So-net無料ブログ作成

還付金を当てにして夕飯は居酒屋へ [暮らし]

近所の区の施設で、税理士による確定申告の無料相談会が開かれているのを知り、連れ合いと出かけた。

昨年、歯科の治療で医療費控除に相当する金額を支払ったが、夫の扶養者になっていない私はどうすればよいか聞きたかったのだが、なんと扶養者になれることが判明。私の年金が少ないため、ちょっとした差だが実は配偶者控除が受けられたのだ。

ずっと仕事をしていたので、扶養者になったことがない。それで、退職後も当然同じだと思い込んでいた。過去5年分は申し立てれば、還付金が戻りますから、税務署が暇になる3月末に相談に行った方がいいですよと言われる。

今回の申告でも還付金があることがわかった。それで、気が大きくなって今夜は祝杯を挙げようと近所の居酒屋へ。初めて入ったお店だったが、これがまた新たな出会いとなった。

お酒のリストを見たら、福島のお酒が多い。もしかしたら、店主は福島出身ですかとお運びの女性に聞いたら、私が下郷町の出ですと。サービス係の彼女は店主の奥さんのお母さんだった。そのやりとりを聞いていた隣のテーブルの男性4人組の2人が私らは相馬出身ですと言い出す。そこで、急に福島関連の話で盛り上がってしまった。

この店には定期的に通うことになりそう。昔ながらの気取らない居酒屋だが、温かい雰囲気が満ち溢れている。税の相談から成り行きで入った店だが、当り!だった。

DSC01852.JPG
お通し
DSC01855.JPG
ヒラメとシマアジの刺身
DSC01856.JPG
自家製コロッケ
DSC01857.JPG
カキフライ
DSC01858.JPG
鶏もものニンニク醤油焼き
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
メッセージを送る