではなく、ちょっとした表情や動作で心の内面や感情を表現していて、見事な演技に圧倒される。50年代のファッションがとても素敵、それに映像が何とも言えない美しさ。久しぶりに映画らしい映画を見た。

DSC07308.JPG
プリンスシネマ近くの秋田県のアンテナショップ、あきた美彩館で買ったセリ。セリは根っこも美味しい。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

変に暖かい日 [暮らし]

連れ合いが早朝羽田着の便で、バンコクより帰国。彼の出発前、私は田舎にいたため、2週間ぶりに朝食を共にした。

テニストーナメントの会場だったパタヤビーチは春節ということもあって、中国からの団体客が押し寄せてすごかったとか。例年同様、避寒に来ているロシア人も多かった模様。いつも宿泊するホテルで、ロングステイ中の知り合いの日本人に再会して一緒にテニスができたと喜んでいた。

昼食後、テニスに行くつもりで準備をしていたら、ベランダの洗濯物が風で飛ばされそうになっている。これじゃ、テニスは楽しくないと予定変更。図書館で借りた本3冊、ちょうど読み終えたところだったので、図書館とスーパーに行く。強い風が吹いているのに、変に暖かくて、気持ち悪かった。

母のサクラソウ2016.2.11b.JPG
サクラソウは至極元気。
コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

従弟夫婦とゆったりディナー [食べる]

午後テニスで汗を流し、いったん帰宅。夜に四の橋のラシェット・ブランシュへ。渋谷でカレー屋を営んでいる従弟夫婦と3人でゆったりとフレンチを味わった。

12月に従弟の母親(私の義理の叔母)が亡くなった。家族葬ということだったので、私が田舎の親戚を代表してお葬式に出るつもりでいたら、母の具合が悪くなり、急遽帰省することになり、出席できなかった。それで、四十九日を終えた従弟夫婦を食事に招いた。

2カ月ぶりのラシェット・ブランシュは、相変わらずの賑わい。レベルの高い料理をリーズナブルな値段で供するのだから、人気があるのも頷ける。

食べた料理(シェフお任せコース)
○飲み物:ビール、グラスシャンパン、白・赤ワインをボトル各1本
○アミューズ:ベーコンとチーズのトースト
○前菜①:鰆のくん製
○前菜②:白子のムニエル
○主菜魚:平目のポアレ
○主菜肉:鴨のロースト、フォアグラと竹の子のせ
○デザート:イチゴのタルト
○小菓子&コーヒー

1.JPG2.JPG3.JPG4.JPG5.JPG6.JPG7.JPG
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

テニス日和の祝日 [テニス]

快晴のうえ、さほど風もなく、最高のテニス日和の祝日。毎日が日曜日の身には祝日も平日も関係ないが、平日とは異なるメンバーとテニスができる楽しみがある。

久しぶりにAちゃんとプレーして、合い間のおしゃべりを楽しむ。同じメンバーで組み替えて、女子ダブルスを2試合やったが、いずれも接戦で疲れた!いつもは3試合をノルマにしているけど、今日は2試合でお終いにする。内容的には3試合分だったので。

帰りは徒歩で帰宅。ちょうど50分だから、自宅とクラブの距離は4㎞くらいか。電車で行っても35分くらいかかるので、大して変わらない。8月にちょっと歩く計画があるため、そろそろトレーニングせねばと思い立った。

DSC07303.JPG
1人の朝食は簡単なものばかり。ご飯も味噌汁もどうしても大盛りになってしまう。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

アメリカ渡航規定変更のお知らせに怒る [つぶやき]

今日は風が強いのでテニスは止めた。予約してあった本が借りられますと図書館からメールが届いたので、取りに行く。予約したことも忘れていた。昨年の直木賞受賞作の『流』は数カ月前に予約したと記憶しているけど、いまだ連絡なし。当時200人以上の待ち人がいたから、半年くらいかかるのかも。

先だって、海外への航空券を購入する際に利用している旅行社から、米国へ渡航(米国内乗継を含む)されるお客様へ「アメリカ渡航規定変更のお知らせ」というメールが届いた。

2011年3月1日以降にイラン、イラク、スーダン、シリアに渡航、または滞在したことがある場合、無査証での米国入国が出来なくなっています。該当するお客さまについては、アメリカ大使館でビザの申請、取得が必要となります。

という内容だった。イランに行っているので、この規定に該当してしまう。アメリカだけでなく、アメリカで乗継ぐ場合もということは南米方面に行く場合にもビザを取得する必要がある。テロ対策の一環なのだろうが、こんなことが役に立つのかと怒りが湧いてきた。そもそも現在のテロにまみれた世界情勢はブッシュのイラク進攻が招いたわけで、悪いのはアメリカじゃないの。

7年前、ブエノスアイレス滞在中のアメリカの友人を訪ねた際、ヒューストンで乗り継ぎしたが、その時の嫌な思い出がよみがえった。乗り継ぎのための入国なのに、指紋が判別できないからと別室に送られた。もちろん、連れ合いの同行は許されない。その部屋に入ったら、アラブ系の男性ばかり。自分は指紋を消したテロリストと思われているのかとムッとしたが、担当者がパソコンでなにやら調べている間、おとなしくしているしかなかった。30分以上かかって無罪放免になったけれど、もうアメリカには足を踏み入れたくないと思ったものだ。

DSC07305.JPGDSC07304.JPG
テニス仲間が購入しているレトルトのサムゲタンを一緒に取り寄せてもらった。骨まで食べられるほど柔らかくて、美味。さすがに1人では完食できず、残りは明日に。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
メッセージを送る