So-net無料ブログ作成
検索選択

ウオーキングも目的地の設定と帰りの楽しみが大切 [暮らし]

昨日は朝9時から昼近くまでテニスをして、徒歩で帰宅。今日はテニスはせず、ウオーキングだけにした。歩くにも目的があった方がいいと考えた結果、目黒の庭園美術館で開催中の「メディチ家の至宝」を見ることに。

開館時間の10時に間に合うように出発。20分前に着いたら、既にチケット売り場の前には10人ほど並んでいた。7月5日までなので、慌てて来た人が多いのか。前に並んでいた母娘2人連れの方が真珠を身に着けていると入場料が100円安くなるんですよと教えてくれた。HPを見たけど、気が付きませんでしたと言ったら、余計に持ってますからチケットを買うまでどうぞとネックレスを貸してくれた。100円でもコーヒー代の足しになるわねと遠慮なくお借りする(実際はビール代の足しに)。リュックにウオーキングシューズという出で立ちで、真珠のネックレスとは笑えたけれど。

美術鑑賞のあとは隣の自然教育園へ。前回はほとんど花が咲いていなかったが、今回はいろいろな花が楽しめた。

1.JPG2.JPG
1時間後に出てきたら、チケット売り場は長蛇の列。外の道路にまで列が続いていた。

4.JPG
名称の通り、自然のままの森で東京とは思えぬ環境。

5.JPG
ひょうたん池

6.JPG
ヤブミョウガ
7.JPG
チダケサシ
8.JPG
ハンゲショウ
9.JPG
ミソハギ
10.JPG
ヌマトラノオ
11.JPG
オカトラノオ
12.JPG
クサフジ
13.JPG
オオバギボウシ
14.JPG
アサザ
15.JPG
アザミ
16.JPG
ヤブカンゾウ
17.JPG
ノカンゾウ

18.JPG19.JPG
帰り道につい寄りたくなる「ベントエマーレ」で、ビールとピザの昼食。目的地を設定するのも必要だけど、帰りの楽しみもないと続かない。今日の歩行距離約9km。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

『裸足の季節』 [映画]

昨日恵比寿で見た映画はトルコ人女性監督の『裸足の季節』。イスタンブールから1000km離れた村に住む十代の5人姉妹。両親が10年前に事故で亡くなったため、祖母と叔父と一緒に暮らしている。

ある日、学校からの帰り道、海の中で男の子たちと騎馬戦をして遊んでいるところを見た近所の人が男の首に跨っていたと祖母に告げ口をする。ふしだらだと怒った祖母と叔父は彼女たちを外出禁止にしてしまう。それでも夜、こっそりと抜け出してサッカーを見に行ったりしていたが、締め付けはますます厳しくなり軟禁状態になる。長女から次々と見合いをさせられ、大人たちが決めた相手と結婚させられる。しかし、自由に生きたいと願う13歳の末っ子のラーレだけは、なんとしてもここから脱出してイスタンブールに行こうと決意する。

都会から遠く離れた田舎とはいえ、現代のトルコでまだこんな封建的な因習や女性差別が残っているのかと驚いたと同時に、エネルギーにあふれた美しい姉妹たちのみずみずしさが印象的だった。笑えるシーンもあり、社会的なテーマを暗い感じで描いた映画ではない。

7年前トルコに行ったが、政教分離政策で学校など公的な場所でのスカーフ着用はむしろ禁止だったし、イスタンブールで出会った若い女性たちは東京の繁華街で見る女性たちと少しも変わらないように見えた。でも、ひと昔前の日本と同じで、田舎と都会では考え方がかなり違うのかもしれない。

トルコの女の子.jpgトルコ.jpg
イスタンブールの若い女性たち
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

そば屋で女子会 [食べる]

午後、恵比寿で映画を見てから、神楽坂へ。数年ぶりに「蕎楽亭」を訪ねる。3週間くらい前に予約の電話を入れたが取れなかったので、暇人の私が先に行って席取りすることに。1日3組しか予約客を取らないため、あとは開店前に行って待つしかない。4時半に店に着いたら、既に待っている人がいてびっくり。5時の開店と同時にほぼ満席になる。

店主は会津出身の方で、こづゆやニシンの山椒漬けなど会津料理もある。そば粉は会津産を使っていて、日本酒もほとんどが福島県産。

今夜はかつて仕事で付き合いのあった女性たちとの飲み会。四谷から近くて、日本酒が飲めるお店との要望に応えて決めたのが「蕎楽亭」だった。女4人で福島のお酒を味わいながら、昔話で盛り上がった。

