So-net無料ブログ作成
検索選択

『92歳のパリジェンヌ』 [映画]

昨日はシネスイッチ銀座で映画を見て、いつものごとく交通会館内の「むらからまちから」で納豆など調達して帰宅。映画のせいか、この1カ月間の疲れが出たのか、早々と床に入ってしまった。

『92歳のパリジェンヌ』はフランスのジョスパン元首相の母親が自分の人生を終える日を決めて実行したという実話に基づいた作品。しかし、映画の中では登場人物の名前や家族構成などはフィクションになっている。

92歳のマドレーヌは一人暮らし。頭はまだしっかりしているが、ノートに記している自分でできなくなった項目が増えてきている。ある日、彼女の誕生日に集まった家族の前で、迷惑をかけて生きるのは嫌だから、元気なうちに自らの手で人生の幕を下ろしたい、それは2カ月後と宣言する。動揺し、怒る家族たち。

息子は一人で暮らすのが無理なら老人施設に入ればと言い、娘は私が引き取って面倒みるからと説得するがマドレーヌは断固として応じない。助産婦として働き、社会活動家でもあったマドレーヌにとって、人生の始末をつけるのはあくまで自分自身でありたいのだ。始めは母の決心を受け入れられずにいた娘は病院でオムツ姿を母から見せられて、考えを変える。すぐに退院させ、母の願いを叶えてあげるべく、最後の日まで寄り添う。

尊厳死がテーマの作品だが、フランスでも安楽死は認められていない。実行する時に側にだれかいたら、自殺ほう助の罪に問われるからと一人で薬を飲む。約束で直前に娘に電話をかける。電話をする方も受け取る方も、あの瞬間はどんな気持ちだったのだろうかと見ていて心がきりきりと痛んだ。

自分の親に同じようなことを言い出されたら、果たしてどう答えるか。やっぱり、「そうですか、どうぞ」とは、とても言えない。翻って自分の場合はと考えると、マドレーヌのようにできたらいいなあというのが本音。私たち団塊の世代は墓場まで満員と言われて育ったけど、その前に死に場所がなくなるらしい。2025年以降は介護施設も病院も満室で、おまけに訪問介護の人員も不足して自宅での看取りも無理とか。野垂れ死にするくらいなら、安楽死の方がずっといい。やがて国も困り果てて、安楽死についての法案が提出されるようになるかも。

DSC01014.JPG

田舎の友人にいただいた唐辛子。ご主人が畑で作り、彼女が編んでくれた。
コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

たまには抹茶でのどかな朝を [暮らし]

ここ2週間ほどなんとなくせわしい日々が続いたため、抹茶を飲もうという気分になれなかった。今月予定された4回のそば会を無事終えて一段落したので、今日の朝茶は久しぶりに煎茶ではなく抹茶にした。

いつもお茶を点てるのは連れ合い。茶道の心得があるわけではないが、陶器に入れ込んだ時期があり、その時に求めた抹茶茶碗を使うために点てるようになった。抹茶を裏ごししてから使うので、ダマにならずなめらかに仕上がる。

ゆったりとした気分でいただく抹茶はまことに美味しい。抹茶を点てるたびに、週に一度は煎茶ではなく抹茶にしようと話すのだが、結局月に二度くらいしか実現しない。

DSC01055.JPG

午後からテニスに行ったが、あまりにも風が強くて楽しめなかった。
コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

蝦夷鹿を味わいながら、介護のうっぷんを晴らす [食べる]

元同僚たちと女性3人で、四の橋の「ラシェット・ブランシュ」でランチ。母の体調によってはキャンセルすることになるかもしれませんと言っていたHさんが出席できてよかった。胆石の手術をしたばかりのEさんに会えなかったのが残念。

シャンパンとワインを飲みながら、お互い母親の介護の愚痴を言い合う。私は月に数日の介護で気楽な身分だが、ほかの2人は同居なので苦労も多い。特に一人っ子でシングルのHさんが一番大変。お母さんがショートステイやデイケアはもちろん、ヘルパーに来てもらうのも嫌がるため、一人で介護している。それも仕事をしながらなので、よくやっているなと感心する。

