So-net無料ブログ作成
検索選択

ウオーキングで春を探す [暮らし]

テニスクラブが休みの日はとかく映画に行くことが多いが、15日以来ウオーキングをしていないので、今日は歩きたい気分だった。歩くのにも目的がないとつまらない。いろいろ考えたあげく、目黒の東京都庭園美術館で開かれている「並河靖之七宝展 明治七宝の誘惑―透明な黒の感性」を見に行くことにした。

0.JPG1.JPG2.JPG
2週間前、2-3輪ほころび始めていた林試の森公園の河津桜が気になっていたので、まずは林試の森へ向かう。日当たりの良い木は二分咲きくらいだったが、ほかは開花まであと1週間かかりそう。

3.JPG
七宝展はなかなか見ごたえがあった。七宝作家、並河靖之の没後90年を記念する回顧展で、緻密な模様と繊細な色使いが見事。大半は輸出用だったらしいが、その美しさに欧米人が魅せられたのは当然だと感じた。

4.JPG6.JPG
庭園美術館の日本庭園

5.JPG
北海道美唄出身の彫刻家、安田侃さんの作品「風」

本日の歩行距離約10km。帰り道、お気に入りのピザ屋の一つ「ピッツェリア ラ ロッサ」で遅めの昼食。今日はアルコールはグッと我慢。

7.JPG8.JPG9.JPG
平日のランチは、野菜スープとドリンクバー付きで1,080円。クアトロフォルマッジは+432円。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

急にフレンチを食べることに [食べる]

過日、コートドールで食事をした際、シェフからラシェット・ブランシュのSさんが今月いっぱいで辞めることを聞いた。あと3日しかないと昨日予約の電話を入れたら、30・31日は駄目で、当日は7時半からならOKということだった。旅館料理の食べ過ぎで胃を休めたかったが、そんなことを言っていられないと急遽夕食をフレンチに変更。

午後テニスをして汗を流し、姪夫婦を誘って4人で食事をした。Sさんは私が22年前初めてコートドールを訪れた当時はソムリエだった。その後、ほかのレストランのサービスを経て、コートドールの二番だったKさんが開いたラシェット・ブランシュで、長い間Kさんと二人三脚でやってきた。

田舎からやって来ては我が家に泊まっていた姪が小学生の時に五反田のレストランに連れて行っているので、姪も20年くらい前からSさんを知っている。

健康上の理由なので致し方ないが、KさんとSさんのコートドールコンビで、とても居心地の良い雰囲気を醸し出していたので、本当に残念だ。でも、Kさんの料理が素晴らしいので、もちろん今後も通うつもり。

食べた料理(シェフのお任せコース):すべての料理が完璧。これだけ食べて6,500円とは安すぎる。
飲み物:シャンパン・赤ワインを各1本
アミューズ:ベーコンとチーズのトースト
前菜1:牡蠣のポアレ
前菜2:白子のムニエル
主菜1:太刀魚のポアレ
主菜2:蝦夷鹿とフォアグラのパイ包み
デザート:リンゴとサツマイモのミルフィーユ(私)
     クルミのクレームブリュレ(姪)
     ヌガーグラッセ(甥と夫)
小菓子:チョコレート

DSC01714.JPGDSC01715.JPGDSC01716.JPGDSC01718.JPGDSC01719.JPGDSC01720.JPGDSC01721.JPGDSC01722.JPGDSC01723.JPGDSC01724.JPG
コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

駒ヶ岳温泉でまったりと過ごす(その2) [温泉巡り]

夏に宿泊した際は、お花を見に駒ヶ岳に登ったりしたが、冬は散歩もできない。古本屋で本を4冊ほど購入して持参し、それを読んだり、たまにテレビを見たり、ごろごろしていた。

起き抜けに朝風呂に行き、昼食前、夕食前はゆっくりとお風呂に入った。夜は8時出発の送迎車で鶴の湯へ。お気に入りの混浴露天風呂に小一時間浸かり、宿に戻って10時に寝るという生活。

鶴の湯で何度かお会いした常連客たちに再会し、しばしおしゃべり。鶴の湯の良さは湯治棟に泊まっている客同士が食事処でお膳を囲んで、和気あいあいで話ができること。部屋や食事は駒ヶ岳温泉の方がいいけど、雰囲気は鶴の湯の方が好み。