1.JPG
写楽、花泉、飛露喜、央などの福島県のお酒を飲む。
2.JPG
ニシンの山椒漬け
3.JPG
こづゆ
4.JPG
岩牡蠣
5.JPG
鴨焼き
6.JPG
卵焼き
8.JPG7.JPG
アスパラ、シイタケ、ソラマメの天ぷら
9.JPG
十割そばとざるそばの盛り合わせ
11.JPG
生湯葉そば
10.JPG
夏限定トマトそば
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

テニスは1ゲームで十分 [テニス]

昨日もテニスに行ったが、蒸し暑くて1ゲームでバテた。しばし休憩してから夕方連れ合いに20分ほどラリーの相手をしてもらい帰宅。今日は逆に最初に連れ合いと練習し、そのあと1ゲームしたが、それで十分だった。帰りは一緒に徒歩で帰って来た。

これからますます暑くなるので、ウオーキングのトレーニングも大変になりそう。北海道あたりにロングステイして、トレーニングしたいところだが、母のこともあるため、そうもいかない。これからは、朝5時頃から歩き始めるしかないか。

DSC04209.JPG
田舎の田んぼの脇に咲いていた花

DSC04248.JPG
弟の家の近所を歩いていた時に見つけた桑の実。買い物の帰りだったので、採った実をビニール袋に入れて持ち帰り、母に食べさせた。懐かしい味。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ウオーキングがてら、恵比寿に買い物に [暮らし]

昨日はウオーキングがてら、恵比寿まで買い物に行った。往復約10km。恵比寿駅近くのアウトドアショップ「モンベル」で、イギリスでのトレッキングに必要なものを購入。

私用のポール2本とレインパンツ、連れ合いと私用の泥除けのためのゲイター、それにコンパスなど。ユーチューブや日本人のブログを見ると、イギリスは雨が多く、ぬかるみを歩く確率が高いらしい。あとは5年前のスペインの巡礼路歩きの時にそろえたもので間に合いそう。

夜は知人宅での食事会に招かれて、美味しい手料理を味わい、大いに飲んで午前様近くに帰宅。

2.JPG3.JPG
目黒線の緑道に木槿や百日紅が咲き始めていた。

0.JPG
ゲイター

4.JPG5.JPG
恵比寿のベトナム料理店「ニャーヴェトナム」で昼食。私がブンチャー、連れ合いが牛肉のフォーを食べたが、蒲田の「ミ・レイ」の方がずっと美味しい。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

二岐温泉近辺の森を散策 [温泉巡り]

2日目、天気が良かったので、温泉近くの森を散策した。二岐山登山口手前の御鍋神社まで、緑の中を往復約8km歩いた。周囲にはブナの原生林が広がり、森林浴にはうってつけの場所。伐採計画を知ったあすなろ荘のご主人たちが保存運動に立ち上がって守った森だ。

1.JPG
林道で歩きやすい。

2.JPG
橋の上からの渓流

3.JPG8.JPG
ブナ、アスナロなどの原生林

4.JPG
御鍋神社の鳥居

5.JPG
御鍋神社は平家の落人が一時住んだ場所にあり、平将門も祭神の一人。

6.JPG7.JPG
神社の前のサワラの大木

9.JPG15.JPG10.JPG11.JPG12.JPG13.JPG14.JPG
途中で出会った花たち

16.JPG17.JPG
木いちごを発見。何年(何十年?)ぶりかで食べて興奮。子供の頃はこの黄色い木いちごのあとに、赤い木いちごの時期がきた。

18.JPG19.JPG
昼頃に宿に戻って、一風呂浴びて生ビールとそばの昼食。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

二岐温泉大丸あすなろ荘に連泊 [温泉巡り]

21日、ショートステイに行く母を見送り、急いで掃除・洗濯を済ませ、新白河駅へ。東京からやって来た連れ合いと合流し、天栄村観光協会が運営する送迎車「ヤーコン号」に乗る。40km離れた二岐温泉大丸あすなろ荘まで1時間ほどで到着。

現役時代に三度ほど宿泊したことがあるが、今回は12年ぶり。先月、あすなろ荘から葉書が届き、7月初めまで1泊15,000円でお好きな部屋に泊まれますと書いてあった。弟の所に行く時なら、私の新幹線代も浮くし、久しぶりに行ってみようということに。

