So-net無料ブログ作成
検索選択

ランチパーティーに招かれる [友達]

昼に友人宅に招かれていたので、その前に一汗流そうと連れ合いと9時からテニスをする。水曜日と同様、途中から強い風が吹き出し、楽しいテニスというわけにはいかなかった。

クラブでシャワーを浴びて、徒歩で友人宅へ。3組の夫婦で昼からシャンパン・ワインを飲み、7時頃まで宴会。自分が客を招く時は簡単料理しか作らないので、Kさん夫妻の手の込んだ料理に刺激を受ける。どれも美味しくて食べ過ぎた。

1.JPG2.JPG3.JPG4.JPG5.JPG6.JPG7.JPG8.JPG9.JPG10.JPG
スペアリブと赤飯はご主人の料理。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ジェフリーは北朝鮮でマラソンに出場 [友達]

ようやく桜が満開だった頃の暖かさが戻った。ソメイヨシノはまだほんの少しだけ花が残っている木もあるけれど、葉が伸びて新緑が美しい。代わりに八重桜が満開となる。ハナミズキ、ツツジ、藤も咲き始めた。まさに百花繚乱。

連れ合いは男2人で歌舞伎へ。たまにはテニス以外のことにも目を向けてほしいので、誘ってくれたKさんに感謝。そういう私は午後からテニスへ。Sさんお手製のシフォンケーキをご馳走になる。甘さを抑えた、美味しいケーキだった。

わが家に10日間ほど居候していたジェフリーのその後をフェイスブックでチェックしていたが、ソウルから北京に行ったあと、しばらくしてから更新が途絶えていた。さきほどFBにアクセスしてびっくり!なんと1週間北朝鮮に行っていて、無事北京に戻ったところだと。しかも平壌マラソンに出場していたとは!詳細はあとで報告すると書いてあったが、全く彼には驚かされる。

ネットで調べたら、マラソン開催の目的は金日成の誕生日(4月15日)を祝うためで、今年が28回目。外国人は北朝鮮当局が招待した世界のプロ選手のみ参加が許されていたが、昨年から海外の観光客も参加できるようになった。今年は日本を含む30カ国以上から約650人の外国人が参加したとか。

一体どういう魂胆で、外国人に開放したのだろうか。北朝鮮は皆さんが恐れるような国ではありませんと言いたいのか。ジェフリーのレポートが楽しみ。

DSC07165.JPGDSC07168.JPG
近くの公園の八重桜
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

相方が飲み会なら、私も [友達]

晴れの日は続かず、今日も夕方から雨が降り出した。今夜の飲み会のために一汗流そうかとも思ったが、朝、曇り空を見たらテニスをする気が失せた。

連れ合いは飲み会の予定が入っていたので、私もすぐさま友人に声を掛けて飲み会を設定。自由が丘の居酒屋に出向いて、Aさんとしばらくぶりに酒を酌み交わす。Aさんとは差しで飲むことが多い。ひょんな縁で知り合ってから、もう30年近い付き合いになる。頻繁に会うわけではないが、会えば心置きなくいろいろな話ができて楽しい。差しで飲む相手として適当な人って、なかなかいないので貴重な友人だ。

1.JPG
お通しはアサリの酒蒸し

2.JPG
かつおのたたき

3.JPG
キノコとベーコン炒めがのっているサラダ

4.JPG
ゴボウのから揚げ

5.JPG
レンコン餅

6.JPG
イワシの塩焼き
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

豪華客船は高級老人ホーム? [友達]

ようやく晴れたので、当然テニスをやりに行く。今日のクラブは結構な賑わいだった。いつものように3試合したが、空気が冷えていて、それほど汗をかかずに終了。よって、夕食時の飲み物はビールではなく、ワインになった。

豪華客船クリスタル・セレニティでクルーズ中の米国の友人夫妻は先週土曜日、南アフリカのケープタウンを出港し、大西洋を航海中。そろそろ、ウルグアイのモンテビデオに入港する頃だと思う。