昨今は国際的にも知られている鶴の湯、アジアからは台湾、香港、タイあたりが多かったが、いよいよ中国人も進出してきたらしい。ますます予約が取れなくなりそうな予感。

駒ヶ岳温泉で会った台湾人男性2人、日本に20回来ているそうで、日本大好きと話していた。私も台湾大好きで20回以上行っているわよと言ったら、喜んでいた。

1.JPG
部屋にいるのが飽きると、温泉棟のロビーで読書。

2.JPG
鶴の湯

3.JPG
2日目の朝食
11.JPG
3日目の朝食

4.JPG
昼食は持参のせんべいとビール。

2日目の夕食
5.JPG
鯛の刺身、ハタハタの飯寿司、ひろっこの和え物、キノコ、鶏胸肉焼き。
6.JPG
牛鍋
7.JPG
鮭のムニエル、ひろっこのせ。
8.JPG
ひろっこ、舞茸、桜エビのかき揚げ
9.JPG
タラちり
10.JPG
そばは鶏南蛮のつけ麺で。デザートはイチゴだった。

3日目の夕食
12.JPG
鯉のあらい、紅鱒の焼き物、イカ、エビとセリの白和え、カマンベールといぶりがっこ。
13.JPG
海鮮鍋
14.JPG
ニシンとタケノコの煮物と稚帆立
15.JPG
鶏手羽先と白菜の鍋
16.JPG
そばはごまだれで。
17.JPG
柿のゼリー
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

駒ヶ岳温泉でまったりと過ごす(その1) [温泉巡り]

秋田県駒ヶ岳の麓にある駒ヶ岳温泉に3連泊して、本日帰京。秋田もさほど寒くはなかったが、まるで春のような東京の暖かさに驚く。

白い世界に閉じ込められた森の中の一軒宿は静寂に満ちて、休養するにはもってこいの場所だった。連日、雪見風呂と雪見酒を堪能し、まったりと過ごした。お陰で、心身共に軽くなった感じ。やっぱり気分転換には温泉が一番かな。

1.JPG
秋田新幹線田沢湖駅から路線バスで20分。バス停から徒歩で十数分。

2.JPG
今回は15畳の部屋。掃除も布団の上げ下ろしも不要ですと言って、布団を敷きっぱなしにして、寝たい時に寝ていた。温泉に行くといつもこのようにしている。

3.JPG
部屋からの温泉棟。男女別の内湯と露天風呂のほかに手前に貸し切り露天風呂が2つある。

4.JPG
女性用内湯

5.JPG
内湯に続く女性用露天風呂

6.JPG
渓流沿いにある貸し切り露天風呂。空いていれば、宿泊者はいつでも無料で入れる。

1日目夕食:順番に運ばれてくるので、出来立てが食べられる。ほかに漬物の盛り合わせが出たが、とてもご飯は食べられなかった。

7.JPG
岩魚の刺身。
8.JPG
岩魚の卵、ひろっこ(アサツキの新芽)の味噌和え、牡蠣の酢の物、スモークサーモン
9.JPG
ブリの照り焼き
10.JPG
鴨肉と野菜の味噌焼き
11.JPG
キノコの茶碗蒸し
12.JPG
キノコ鍋
13.JPG
十割そば
14.JPG
シャーベット
コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

今日から秋田の温泉でのんびり [温泉巡り]

JR東日本の「大人の休日倶楽部」4日間15,000円のパスを使って、これから秋田の温泉へ。例年、この時期は鶴の湯温泉に泊まっていたが、今回は3カ月前でも予約が取れなかった。春節の時期でもあり、外国人ー特にアジアのひとたちが早めに予約したのかも。

それで、以前に泊まったことのある鶴の湯系列の駒ヶ岳温泉に3泊することにした。森の中の一軒宿で静かなので、ゆっくりできるし、夜は鶴の湯に連れて行ってもらえる。

1月は母の介護1週間、そば会3回と結構忙しかった。ここらへんで温泉に浸かって、気分転換せねば。

DSC01442.JPG
ご近所の飼い猫
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

『沈黙‐サイレンス‐』 [映画]