どうも母親は娘に対しては、わがままな態度をとるようだ。それだけ気を許しているということなのだろうが、相手をする方はたまったものでない。いつも優しく受け止めるなんて、無理よねえと慰め合う。美味しいワインと料理のお陰で、うっぷんを晴らすことができた。

食べた料理(前菜2品、主菜1品、デザート、コーヒーのランチコース)
飲み物:シャンパン、白・赤ワインをグラスで。
アミューズ:豚肉のリエット リンゴのピューレのせ
前菜:鯖のマリネと焼きナスのピューレ(私)
   牡蠣のムニエル カレー風味のクリームソース(3人)
   ムール貝(KさんとHさん)
主菜:蝦夷鹿のロースト(3人)
デザート:イチジクのコンポート(Hさんと私)
     ヌガーグラッセ(Kさん)

DSC01042.JPGDSC01043.JPGDSC01045.JPGDSC01046.JPGDSC01048.JPGDSC01050.JPGDSC01051.JPGDSC01053.JPG
蝦夷鹿の美味しさに参った!ジビエのシーズン中にまた食べなくちゃ。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第4回そば会(2016年度) [そば会]

穏やかな小春日和の週末。連れ合いは朝からそば打ち、私は台所で料理。昼を少し過ぎた頃にそば打ちは終了したが、テニスには出かけない。古希を迎えたら、さすがに寄る年波には勝てないらしく、以前のように午前中にそばを打って、午後からテニス、夜はお客と宴会という行動はしなくなった。

今夜の客は、テニス仲間10名。テニス談義からマナーの話になった。会員制クラブは世代も職業もさまざま。それが良さでもあるのだが、マナーをわきまえない人がいると、周囲は不快に感じる。例えば、自分のボールを持たずに常にほかの人が出すボールで試合をする人がいる。順番にボールを出し合うのが最低限のマナーだと思うが、そういうことがわからないようではテニスをする資格がないんじゃないかなと思ってしまう。それとも単なるケチなのか。

本日の献立
○こづゆ
○青梗菜のXO醤炒め
○氷下魚(こまい)の一夜干し焼き
○親芋と油揚げの出汁煮
○ブロッコリーのナムル風
○カリフラワー・パプリカ・カブ・ラディッシュ・玉ねぎのピクルス
○白菜の即席漬け(昆布・豆板醤・ポン酢・塩)
○ローストビーフ&牡蠣のオリーブオイル漬け(Aさんより)
○シュウマイ(Tさんより)
○マグロ刺身(Nさんより)
○チーズ(Dさんより)

1.JPG2.JPG3.JPG4.JPG5.JPG6.JPG7.JPG8.JPG9.JPG10.JPG
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ちょっとテニスをして気分すっきり [テニス]

空気は冷えていたが、晴天で風もないテニス日和。昼ご飯のあと、気分転換にテニスに出かける。昨日は悪天候で、一昨日は祝日でプレーできなかった平日会員に加えて、ビジターも何人か見えていたため、金曜日にしては賑わっていた。

効率よく3試合して早めに上がり、明日のそば会の食材を調達しながら帰宅。やっぱり短い時間でも汗を流すと気分がすっきりする。お酒も美味しく感じるし、明晩の宴のためにもうひと頑張りしようという気にもなってくる。肉体だけでなく、精神面でも運動の効用は計り知れない。

DSC00905.JPG
先月、塩原温泉に行った時に買ったギンナンの皮をむいて、小分けして冷凍にする。こうしておくと、使う時に便利。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

11月に雪とは驚いた [暮らし]

昨日の予報では今日の東京は雪となっていたが、まさか本当に降るとは思っていなかった。早朝雨の音で目覚め、やっぱり雪ではなくて雨だわと思っているうちにみぞれとなり、やがてはっきり白く見えるものが。そして朝より昼に向かって徐々に気温が下がる有様。

玄関のドアから一歩も出ず、一日中部屋に引きこもり状態。綿入れ半纏をまとい、ひざ掛けをして本読みをしていた。一昨日は異常な暖かさだったのに、突然の冬到来で体がついて行かない