彼らは1月15日にマイアミを出港。パナマ運河を抜け、ドミニカ、エクアドル、イースター島、タヒチのボラボラ島、ニュージーランド、オーストラリア、南アフリカ、ウルグアイ、アルゼンチン、ブラジルと回り、5月6日にマイアミに戻る。4カ月近い船旅だが飽きないのだろうか。

ディックからの中間報告によると、船は一種のヴィレッジみたいなもので、千人近い客はほとんどがシニア。出港してから2カ月半の間に2人が亡くなり、病気で下船した人は数人。

以前、同じ船に乗った人から、一年中乗船しているお年寄りがいて、夕食の席は常に船長の隣だと聞いたことがある。お金持ちの老人にとっては老人ホームに入居するより、クルーズの方がずっと楽しいのかも。船医もいるし、死んでもしかるべき処置をしてくれるはずだし、何の心配も要らない。それに周囲がちやほやしてくれるだろうから、ご機嫌でいられのでは。

DSC07162.JPG
朝ご飯前に毎日煎茶を飲むが、たまには抹茶にしている。季節に合わせて、桜色の茶碗を選ぶ。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

そば屋でそばは食べず [友達]

今日のテニスは暑かった!90歳のTさんも半袖姿。私は夜の飲み会に備えて、できるだけ汗を流そうとベスト姿のままプレーした。

クラブでシャワーを浴びてから、連れ合いと戸越銀座へ。まずはテニス仲間のKさんのコーヒー店を訪ねる。Kさんは定年後、お茶屋さんだったご実家の店をコーヒー店にして、奥さんと2人で切り盛りしている。いつも地元の常連客がコーヒーやお茶を飲みながらゆったりとくつろいでいる、とてもいい雰囲気のお店だ。

1.JPG
コーヒーはKさんがサイフォンで淹れる。

そのあと、Kさんのカフェから近い「正乃家」というそば屋で、友人夫妻と飲み会。私たちは初めてだったが、友人がひいきにしているので、誘われた。そば屋と言っても、酒の肴が充実していて、まるで小料理屋みたいな店だった。そばは食べなかったので、評価はできないけれど、料理はどれも美味しかった。

2.JPG
刺身(マグロ、鯛、シマアジ)
3.JPG
海鮮サラダ
4.JPG
ナスのチーズ焼き
5.JPG
牛のタタキ
6.JPG
大山鶏の岩塩焼き
7.JPG
オムレツ
8.JPG9.JPG
焼き空豆
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

友人の作品展へ [友達]

富ヶ谷のカフェで開かれている友人の作品展に出かける。乗り換えが面倒なので、原宿駅から歩くことにした。代々木公園の中を通り抜けたら、ちょうど桜が見頃。10時頃だったので、宴会している人はまだ少なかったが、場所取り用のシートがたくさん敷かれていた。帰りは人が何倍にも増えていて、びっくり。帰宅してしばらくしたら、雨が降りだした。日曜日の花見だというのに、気の毒なこと。

1.JPG
「ルヴァン」というパン屋さんに「カフェ ルシャレ」が併設されている。

2.JPG3.JPG
友人手作りのバッグ、エプロン、鍋つかみ、ポストカードなどが展示されている。

4.JPG
会場のカフェでランチ。サラダ・スープ付きチーズトースト。

5.JPG6.JPG
代々木公園の桜。

7.JPG
帰りは桜の下に人がびっしり座っていた。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

幼なじみの友人と語り合う [友達]