話題の映画『沈黙‐サイレンス‐』を見に品川へ。遠藤周作原作の「沈黙」をアメリカのスコセッシ監督が映画化したとあらば、見逃すわけにはいかない。

17世紀、キリシタン弾圧が激しかった江戸時代初期の長崎が舞台。ポルトガルの宣教師、フェレイラが棄教したと聞いた弟子のロドリゴとガルぺは真相を確かめるべく、キチジローという日本人の案内でマカオから長崎に渡る。

そこで目にしたのは厳しい弾圧の下でも信仰を捨てない隠れキリシタンたちの存在だった。ロドリゴとガルぺは彼らの心の支えとなるが、やがて二人をかくまっていた村人たちが捕らえられ、処刑される。無力感にさいなまれながら五島に逃げたロドリゴだったが、キチジローの裏切りにより捕らえられてしまう。

さまざまな手立てを試みるも信仰を捨てないロドリゴに対して、長崎奉行は最後の手段に出る。それはロドリゴのために犠牲になる人々の命を彼の前にさらすことだった。激しい拷問を受ける信者たちを目の当たりにして、信仰のためには信者たちを犠牲にするのか、それとも棄教して彼らの命を助けるべきなのか、究極の選択を迫られる。

息を詰めながら165分見続けたが、久しぶりにすごい映画を見たという感じ。単なる宗教的、歴史的な作品ではない。人間の強さと弱さ、善と悪、赦しなど普遍的なテーマが見る者に突きつけられる。悲しく、苦しいシーンが多いが、今年見るべき作品のひとつになるだろう。さすがスコセッシ監督が28年間映画化に向けて温めてきた作品だけのことはある。

DSC01615.JPG
帰りは品川から五反田まで歩き、「広州市場」で香菜入りワンタン麺の昼食。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

強風の中で長老と組んでテニス [テニス]

明日はテニスクラブが休みだし、明後日からは秋田の温泉なので、風があったが午後からクラブに向かう。月・木は女性群が集合する日ということもあり、強風にもかかわらず、結構な賑わいだった。

最長老の90代お二人も見えていた。93歳のSさんと組んで試合をする。いつものごとく、ボレーをしっかり決めてくれる。もう一息というところで負けてしまったけど、あらためてすごいなあと感心。頭もしっかりしているし、相手の動きをよく見て、ボールを打つところなどとても真似できない。年齢的には自分の親世代と組んでいるわけで、いやはや恐れ入りましたという気分。

DSC01611.JPG
昨日、魚屋でかすべを見つけたので煮つけにした。朝食用に煮こごりにしようと思い、鍋ごとベランダに出しておいたが、煮こごりにならなかった。東京は暖かすぎるようだ。
コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

温かいそばも美味しい [暮らし]

昨夜の客は11時頃に帰ったので、後片付けをしてお風呂に入って、12時半には寝たにもかかわらず、朝すんなりと起きられなかった。7時に目覚めたのに、なんとなく疲れがとれない感じで、床の中でぐだぐだしていた。こういう時はつくづく年を取ったんだなあと思ってしまう。

体をすっきりさせるために午後からテニスクラブへ。試合を2セットして、Mさんと乱打して汗をかいたら、体が軽くなった。やはり、運動が一番効果がありそう。

DSC01609.JPG

夕飯は昨日の残りのそばを茹でて、鶏肉・シイタケ・ネギを入れた温かい汁で食べた。冷たいそばとはまた違った美味しさ。昨日頂いた日本酒が残っていたので、魚屋で見つけたマトウダイの刺身でじっくりと味わう。この時期の日本酒は旨い!
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第7回そば会(2016年度) [そば会]

今期7回目のそば会を開く。予定の半分を終えたことになるが、まだ先は長い。2-3月はいろいろな予定が入っていて、せいぜい1回ずつしかできそうにない。4月と5月は打ち手が留守となるため、6-7月でなんとか一巡させたいところ。

今夜の客はテニス仲間や私の小学校からの友人夫婦など7名。全員テニスをするので、テニス談義から始まって、政治、介護、旅の話といろんな話題で盛り上がった。

本日の献立
○牛肉・シイタケ・パプリカ・ネギの炒め
○ターサイのオイスターソース炒め
○大根とブリのアラの煮物
○湯葉の出汁煮
○カブ・セロリ・パプリカ・タマネギ・ニンジンのピクルス
○ホウレンソウ・ツナ・塩昆布のナムル
○煮小豆
○台湾ドライマンゴー&北海道のチーズ
○たくあん(田舎からの頂き物)
○伊達巻き&千枚漬け(Sさんより)