DSC01030.JPGDSC01028.JPG
宮城から殻付き帆立と牡蠣の嬉しい贈り物が届く。今夜はどちらも生で味わった。甘味があり、磯の香りがして美味。明日は残り半分をバター焼きにでもしようかな。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第3回そば会(2016年度) [そば会]

昨日は田舎から戻って、服も着替えずに鍋に水と昆布を入れ、出汁をとる準備をする。そのあとは鮎を冷凍から戻して、南蛮漬けを仕込んだ。午前中に弟から届いていた野菜類を見て、何を作ろうかと思案。26日にもまたそば会が予定されているため、段ボールの中の野菜とにらめっこしながら、2回分の献立を決めた。

お客はテニス仲間、以前クラブのメンバーだった方、連れ合いの元同僚など11名。今年2月に脳梗塞を患ったKさんが元気な姿を見せてくれたのが嬉しかった。

本日の献立
○鶏肉・パプリカ・生シイタケ・キクラゲのXO醤炒め
○ブリ大根
○菜花の炒め
○鮎の南蛮漬け
○カブ・柿・生ハムのサラダ
○ちぢみホウレンソウのナムル
○菊の酢の物(弟の近所の方からいただいた菊の花)
○キュウリの古漬け(田舎の友人にいただいた古漬けを刻んで塩出し後、生姜・削り節・少量の醤油で和えた)

1.JPG2.JPG3.JPG4.JPG5.JPG6.JPG7.JPG
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

今朝の地震に驚く [田舎]

ショートステイに行く母を見送り、掃除・洗濯を済ませ、午後の新幹線で帰宅。在来線は止まっていたが、新幹線は少しの遅れだけで動いていた。

今朝の地震には驚かされた。朝ご飯の支度をしながら、皆でお茶を飲んでいた時に強い揺れが来たため、それほど慌てなかった。ストーブとガスレンジの火を消し、戸を開け、母を外に出さねばと車椅子を出しているうちに揺れがおさまり、ほっとする。時間が真夜中だったら、もっと慌てていたと思う。

地震のニュースはあっという間に世界中駆け巡ったらしく、アメリカ、オーストラリア、台湾、マレーシアの知り合いから、安否の問い合わせメールが来た。故郷が今以上に地震や放射能で有名になってほしくないものだ。地震が来るたび、原発がどうなるかと心配になる。

DSC01007.JPG
友人宅の集まりでご馳走になった、えごまのおはぎ。ごまよりずっと美味しい。
コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

持ち寄りパーティーで、ガールズトーク炸裂 [田舎]

昨日は、Mちゃん宅に高校の仲間6人が集まっての持ち寄りパーティー。先月のクラス会に出席できなかったお二人も参加して、女同士の遠慮のないあけすけなおしゃべりが繰り広げられた。それぞれにいろんな悩み事を抱えているけど、気の置けない仲間ときゃあきゃあやっていると憂さもいっとき消えてゆく。
皆さん、何品も作ってきたので、大ご馳走がテーブルに並ぶ。食べながら、レシピの交換。車を運転しない私だけが日本酒をいただきながらの宴会だった。

DSC01004.JPG
コメント(0) 

柿を吊るす [田舎]

昨日から弟の所に滞在。弟夫婦が早朝の新幹線で東京に行ったため、夕方ショートステイから戻った母を迎える。送ってきた介護施設の方から、朝は平熱でしたが3時に検温したら37.5度ありましたので、注意して下さいと報告を受ける。先月38度以上の熱があっても食欲が落ちなかったので、大丈夫ですよ、心配要りませんと答える。現に帰宅して間もなく、夕ご飯はと聞いてくる。まだ6時前よ、早すぎると言ったら、もう暗いんだし、時間が決まっているわけでないと、ああ言えばこう言うので、憎たらしくなる。
午前中、友人が蜂屋柿を持ってきてくれたので、皮を剥いて吊るす。去年は全部カビてしまい、ガッカリしたけど、今年は無事に干し上がるといいな。

DSC00997.JPG



コメント(2) 

強風の下、テニス [テニス]

朝起きたら、結構強い風が吹いていて、テニスに行く気が削がれた。でも、土曜日の夜、小椋佳のコンサートで会ったFさんに水曜日の午前中にクラブに行きますからよろしくと言われていたのを思い出し、朝食後すぐに出かける。