2.JPG
道路から下った所にある一軒宿。ここのご主人は長い間「秘湯を守る会」の会長を務められた。

3.JPG
広々としたロビー

4.JPG
ロビーからの眺め。渓流が流れていて、右奥に男性用露天風呂、左奥に女性用露天風呂がある。

5.JPG6.JPG
部屋はお任せにしたら、10畳に掘こたつ室、露天風呂付を用意してくれた。普通に泊まると25,000円の部屋。

7.JPG
内湯。外に出ると半露天風呂。お湯は透明で柔らか。肌がつるっとする。

8.JPG
自噴泉岩風呂。大昔は川底だったらしい。昼間は混浴だが、朝晩に女性専用時間がある。

9.JPG
川べりにある男性用露天風呂。大小2つの湯舟がある。右の小の方で読書する人あり。

10.JPG
女性用露天風呂。森林浴と温泉浴が楽しめる。

11.JPG
天栄村のお酒

12.JPG
夕食。全般的に薄味で美味しかった。
13.JPG
福島のブランド豚、麓山高原豚の陶板焼き
14.JPG
岩魚の塩焼き
15.JPG
野菜の天ぷら
16.JPG
デザートはスイカと栃もち

17.JPG18.JPG
朝食
コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

白河のそば屋で食事 [田舎]

本日帰京。ネットがつながらない場所にいたため、ブログの更新が滞ってしまった。

さかのぼって、19日の日曜日、母が夕食を終えたあとに弟夫婦と白河のそば屋「吉田屋」に食事に行く。料理担当の若旦那が甥の幼馴染とかで、甥からぜひ一度行ってくださいと勧められていた。

料理はお任せで予約しておいたのだが、本格的で美味しかった。日本酒の品ぞろえが半端じゃなく、福島県産から全国的に有名な銘柄までそろっている。

1.JPG2.JPG
南会津の国権酒造の「てふ」と愛知の九平次。ほかに獺祭と而今を飲む。
3.JPG
ごまではなくとうもろこし豆腐
4.JPG
茶碗蒸し。下に海老しんじょう、上にスズキと空豆、周りに生のり
5.JPG
お造りはマグロ、鯛、ブダイ
6.JPG
カレイの焼き物、稚鮎の天ぷら、ホヤの酢の物、青梅煮
7.JPG
鱧の蒸し物
8.JPG
鯵すし
9.JPG
十割そば
10.JPG
デザート
コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

友からの嬉しいプレゼント [田舎]

友人のMちゃんとHちゃんが珍しいものをいろいろ作って持ってきてくれた。何十年ぶりかで食べたスグリの塩漬け、キュウリの佃煮、キャラブキ、チリメン山椒、ラッキョウ漬けなど、手が掛かっているものばかり。本当にありがたい。お二人の家から実家まではそんなに遠くなかったけど、現在は3倍くらい時間がかかるので、申し訳ない気持ち。親亡きあとも友がいる限り故郷は遠くならないような気がする。

DSC04218.JPG
スグリの塩漬け

DSC04221.JPG
キュウリの佃煮

コメント(0) 

田舎も暑い! [田舎]

母の介護手伝いのため、1カ月ぶりに田舎へ。今日は朝から晴天で暑い!母に暑くない?と聞くと、寒くはないけど暑くもないとの返事。高齢になると、感じないのかもしれない。
午前中は親戚2人といつも何かと気に掛けてくださるご近所2人が見えて、賑やかだった。母もお客がいると、俄然元気になる。やはり、いいとこを見せようと張り切るようだ。昼近くにやって来たヘルパーさんがお母さん、いつもお元気でいいですねと私に挨拶するので、その分わがままで大変ですよと言ったら、娘さんだからですよと。弟夫婦の話では、それなりに母は気を遣っているらしい。私には言いたいこと言っているので、ちょうどよいのかも。

DSC04204.JPG

DSC04200.JPG

先月は田植えの真っ最中だったのに、今は青々とした田んぼに変わっている。

コメント(0) 

鍼灸治療で気分すっきり [暮らし]

いつ雨が降ってもおかしくない空模様だったが、ほんの短い時間ザアーっと来ただけで、夜まで本降りにはならなかった。

明日から母の所なので、今日は休養日。午前中、尾山台の鍼灸院で鍼灸治療をしてもらう。体全体が弛緩した感じになり、帰宅して本を読んでいたら、心地よい眠りに誘われた。昼寝のあとはすっきり気分。やっぱり自分には鍼灸が合っているみたい。

DSC04168.JPG
鮎釣り名人にして料理の名人でもあるMさんにいただいた鮎の甘露煮。毎朝ご飯のお供で味わっている。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