春本番の暖かさの中、テニスで汗を流したあと、池上へ。連れ合いは飲み会なので、横浜に住む幼なじみのC子ちゃんと本門寺で待ち合わせて、「れすとらん軒」で食事をした。

本門寺の境内やお墓の回りには大きな桜の木が何本もある。まだ2-3分咲きだったが、夕日を浴びた桜がきれいだった。

2.JPG
本門寺の桜

1.JPG
本門寺五重塔

3.JPG
地面に桜が落ちていたので、咲いたばかりの花がどうしてと木を見上げたら、緑色の鳥が4羽いて、花を食いちぎっては蜜を吸っていた。

彼岸に帰省して、母の所も訪ねてくれたC子ちゃんとの話題はもっぱらお互いの母親のこと。気が強くて、甘えないし、娘の言うことを聞かないところが共通している。ボケないのがいいのか、悪いのかわからないわねという話になった。死ぬまで元気でいられるに越したことはないけど、それが一番難しい。

4.JPG
ポテトサラダ。生ビールとグラスワインを飲む。

5.JPG
白菜のオリーブ蒸し

6.JPG
平目のカルパッチョ

7.JPG
牡蠣フライ

8.JPG
ペンネのゴルゴンゾーラ
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

クルーズ船からのメール [友達]

昨夜、駅から桜並木を歩いて帰宅したら、ちらほらと開花していた。案の定、今日になって開花宣言が出た。いよいよ花見の季節到来。桜が咲き始めると、やはり心が躍る。今日も午後からテニスをした。ますます日差しが強くなっているのを感じる。

米国の友人夫妻、ディックとジャンがクリスタルクルーズで、1月から3カ月間船上暮らしをしている。ディナーで着物姿の日本人に会ったとか、寿司バーで日本人と一緒に寿司を食べたとかメールが来ていた。最新のメールにはメルボルン寄港時に2年前のクルーズで友達になったオーストラリア人のブライスと会い、来年は日本の熊野古道を歩こうという話になったと書いてあった。

ブライスとは彼が昨年長野にスキーに来た際に、ジャンからの紹介で会っているので、面識がある。ディックのメールから察するに男3人で歩こうと思っているようなので、私は遠慮するつもり。でも、連れ合いが下見に行くようなら、その時は同行しようかな。

スペインの巡礼路を三度歩いたディックは姉妹道である熊野古道をぜひとも歩きたいと思っている様子。来年実現すればよいのだけれど。

DSC07114.JPG
近くの公園の白モクレンが満開。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

台湾からフェイスブック友が来日 [友達]

今日も暖かなテニス日和だった。夕方、連れ合いとテニスクラブから銀座へ直行。台湾から出張で来日したHさんと彼女の宿泊先のホテルで落ち合った。Hさんとは3年前、私の台北の定宿で偶然知り合い、昨年2月夫婦で台湾南部を旅した際に台南で再会した。フェイスブックでお互いの近況を把握しているので、久しぶりに会ったという気がしない。

0.JPG

寿司屋で食事をしながら、いろいろ話を聞いた。彼女は5人姉妹の4番目で、結婚しているのはお姉さん3人のうち1人だけとか。台湾でもシングルの女性は増えているみたい。あと1週間日本に来るのが遅かったら、満開の桜を見せてあげられたのに残念。

1.JPG2.JPG3.JPG4.JPG
Hさんは寿司が好きだというので、ホテル近くの「築地寿司清」四丁目店に行く。すごく混んでいて、30分以上待たされた。オーストラリア人家族などもいて、いまどきの寿司屋の客は国際色豊か。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

女子会で男の料理を堪能 [友達]

自由が丘のSさん宅で、昼食会を開いた。Sさん(男性)は連れ合いの元同僚で、料理の腕前はプロはだし。予約客のみに自宅で手料理を振る舞ってくれる。当然、貸し切りなので、気兼ねなくおしゃべりできるのがいい。

連れ合いの元同僚、元同僚の奥さんたち、私の友人など女性ばかり8名での食事会。二十数年前から私が仕事を辞めるまで、我が家で仕事を持つ女性の会を開いていたが、今日は主にその時のメンバーが集まった。

まだ現役の人もいるけれど、ほとんどが還暦を過ぎているので、話題は親の介護や老人施設のこと。シングルや子供のいない人が多いため、将来は老人ホームに入居するのが当然と考えている。今はまだぼんやりとしたイメージしか持てないが、あと10年経ったら、お互い切実な問題になっているんだろうな。