ちょうど9時に到着。そしたら、続々と会員やビジターがやって来た。いつもは9時半過ぎないとだれも来ないのに珍しい。

強風の下、Sさん夫妻やFさんと5人で交代しながら3ゲームやって、お終いにした。終わる頃には風も弱まったけど、やっぱり風があるとテニスは楽しくない。

明日から22日まで、いつものおつとめで田舎へ。1カ月経つのは本当に早い。

161116_1244~01 (2).jpg161116_1245~01 (2).jpg
帰りに中延の「天心」で昼食。連れ合いは麻婆麺、私は叉焼麺。ビールを飲む気はなかったけど、女将にビールはいいの?と聞かれて、ついその気に。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

『湾生回家』 [映画]

久しぶりに神保町まで出向き、岩波ホールで『湾生回家』を見る。台湾で観客動員数16万人を記録し、異例のヒットとなったドキュメンタリー映画。

湾生とは、台湾で生まれた日本人のこと。台湾は日清戦争後に日本に割譲され、第二次大戦終結まで50年間日本の統治下にあった。その間に台湾で生まれ育った日本人は約20万人。戦後、ほとんどの人々は身一つで日本に強制送還された。台湾が故郷であった彼らにとって日本は未知の国だったが、帰ってみたら一面焼け野原で食べる物もない生活が待ち受けていた。

映画の中では、70-80代の湾生6人を取り上げている。台湾の思い出の地を訪ね歩き、それぞれの子供の頃の台湾での暮らしぶりや台湾への思いを語る。皆さんに共通するのは台湾への強い望郷の念。台湾の人たちはその気持ちに優しく応えてくれる。

以前、日本人女性が監督した『台湾人生』というドキュメンタリーを見たが、こちらは日本統治時代に生まれ、日本語教育を受けた5人の台湾人の半生を取り上げた作品だった。日本語世代として青春時代を過ごし、戦後の国民党独裁の激動時代を生き、80代に達した人たちが日本への複雑な気持ちを吐露するのを聞いて、深く心を揺さぶられたことを思い出した。

『湾生回家』は台湾人監督による台湾育ちの日本人を取材した作品なので、『台湾人生』と対で鑑賞すると、日本統治時代の台湾の歴史がよく理解できるはず。今日の観客はシニア世代がほとんどだったが、台湾では若い世代も多かったとか。日本でも若い人たちに見てほしいと思う。

DSC00985.JPG
岩波ホールで映画を見た時に寄る「六法すし」で昼食。『湾生回家』の監督も食べに来たよとご主人がおっしゃっていた。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コートドールで猪を食す [食べる]

小春日和の昨日、午後からテニスをして、夜は三田の「コートドール」へ。例年、連れ合いの誕生日はコートドールで食事と決めているが、今年は「まき村」に行ったので、1カ月遅れての訪問。

食通の若い友人夫妻と4人で、秋の食材を堪能した。連れ合いがオーダーしたメインの猪のステーキを少し食べさせてもらったが、今まで食べたことのない肉の味。あまりの美味しさにこちらを頼めばよかったと後悔したほど。あとでシェフに聞いたら、鳥取のマタギから送られてきた30kgの子どもの猪なので、臭みもなく肉が柔らかいとのこと。普通の猪は60kgあり、筋が多く、肉も硬いらしい。

ほぼ満席の店内を見渡すと、女性はわずかで圧倒的に男性客。4人グループも親子連れもいたけれど、皆さん男性ばかり。コートドールの料理は今どき流行りの見栄えを優先したようなものではなく、武骨でシンプルなので、男性に好まれるのかもしれない。

食べた料理:アラカルトで。シャンパンをグラスで、赤・白ワインをボトルで。
アミューズ:ツナとパプリカがのったトースト
前菜:フォアグラ入り猪のテリーヌ(私)
   オマール海老のテリーヌ(夫)
主菜:マナガツオのソテー(私)
   猪のステーキ(夫)
デザート:サツマイモ入りキャラメルのスフレ(私)
     和栗のモンブラン(夫)
小菓子&コーヒー

