So-net無料ブログ作成

『幼な子われらに生まれ』 [映画]

昨日、シネスイッチ銀座で見た2本目の映画は、『幼な子われらに生まれ』。原作が重松清で、監督は三島有紀子。三島監督の作品は、『しあわせのパン』、『繕い裁つ人』に続いて3作目の鑑賞。その中で本作が一番の出来だと思えた。

中年サラリーマンの信はバツイチで、再婚した妻、奈苗とその連れ子2人と暮らしている。別れた妻との間に娘が一人いるが、彼女は母親の再婚相手と住んでいる。信は年に4回、娘との面会が許されていて、それを楽しみにしている。

ある時、奈苗の妊娠がわかり、平穏に見えた一家にさざ波が立ち始める。6年生の長女、薫が反抗的になり、信に対して、本当のパパじゃない、自分の父親に会いたいと言い出す。奈苗の別れた夫はDVで、薫も殴られて歯を折られたことがあるというのに。

弟が生まれたら、自分は家族の中で邪魔者になるのではないかという不安、パパは自分の本当の娘と会っているくせにずるいという不公平感などがないまぜになって、薫は荒れる。信は彼女の父親、沢田に会いに行き、薫と会ってくれるよう懇願する。沢田は家庭に縛られたくなかったと言い、その日暮らし的な生き方をしている男だ。

家庭第一に生きてきた信は左遷され、単純作業をこなす日々。そのうえ、仕事よりも大切にしてきたはずの家族は崩壊寸前になってしまう。しかし、悩みながらもなんとか家族を維持していこうと、逃げずに義理の娘に真摯に向き合う。

離婚が珍しくなくなった現代では、再婚も増えるだろうから、家族の形態も変わっていく。血がつながっていても、分かり合えるとは限らないのが家族。ましてや義理の仲だったら、常に気持ちを知ろうと努力しなければ、家族は成り立たない。別れた妻が信に、あなたは理由を聞くだけで、私の気持ちを聞いてくれたことがなかったと言う。このセリフ、女性なら共感できるはず。

誠実で不器用な男を浅野忠信が好演。別れた妻を演じた寺島しのぶは別格の演技だし、子役3人がまた上手い。終始重苦しさが漂う作品だが、家族とは、親子とは、夫婦とはと考えさせられる。

DSC02526.JPG
ニラと豆腐を炒めて、塩・胡椒で味をつけるだけの超簡単料理。
コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感
メッセージを送る