1.JPG2.JPG3.JPG4.JPG5.JPG6.JPG7.JPG8.JPG9.JPG10.JPG11.JPG12.JPG13.JPG14.JPG15.JPG
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

友人とゆったりと夕食を楽しむ [友達]

今日も午後からテニス。しばしテニスをお休みしていたOさんと4カ月ぶりに試合をした。お元気になられたOさんとまたご一緒できて嬉しい。90歳のTさんも白内障の手術を受けてから、ますます快調。対戦したら、ナイスショットを何本も打たれた。

テニスのあと、クラブから徒歩で本門寺の境内を通り抜けて池上へ。「れすとらん軒」で友人と食事をした。まだ現役の友人にとっては花金の夜であり、私はつかの間のシングルライフを謳歌中の身。2人でゆったりとした気分で、飲みながら、旅の話などをした。なんの気兼ねもいらない女2人での飲み会ほど楽しいものはない。

料理はすべて一皿をシェアした。

1.JPG
柿のサラダ
2.JPG
白菜のオリーブオイル蒸し
3.JPG
海老とホタテのコロッケ
4.JPG
厚岸産の牡蠣フライ
5.JPG
ミックスピザ
コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

急に飲み会に召集される [友達]

今日は暖かで、穏やかなテニス日和の一日だった。10日ぶりにテニスをする。三戦三勝で、卒寿のTさんと組んでも勝てたし、言うことなし。

昨夜は神田の居酒屋「別海町酒場」で夫婦3組の飲み会。夫が友人2人と男性だけで飲むことになっていたが、前日にTさんから夫婦での参加を打診された。奥さんの誕生日がその日と気づき、あわてて妻たちにも来てもらい、サプライズで祝おうということにしたらしい。お蔭で、6人での楽しい宴となった。

1.JPG2.JPG3.JPG4.JPG5.JPG6.JPG7.JPG8.JPG
つまみは北海道にちなんだものが多い。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

立川の友人宅でパーティー [友達]

午後3時から、立川のHさん宅で開かれたパーティーに出席。メンバーは連れ合いの高校クラスメートとその妻たち。7月の納涼会以来で、今日は7組の夫婦が集まった。次回は我が家での新春そば会が決まっている。男性だけでの飲み会もあるので、年に数回はミニクラス会をやっているようなものだ。

1.JPG2.JPG

たくさんのご馳走を前に話が盛り上がり、結局おいとましたのが9時半頃。実に6時間半の宴だった。ホスト、ホステスはさぞかしお疲れになったことだろう。

行く前に昭和記念公園に寄る。コスモスを見るためだったが、台風で倒れたものもあり、あまりきれいでなかった。何年か前に見た時は見事なコスモス畑に感激したけど、今日は期待外れに終わる。

3.JPG4.JPG5.JPG
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

マケドニア料理をご馳走になる [友達]

朝、テニスクラブに向かおうと玄関を出た途端、雨がザァーっときた。今日はダメかと一瞬諦めたが、まもなく止んだので、急いで出発。クラブの最寄駅に着いたら、また降りだしていた。クラブで待っているうちに止むかもしれないし、30分でもいいからやろうとクラブへ。着替えているうちにポツリと落ちる程度の雨になったので、コートへ出る。結局、連れ合いと1時間半たっぷり練習できた。

夜は前のテニスクラブで一緒だったKさんの娘さん、M子さんのお宅に2人で招かれた。先日、何年かぶりでM子さんから電話があり、入籍し、来月子供が生まれますという報告を受けた。お相手はM子さんがマケドニア留学中に知り合い、8年前から日本で仕事をしているマケドニア人のDさん。M子さんと同居し始めた頃にレストランでご馳走したことを覚えていてくれたらしく、マケドニア料理を作りますからぜひと誘われた。