1.JPG2.JPG3.JPG4.JPG5.JPG6.JPG7.JPG8.JPG9.JPG

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

十数年ぶりに小椋佳のコンサートに行く [暮らし]

昨日の昼間は家でのんべんだらりと過ごし、夕方連れ合いと蒲田へ。太田区民ホール・アプリコで「老猿の会」と銘打った小椋佳のコンサートを聴いた。

DSC00970.JPG


家では時々夕食時のバックグランドミュージックに小椋佳を選んでいるが、生で聴いたのは実に十数年ぶり。来年1月には73歳を迎えるそうだが、相変わらず話は面白いし、柔らかい歌声も変わっていない。琵琶奏者の女性や小椋さんのお仲間のアマチュアコーラスグループも出演しての楽しいコンサートだった。

満員の客席は9割がシニアで、それもほかのコンサートと違い男性が結構多い。帰り際にテニスクラブのFさんご夫妻とバッタリ。小椋佳と同い年なんだそうだ。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第2回そば会(2016年度) [そば会]

昨夜は飲み過ぎてしまい、2人とも二日酔い気味。私の二日酔いは、いつものことだが、連れ合いは珍しい。

昨晩の客は12名。かつて我が家が主催して、年に2回山中湖の民宿で開いていたテニスキャンプに参加していた連れ合いの元同僚たちと先週出席できなかった前のテニス仲間のN子さんとIさんなど。

シドニーの有名なそば屋のオーナーであるM氏が初めて参加。N子さん宅で二度ほどお会いしたことがある。スペインの巡礼路を歩きたいので、話を聞かせてほしいと以前から言われていた。ちょうど来日中と知り、せっかくなので、我が家の十割そばを味わってほしいとお招きした次第。

Mさんのお店ではタスマニア産の玄そばを電動石臼製粉機で挽き、手打ちしているそうだ。そばはもちろんのこと、つけ汁もほめていただいた。かえしまでちゃんと作っているんですかと驚かれたが、かえしは煮ものにも使えるので1年中切らしたことがない。

昨日の献立
○豚肉・シイタケ・レンコンの炒め
○いも煮しめ(鶏肉・サトイモ・ニンジン・干しシイタケ・コンニャク・昆布)
○鮎の南蛮漬け
○カブ・柿・生ハムのサラダ
○ブロッコリーの中華風サラダ(台湾製貝柱入りXO醤・ごま油・塩)
○大根の甘酢漬け
○煮小豆
○肉団子・中華風おこわ(N子さんより)

0.JPG1.JPG2.JPG3.JPG4.JPG5.JPG6.JPG
コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

92歳の大先輩とペアを組む [テニス]

午前中は明日のそば会のための仕込みをした。午後からテニスに行き、3ゲームする。わがテニスクラブには92歳のメンバーがお二人いて、自ら車を運転してテニスにいらっしゃる。今日はTさんが見えていた。

久しぶりにペアを組んで、試合をする。サーブもレシーブもきちんとやってくださるし、私が後ろで走り回っていれば、前でチャンスボールを決めてくれる。試合は引き分けに終わったが、私の親の年齢なのに一緒にテニスができるのだから、とにかくすごい。お酒も毎晩1合は飲んでいるとのこと。私も毎日飲んでいるけれど、これからも休肝日など気にせずに飲むことにしよう。

DSC00951.JPGDSC00954.JPG
小豆を煮ながら、鮎の南蛮漬けを仕込む。鮎釣り名人のテニス仲間Mさんから冷凍にした鮎を大量にいただいたので、当分の間、そば会に出すつもり。二度揚げして漬け込むので、骨まで食べられる。
コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

木枯らし1号でテニスは諦める [暮らし]

早朝、風の音で目覚めた。遂に木枯らし1号がやって来たのかなと思ったら、やはりそうだった。こんな強風の日はテニスをしても楽しくないので、クラブに行くのは止めた。連れ合いは私が昨日見た映画に出かけて行ったが、私は家でたまっていたメールの返信やら、高校のクラス会の名簿作りやらで、午前中はずっとパソコンの前に座っていた。

