So-net無料ブログ作成

『ベイビー・ドライバー』 [映画]

せっかく晴れたというのに火曜日はテニスクラブが休みの日。足の怪我以来、ここ2カ月間かなりの運動不足に陥っているので、今日は徒歩で映画に行くことにした。

たまにはハリウッドの軽い映画でもと連れ合いを誘って、品川へ。自宅からちょうど1時間で映画館に到着。万歩計を見たら、7千歩をちょっと超えたくらい。1万歩以上は歩かなきゃと、帰りも徒歩にした。

T・ジョイPRINCE品川で、『ベイビー・ドライバー』を見た。ベイビーは犯罪組織の“逃がし屋”をやっている。車で待機していて、強盗を働いた仲間たちを乗せ、警察の追跡を振り切って逃げる仕事だ。彼は子どもの頃の交通事故の後遺症でひどい耳鳴りがあるが、iPodにセットした好きな音楽を聴きながら運転すると、天才的なテクニックを発揮するドライバー。ある時、レストランでウエイトレスのデボラに偶然会い、恋に落ちる。それで、組織から抜けようとするが、脅されてまたもや危険な仕事に加担することになる。

ストーリーは単純だが、音楽とカーチェイスが見事にシンクロしていて、まるでミュージカルのようなカーアクションだった。あまりこういう映画は見ないけれど、音楽の効果か、結構楽しめた。

DSC05118.JPG
ちょうど昼近くに映画館に着いたので、ビールとポップコーンでお昼代わり。3カ月くらい行っていない間に、プレミアムモルツのほかにクラフトビールが3種類加わっていた。ポップコーンを食べたのは何年ぶりだか覚えていないほど。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
メッセージを送る