1.JPG2.JPG3.JPG4.JPG5.JPG6.JPG
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

鍼灸で身体のメンテナンス [暮らし]

曇天で寒い一日。時折雪がちらついたが、本降りにはならずにすんだ。午前中に鍼灸院へ。先月の22日以来だから約1カ月ぶり。月に2回は行こうと思っているけど、うかうかしているとすぐに1カ月経ってしまう。

どこか痛いところがあるわけではないが、身体のメンテナンスが目的。鍼を打ってもらうと血の巡りが良くなり、冷え性の私でもたちまち身体が熱くなってくる。そして、全身弛緩した感じで気分がいい。

現役時代は、肩こりからくる頭痛や腰痛で鍼灸治療を受けていたが、今は免疫力アップのため。サプリメントや医師から処方される薬は一切飲んでいないので、その分の経費を使っていると思えば、安いものだ。

DSC01542.JPG
ご主人が山口出身の方からいただいたお酒。どちらも美酒で、あっという間に飲み干してしまった。
コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

フレンチを堪能した翌朝はおかゆ [暮らし]

昨夜はポーションの大きいフレンチディナーを残すことなく、最後の小菓子までがっつり食べたので、今朝はおかゆにした。細かく刻んだ菜花を最後にたっぷり加え、たらこをのせ、梅干しとたくあんのおかずで食す。たまのおかゆは実に美味しい。一晩中働かされた胃腸にとっては、つかの間の休養になったと思いたい。

DSC01597.JPG

21日のそば会用のつゆの仕込みをして、午後からテニス。少し風はあったが、まあまあのコンディション。今日は圧倒的に女性が多く、女子ダブルスを3ゲームする。荷物運搬係の連れ合いと一緒にクラブを出て、食材を調達しながら帰宅。明日は雪がちらつくかもという予報だが、どうなることやら。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

バースデーディナーはいつものレストランで [食べる]

午前中テニスをする。今日は穏やかな天気の下でプレーできた。3人で1時間近く練習してから2ゲームする。久しぶりに練習したせいか、疲れた。

夜は三田のフレンチレストラン「コートドール」へ。連れ合いと私の誕生日は、ここで食事と決めている。席に着くなり、今夜は連れのおごりなので、いいワインをお願いしますと、ソムリエに告げる私。91年のVosne-Romaneeを出してくれたが、これが素晴らしい香りで美味!60代最後の1年を元気に過ごすために少々上等なワインを飲んでも罰が当たるまいとぐいぐい飲み干した。

この時期には必ずメニューに載る新潟の青首鴨がないので聞いたら、鳥インフルエンザで諦めたとのこと。好きなジビエが食べられなくて落胆したが、猪が美味しかったので良しとした。

食べた料理
飲み物:シャンパンをグラスで、赤ワインをボトルで。
アミューズ:桜エビのトースト
前菜:ムール貝のグラタン(私)、帆立のムニエルと百合根・トリュフ入りスープ(夫)
主菜:猪のソテー
デザード:イチゴのスープ(私)、和栗のモンブラン(夫)
小菓子&コーヒー

1.JPG2.JPG3.JPG4.JPG5.JPG6.JPG7.JPG8.JPG9.JPG
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

『アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場』 [映画]

今年1本目の映画『アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場』を日比谷シャンテで見た。好きな女優ヘレン・ミレンが出演しているイギリス映画。

ヘレン・ミレン扮するイギリスの諜報機関のパウエル大佐は6年間追って来たテロリストたちがナイロビに潜んでいることを突き止める。アメリカ軍のドローンを使い、英米にケニアを加えた陣営で合同捕獲作戦を指揮する。

しかし、ロンドン、アメリカ、ナイロビの司令官たちのもとに送られてくる映像から、テロリストたちが自爆テロを計画していることが判明。生け捕りから殺害へと作戦が変更される。大佐の指令でネバダ州の米軍基地では、ドローンからのミサイル発射準備に入る。ところが、寸前にテロリストの家の近くでパンを売る少女が映像に映し出される。

テロリストを抹殺するためには民間人を殺してもいいのか、政治家と軍人の間で議論が沸騰。政治家たちは保身しか考えず、自分でなかなか決断しない。パウエル大佐はこのチャンスを逃したら、自爆テロが起き、より多くの人々が殺されると主張。政治家たちが外務大臣に聞け、大臣は首相にと言っている間に事態は緊迫してくる。