お昼は久しぶりにピザが食べたくなり、不動前駅で連れ合いと待ち合わせて、「ベントエマーレ」へ。1時過ぎに行ったのに混んでいて、少し待たされた。寒くて、ビールを飲む気分にはなれず、ワインにする。

徒歩で帰宅して、パソコンのスイッチを入れたら、トランプ当確のニュース。イギリスの国民投票といい、今年は予期せぬ事態が続いて起きる。今後世界はどう動いていくのか。

DSC00946.JPGDSC00948.JPGDSC00949.JPG
ランチは、サラダ、コーヒー付きで1,150円とお得な値段。
コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

『PK ピーケイ』 [映画]

恵比寿で、インド映画『PK ピーケイ』を見る。『きっと、うまくいく』と監督も主役も同じと知って、見逃すわけにはいかないと思っていた作品だ。

ベルギーに留学中、パキスタン人の留学生と恋仲になったインド人の女性ジャグーは、失恋してインドに戻り、テレビ局で働いている。ある日、神様が描かれたチラシを配っている変わった男性に出会う。PKと呼ばれているその男の話を聞くと信じ難いことばかり。ほかの星から地球にやって来たが、リモコンを盗られて、帰れなくなった。それで願いを聞いてくれるという神様を探しているというのだ。PKは自分の星に帰りたいがために、さまざまな宗教を体験するが、一向に願いは叶わない。初めはPKの話が信じられなかったジャグーだが、ある出来事をきっかけに彼を応援するようになる。

宇宙人が宗教について疑問を抱き、それをテレビ番組が取り上げ、社会に問いかけていくという奇想天外なストーリーだが、インド映画につきもののダンスと歌、それに恋もちゃんと組み込まれている。笑って泣けて、2時間半の上映時間が少しも長いとは感じられなかった。やり方次第では宗教界から反発を招くような内容なのに、宇宙人を通して、宗教の問題点をあぶりだすという発想がすごい。シリアスな問題をコメディータッチで風刺していて、面白かった。インド映画恐るべし!

DSC00940.JPGDSC00945.JPG
恵比寿ガーデンプレイスは、バカラのシャンデリアも設置され、師走の装い。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

疲労回復のためにテニスに行く [テニス]

いつもは10時半頃に寝ているのに、昨夜は宴会の後片付けをしているうちに時間が経ち、夜半過ぎの1時半に床に入った。飲み過ぎたせいもあり、今朝は起床しても頭がボーっとした状態でやる気が起きない。

そのまま引きこもっていては、なおさら体がシャキッとしないと、午後からテニスクラブに向かう。晴天でも北風が吹いていたため、結構寒く感じた。3ゲームしたが、いずれも一方的な試合で、疲労感なし。あと1ゲームはできたが、もうちょっとやりたいなと思うところで止めるのが肝心と自分に言い聞かせる。へとへとになるまでやったのはいつだったか、もう思い出せないほど。

161107_1529~01.jpg
テニスクラブの近くの保育園の入り口に咲いているツワブキ
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第1回そば会(2016年度) [そば会]

台風被害が出て心配した北海道のそば粉を今年もなんとか手に入れることができた。新得農協から、例年通り1袋45kg入り玄そばを2袋購入。田舎の弟に低温貯蔵してもらい、製粉して宅配便で送ってもらう。

1.JPG2.JPG3.JPG

今期の第1回目のお客は前のテニスクラブで一緒だった仲間たち8名。クラブが閉鎖されて13年経つけれど、外での食事会、我が家でのそば会と集まっては、思い出話や近況を語り合っている。

DSC00937.JPG
このほかにビール、赤・白ワインを飲む。

本日の献立
○鶏肉・パプリカ・セロリ・シイタケ・キクラゲのオイスターソース炒め
○白菜と油揚げの煮浸し
○ターサイのXO醤炒め
○鮎の南蛮漬け(テニス仲間の鮎釣り名人からいただいた鮎)
○ホウレンソウのナムル(ツナ・塩昆布入り)
○カブの即席漬け
○鯛のカルパッチョ(Tさんより)
○グリーンサラダ、カッテージチーズとクルミ入り(Kさんより)

4.JPG5.JPG6.JPG7.JPG8.JPG9.JPG10.JPG11.JPG
コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感
メッセージを送る