東京で初めて梅を漬ける [暮らし]

明日は雨のようなので、午後からテニスに行く。2ゲームしたが、どちらの試合も一緒にプレーした人たちとは久しぶりだった。同じ日にクラブにいても、その時のタイミングで試合のメンバーが決まるため、意外と一緒にできないことが多い。戻りは徒歩で帰宅。

午前中に梅漬けをした。昨日、テニス仲間のOさんから、ご自宅の梅の木から採れたという梅を3kgいただいた。熟していて、いい香りがする梅だったので、梅干しを作ることにする。先日、朝日新聞に載ったベターホーム協会の作り方を採用。

昨年までは実家で40-50kgの梅を漬けていたが、もう母の家は空き家になっているので、田舎で梅干しを仕込むのは無理。この際だから、東京で挑戦してみることにした。

DSC04171.JPG
3kgの梅

DSC04172.JPG
80℃のお湯に1分間浸し、水につけてさます。ポリ袋に入れ、450gの塩(梅の15%)をまぶし、袋の口をしばり、重しをする。

DSC04173.JPG
漬物桶がないので、飯台を使う。重しはそばを茹でる時に使う大きな鍋の中に缶ビールと水が入ったペットボトルを入れた。田舎で漬けていた時は塩は10%だったが、書いてある通りにする。塩が少ないと気温が高い東京ではカビてしまうかもしれないので。
コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

第12回(2015年度)そば会 [そば会]

昼から女性ばかりのそば会を開く。打ち手は今日テニスの試合があるため、昨日の夕方にそばを打った。密封容器に入れ、冷蔵庫で保存すれば、2-3日は美味しく食べられる。

女性6人での宴は、とにかく賑やかで楽しい。初めから終わりまで笑いっぱなしで、大して飲んでいないのに、酔っぱらった気分になった。

本日の献立
○牛肉・シイタケ・パプリカ・ズッキーニのオイスターソース炒め
○ナスとがんもどきの出汁煮
○キュウリと干しエビの中華風和え物
○トマトとシソのサラダ
○茹でグリーンアスパラ(ゴマ味噌マヨネーズで)
○ホワイトアスパラのピクルス
○茹でスナップエンドウ
○白花豆煮
○台湾ドライマンゴー&北海道産チーズ

0.JPG
ビール、白ワインのあと、差し入れの獺祭でそばを食す。そばには断然日本酒が合う。
1.JPG2.JPG3.JPG4.JPG5.JPG6.JPG7.JPG
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

恵みの雨 [暮らし]

久しぶりに一日中止むことなく、たっぷりと雨が降った。雨が少ないと言われていたので、恵みの雨か。暑い時期に水不足になることが一番心配だ。

連れ合いは強雨の中、登山用レインパンツを履き、朝一で映画『64‐ロクヨン‐後編』を見るため品川へ。私は原作は読んだけれど、映画は見るつもりはない。ロクヨンより見たい映画がほかにたくさんあるので。

花豆を煮ながら、届いた野菜を前に明日のそば会のための献立を作る。雨が小止みになってからスーパーへ買い出しに行っただけで、全然体を動かさなかった。これじゃ美味しいお酒が飲めないと、夕飯前に入浴。本を読みながら、ぬるめのお湯にゆっくりと浸かって汗をだした。

DSC04036.JPG
お昼は蕎麦の実の外側部分の粉(そばを打つ時には更科粉にこれを5%入れる)を使って、焼いたパンケーキもどきを頂き物のルバーブジャムをのせて食す。水以外は何も加えないが風味があって美味しい。焼き手は連れ合い。
コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

スズランの香りに包まれて [友達]

少し風があったけど、明日は雨らしいのでテニスへ。2ゲームしかやらなかったが、蒸し暑くてバテた。

二日酔い気味で頭がボーっとしていた昨日の朝、北海道の友人からクール宅配便が届いた。開けた途端、頭が覚醒。中にはたくさんのスズランが!友人のお友達が摘んでくれたという野生のスズラン。今年は雨が少ないため、花付きがよくないそうですと手紙に書かれていたが、上品な香りがして、もううっとり。

DSC04141.JPGDSC04139.JPG

小分けして、居間からトイレの中まで部屋中に飾り、ご近所にもおすそ分けした。北の大地で育ったスズランには酷な気温だが、少しでも長持ちしてほしい。

DSC04150.JPGDSC04146.JPG
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

1日に3つの用事をこなす [暮らし]

昨日は朝9時に家を出て、帰宅したのが午前様。1日に3つも用事をこなすと、さすがに疲れる!