母親が焼いたパンを路上で売る一人の健気な少女を巻き添えにしても、その後に自爆テロを起こすと思われるテロリストたちを始末すべきかどうか、それぞれの立場で白熱の議論が交わされ、観客も極度の緊張状態に置かれる。あなたならどうしますかと問われるような作品で、見終わってからも重苦しい気分が残った。

DSC01544.JPG
11月に母の介護で弟の家に滞在した折、友人が渋柿を持って来てくれた。皮をむき、弟の家のベランダに干してきたのを先だって持ち帰る。売られている干し柿よりずっと美味しい。
コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

暖房なしの生活を目指す [暮らし]

我が家はマンション住まいで、上下左右を部屋に囲まれているため、熱効率がいい。おまけに南西向きなので、太陽の角度が低い冬場は奥まで日が差し込む。それらの恩恵で、全く暖房を入れずとも室温が15度を下ることはない。

天井が高くて、隙間だらけだった実家に帰省している時はストーブを焚いても15度なかったように思う。そんな環境でも母はめったに風邪もひかず、96歳まで暮らしたのだから、体のためには寒いぐらいがちょうどいいのかもしれない。

それで、我が家もお客が来ない限りはエアコンをつけないようにしている。寒い時は綿入れ半纏、ネック&レッグウオーマー、ソックス2枚、ひざ掛けという重装備で過ごしている。暖かい飲み物・食べ物は必須。アルコールは燗酒、焼酎のお湯割り、ワインでビールは飲まない。キュウリやトマトなど夏野菜は一切買わないので、生野菜もほとんど食べない。とにかく温かいものを体に取り込めばすぐに温まる。

寒波とはいえ、ほかと比べたらずっと暖かい東京に住んでいるのだから、少しくらい我慢しないとと思う今日この頃。

DSC01530.JPGDSC01532.JPG
弟の愛犬アイマール君、寒い時期はもっぱら毛布の上でごろり。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

寒波襲来も春の兆し [暮らし]

昨日はテニスクラブの鏡開き親睦テニスに参加。クラブハウスでお汁粉を食べて人心地ついたが、寒かった!もうすぐ93歳を迎えるSさんも元気にプレーされていた。

今日はテニスはお休みして、連れ合いと近隣をウオーキング。1万歩ほど歩いただけだが、体がポカポカになった。寒さの中でも植物を観察すると、着実に春が近づいているのが感じられる。ほころび始めた河津桜を見た時には嬉しくなった。

1.JPG
マンション前の公園の紅梅が咲き始めた。

2.JPG
林試の森公園

3.JPG
一部、薄い氷が張っていた。

4.JPG
河津桜がほころび始めていた。

5.JPG
満開の椿

6.JPG
池のほとりにいた鳥

7.JPG
公園をねぐらにしている猫。餌をやりに来る人がいるので、太っている。

8.JPG
ワンちゃんたちも防寒着姿。
コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

第6回そば会(2016年度) [そば会]

大寒波襲来で日本海側は大雪らしい。昨日、昼間は晴天で暖かかった東京も夕方から冷え込んだ。年が明けてから初めて、暖房をつける。

昨夜は今シーズン6回目のそば会を開いた。お客は連れ合いの元同僚たち、男性ばかり5名と渋谷でカレー屋を営んでいる私の従弟夫婦。昨年同様、今年も風邪で当日欠席となった方がいた。この時期の集まりは、とかく風邪の影響を受ける。

0.JPG

技術屋さんたちは自分たちが担当した設備や製品の話で盛り上がる。もはやメーカーとは言えないほど変貌したかつての職場を思う時、皆さん心中複雑なものがあるらしい。

最後の客が帰ったのが午前1時近く。久しぶりに8時過ぎまで寝ていた。

本日の献立
○鶏肉・シイタケ・セロリ・パプリカ・キクラゲの炒め
○牛肉とレンコンの炒め煮
○ゴボウと人参のきんぴら
○鮎の南蛮漬け
○ホウレンソウの和え物(ピーナツ粉・マヨネーズ・梅味噌・ポン酢を合わせた)
○大根の甘酢漬け&たくわん(田舎でいただいたもの)
○台湾ドライマンゴー&チーズ
○ケークサレ(Sさんの手作り)