まずは大泉学園駅からバスで十数分のSさんの美容室へ。10年前に亡くなったSさんのご主人は連れ合いの高校クラスメートだった方。Sさんはご主人亡き後、一念奮起して美容学校でもう一度勉強し、自宅に美容室を開いた。遠いので、なかなか行けないが、午後に池袋で用事があったため、久しぶりにカットしてもらいに行く。おしゃべりしながら、丁寧に切ってもらった。

連れ合いと1時に池袋で待ち合わせていたため、お茶を断って慌てて出て来てしまう。2時からは池袋の小劇場で友人の息子さんの芝居を見る。内容も面白く、役者も皆さん上手かった。

芝居のあとは辻堂へ。湘南新宿ラインに初めて乗ったが、池袋から辻堂まで約1時間で着いたのには驚いた。首都圏の交通網はますます便利になっている。

辻堂のイタリアン「ベルテンポ」での食事会に出席。かつて連れ合いの職場にいた人たちと4組の夫婦でよく飲み、よく食べた。現役の若い人たちと一緒だと楽しくて、つい飲みすぎてしまう。

DSC04131.JPG
左のトマトの上はフキ、右はカニとウニ
DSC04132.JPG
ホワイトアスパラの上に半熟卵夏トリュフ
DSC04134.JPG
白ミル貝、たらこ、ウニ
DSC04135.JPG
牛肉のロースト
DSC04136.JPG
金目鯛のパリパリ焼き
DSC04137.JPG
いくら入りパスタ。あと1種類のパスタとデザートは写真取り忘れ。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

『ハッピーアワー』 [映画]

見逃してしまった作品がキネカ大森で上映されていると知り、見に行った。昨年のロカルノ国際映画祭で、演技経験のない4人の女性たちが最優秀女優賞を受賞して話題になった作品『ハッピーアワー』。

神戸に住む30代後半の仲良し女性4人が主な登場人物。バツイチでシングルの看護師あかり、中学生の息子がいる主婦桜子、共働きのキャリアウーマン芙美、夫が物理学者の主婦純。

なにかと集まってはガールズトークを楽しみ、お互い親友だと思っていた4人。あるワークショップの打ち上げ会で、純が1年前から離婚協議をしていると告白したことでほかの3人は動揺する。それをきっかけに3人それぞれの人生も揺らいでいく。

3部作で上映時間が5時間17分、休憩時間を入れると6時間も映画館で過ごすことになるので、見る方も覚悟がいるなあと思ったけど、それほど長くは感じなかった。女性たちはどこに向かって行くのだろうかと考えているうちに、あっという間に数時間が経過。有名な俳優はおろかプロの俳優もほとんど出演していない映画だからか、演技が自然体なのがよかった。自分が思っていることを相手に伝えることの難しさや女性の複雑な心理もよく描けていた。行く前は上映時間の長さに怯んだが、やっぱり見てよかった。

DSC03886.JPG
手を咬む弟の家のワンちゃん。
コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

『マイケル・ムーアの世界侵略のススメ』 [映画]

今日は朝9時から専属ヒッティングパートナーと1時間ちょっと練習しただけでテニスはお終いにして、クラブから徒歩で帰宅。お昼は家でビールを飲みながらの簡単ご飯。ビールは昼間に飲むのが断然美味しい。

昨日の2本目の映画は、マイケル・ムーア監督のドキュメンタリー『マイケル・ムーアの世界侵略のススメ』。この監督の作品は、アメリカの銃社会を題材にした『ボウリング・フォー・コロンバイン』以来、何本か見ている。今まではアメリカ国内の問題を取り上げていたが、今度はアメリカ国外に目を向け、アメリカの現状と対比させている。

イタリアの工場で働く労働者や経営者を訪ねると、リレッシュしてこそいい仕事ができるので、長期の有給休暇を取るのは当然の権利であり必要と言われる。知らなかったけど、アメリカでは労働法に休暇の項目がないらしい。フランスでは学校給食を取材。前菜からデザート、チーズまでのフルコース。製作チームの一人がアメリカの娘にスマホで送らせた給食の写真は見るからに不味そうな料理。スロベニアの英語で授業をしている大学に行くと、アメリカ人の大学生が言う。アメリカでは授業料を払えず中退せざるをえなかったため、授業料無料のこの国で学んでいるのだと。