1.JPG2.JPG3.JPG4.JPG
コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

一汁一菜に共感 [つぶやき]

今日もテニスクラブへ。昨日と違い、女性がたくさん来ていて、賑やかだった。今年になって初めて会った会員が殆どで、新年の挨拶を交わす。

ゲームをしていて、コートチェンジの合い間に老人介護の話になる。皆さん一様にあまり長生きしたくないわねえとおっしゃるのだが、かと言って死に方を選べないのが困るのだ。

愛読している「ほぼ日刊イトイ新聞」に、料理研究家の土井善晴さんと糸井重里さんの対談が載っていた。

http://www.1101.com/doiyoshiharu/index.html

土井さんが提唱している一汁一菜に共感。毎日の食事にハレの日の料理の献立は必要ない。なるべく新鮮な素材を使って、シンプルに調理すればそれで十分。

DSC01355.JPG
出汁を取る時に使った昆布を冷凍保存しておき、たまったら朝ご飯のおかずに佃煮風に煮ることにしている。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

好天の下、初打ち [テニス]

2週間ぶりにテニスクラブに行く。好天にもかかわらず、空いていた。息切れしながらもなんとか2試合したが、真っ芯にボールが当たらず、苦戦。やっぱり、週に最低2回くらいはやらないと、体が忘れてしまう。

帰宅して、明後日のそば会のつけ汁を仕込む。テニスに行く前に、鍋に水を入れ、昆布を浸しておいた。煮立ったら、昆布を出して、鰹・宗田鰹・鯖節を加えて、出汁を取る。かえしと出汁を1:4で合わせるが、かえしは常に切らさないようにしているので、仕込みが楽。

1.JPG2.JPG3.JPG4.JPG5.JPG
8日夜、弟の家の近くの寿司屋で義妹と食事。車で送ってくれた弟に母と2人分のにぎりを持たせ、女2人で飲む。
コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

ショートステイ先に行く母を見送り、帰京 [田舎]

ショートステイ先の迎えの車に乗る母を見送ってから帰京。いつも送迎に見える施設の担当者に先月は初めて長期(24泊)のステイでしたが、問題はありませんでしたかと尋ねたら、帰りたいとおっしゃったので、息子さんが入院中だからもう少しいましょうと言ったら、納得されたようですよと。

でも、ボケが進行しているせいか、以前ほど息子のことを心配していない様子。弟が仕事から戻る時間になると、風呂にお湯を張っておくように私に命令していたが、最近はそれも言わない。自分の生年月日を忘れてしまったらしく、いつだったけと私に聞いてきた。大正8年12月14日よと答えたら、聞かれたときに困るので、メモしておいてポケットに入れておこうかなと言う。まだプライドは残っているみたい。

弟が半日仕事をして半日寝ている状態なので、当分の間、長期で施設に預かってもらうことにした。次は2月3日に戻ることになっている。私はその日からまた弟宅へ出張家政婦で出向く予定。

DSC01501.JPG
一昨年の母の誕生日に友人からいただいたシクラメンが花を付けた。今年いただいたサクラソウ。
コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

母は食欲旺盛 [田舎]

昨日までの冷たい北風が止み、今日はとても暖かで、昼間は暖房なしで過ごせた。昨夜、出汁を取り、冷蔵庫がいっぱいなので、テラスに出しておいたら、朝凍っていてびっくり。やっぱり、暖冬とは言え、明け方は零下になる。

昨日は友人が来訪。母の好きなケーキを持ってきてくれた。昨日はプリンを、今日はロールケーキを食べて、美味しいを連発。何十年の習慣でご飯前に朝茶と何かしらの甘いものを食べているし、とにかく食欲旺盛。今朝はご飯(茶碗に1/3)、粕汁、卵焼きと茹でブロッコリ、タラコ、昨晩の残りの肉じゃが、お昼はアンパン半分、カボチャ煮2切れ、バナナ1/3にヨーグルト(リンゴジャムのせ)、みかん1個。

まあ、何でも残さず食べてくれるし、こぼしながらも自分で食べるので、介護者は助かる。
DSC01516.JPG
昨日までの風雲もなく、那須の山々がきれいに見えた。


コメント(2) 
メッセージを送る