学力世界一のフィンランドでは教育方法、死刑のないノルウェーでは刑務所の環境、チュニジアでは民主化と女性の権利獲得までの戦い、ドイツでは労働時間の短縮と過去に向き合う授業、ポルトガルではドラッグの合法化、公選による世界初の女性大統領を生んだアイスランドでは女性優遇策を勝ち取った女性たちの活躍ぶりを伝えている。

どの国と比較しても大国アメリカは魅力的とは思えない。登場した人たちにアメリカに住みたい?と尋ねると、皆住みたくないと答える。一部の裕福な人や大会社勤めの人を除いては医療保険も有給休暇もなし。お金がなければ大学にも行けないという格差社会。それに、税金の使途で軍事費が占める割合が半端じゃない。これでは社会福祉に回るお金などあるはずがない。

翻って日本はアメリカよりむしろひどい状況にある。選挙のために消費増税を遅らせ、国の借金(つまりは国民の借金)は増えるばかり。そして切り捨てられるのは防衛費ではなく福祉費。住みたい国にするには、国民がそうしたいと強く思わない限り実現はできない。監督が取材した国々の取り組みにたくさんのヒントがあるので、多くの人に見てほしい映画だ。

DSC04041.JPGDSC04101.JPG
先月、田舎の弟の家にいる時に近所の方から、たくさんの香菜(パクチー)をいただいた。ネットで調べて作ったのが食べるラー油みたいなもの。細かく刻んだ香菜にオイル(私はサラダオイルとごま油を使用)、刻んだ唐辛子、おろしたニンニク少々、塩、醤油(またはナンプラー)を混ぜるだけ。ご飯や冷奴にのせて、また納豆に混ぜても美味しく、弟夫婦にも好評だったので、また作った。でも、香菜が苦手な連れ合いは手を出さない。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

『素敵なサプライズ ブリュッセルの奇妙な代理店』 [映画]

毎朝食べる納豆がなくなったので、有楽町界隈の映画館で上映中の作品をチェック。納豆を買いがてら、2本見てきた。

1本目は、オランダ映画『素敵なサプライズ ブリュッセルの奇妙な代理店』。オランダの貴族で広大な屋敷に住むヤーコブは子供の頃の父の死をきっかけに感情を失い、怒りも喜びも感じない日々を送っている。母の死後、自殺を試みるが、その度に邪魔が入ってことごとく失敗。ある時、偶然に拾ったマッチ箱に記されていたブリュッセルの旅行代理店を訪ねる。そこはあの世への旅を企画・実行してくれる代理店だった。

いくつかあるコースの中から、ヤーコブはいつ死ぬことになるかわからないサプライズコースを選ぶ。ところが、同じコースに申し込んだアンネという女性と出会い、話すうちに少しずつ彼に感情が戻ってきて、もう少し生きたいと思うようになる。しかし、契約では途中で気が変わっても変更は不可能ということになっていた。

コミカルに描かれているけど、かなりブラック。二転三転し、ラストまでどうなるのかと気が揉めたあげく、意外な結末に驚かされる。代理店の社長が今は自殺ほう助は違法だが、ますます人が長生きするようになる将来はきっと合法になると言うのを聞いて、ありうるかもと思った。変わった状況設定で不思議な作品だが、結構考えさせられる。

DSC04130.JPG
交通会館内の「むらからまちから」で売られている宮城県の川口納豆。いつも20個買って、冷凍保存し、朝食のおかずの一品にしている。中粒で美味しい、たれが付いていない、冷凍するのにかさばらないのが気に入っている。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ふるさと納税のお礼 [暮らし]

先週水曜日以来のテニス。8月のイギリスでのトレッキングが終わるまでは、強風などコンディションが良くない日は無理してテニスはしないことにした。歩くよりテニスの方が腰に負担がかかるような気がするし、とにかく今はウオーキングを優先せねば。

という訳で、行きも徒歩でクラブに向かい、2ゲームだけしてシャワーを浴び、また徒歩で家に戻った。今日のウオーキングは7㎞。

いつだったか、連れ合いが釧路市にふるさと納税の寄付をしたらしく、お礼の品が送られてきた。魚の干物類の冷凍なので、少しずつ朝ご飯に登場させるつもり。人気のある市町村だと牛肉とかカニとかのお礼もあるみたいよとつぶやいたら、お世話になった所に寄付するのであって、品物に期待して寄付する訳でないと言われてしまった。ごもっともでございます。

DSC03775.JPG
当分の間、朝食のおかずに悩む必要がなさそう。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
メッセージを送る