手作りの美味しい料理をいただきながら、文化や食べ物の違いなどについて、話が弾んだ。旧ユーゴスラビアの構成国のひとつだったマケドニアは人口200万人。海がない内陸国なので、料理は肉が主体だそうだ。

1.JPG
モンテネグロ産のハム
2.JPG3.JPG
焼きピーマンと焼きナスのマリネ
4.JPG
ポテト、ニンジン、ハム、茹で卵のサラダ
5.JPG
鶏肉の串焼き
6.JPG
牛肉、豚肉、マッシュルームの煮込み
7.JPG
M子さんが焼いたパン
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

夜景を眺めながらの納涼会 [友達]

昨夜は、隅田川のほとりで毎年恒例の納涼会が開かれた。東京近辺に住む連れ合いの高校クラスメートとその妻たちの会で、この時期の楽しみのひとつ。今回は総勢14人で、近況を報告し合いながら、ビールとイタリア料理を堪能した。昨年同様、次々に打ち上げられる足立区の花火を遠くに見ることができたのはラッキーだった。

1.JPG
会場は、いつもアサヒビール本社22階。

2.JPG
なんとなく男女に分かれてのおしゃべりになってしまうのが日本式。

3.JPG
下界は光の海。

4.JPG
ここで飲むビールはいつも一味違う。2杯目は黒ビールにした。

5.JPG6.JPG7.JPG8.JPG9.JPG10.JPG
程よい量で、完食。どんな国の料理であれ、日本で作られるものは繊細だなあと感じる。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

台湾人一家と食事 [友達]

午後から軽くテニスをして、夕方京浜東北線の西川口駅へ。連れ合いが仕事で付き合いのあった台湾の高さんが家族で来日中なので、会いに行った。

一家での来日は3年ぶり三度目。6-7年前、初めてお会いした時にはお子さんは2人だけだった。3年前は3人に増えて、当時2歳だった末っ子の女の子は現在5歳。8歳と12歳の男の子を加え、一家5人での夏休みを利用しての10日間の日本旅行。

先月小学校を卒業した、鉄道好きの長男がネットで検索し、スケジュールを決めたのだそうだが、列車を利用しての移動距離がすごいのにびっくり。海外からの観光客だけが利用できるJR Pass(1週間29,110円で新幹線を含む全国のJR乗り放題)を使って、成田-東京-長野-大阪-福岡-西川口-軽井沢(本日日帰り)と回ったとか。明日は青森経由で函館に行き、1泊したあと、また新幹線で東京に戻って、川崎のホテルに泊まり、八景島シーパラダイスを見学するらしい。

ハードスケジュールにもかかわらず、高さん夫婦も子供たちも全く疲れた様子がない。こちらは聞いただけで疲れてしまったくらいなのに。

DSC06481.JPG
ホテルの近くの居酒屋で食事。以前は刺身など食べなかった子供たちも今では寿司も大好き。特にホッケの開きが気に入ったみたい。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

台湾女性を案内する [友達]

昨年9月、プラハの街角で出会った台湾人女性、キャロルとディナが来日。お互いの都合が今日だけ一致したので、東京を案内した。

東日本橋のホテルに彼女たちを訪ね、地下鉄で浅草へ。浅草から水上バスに乗り、浜離宮に移動。そこからタクシーで皇居前広場へ行った。あとは銀座まで歩いて、居酒屋で夕食。

キャロルとディナは高校の同級生で、34歳、シングル。2人とも外資系の銀行と会計事務所で働いている。会計事務所勤務のディナは特に忙しく、夜中まで仕事をすることがあるとか。バリバリ仕事をして、結婚しない女性が増えているのは台湾も同じらしい。

2人は1日に到着後、秋葉原、新宿、都庁、築地市場、吉祥寺、井之頭公園に行った。明日は箱根に、明後日は河口湖に泊まり、東京に戻って2泊し、帰国する。

1.JPG
浅草寺は修学旅行生と外国からの観光客で、大賑わい。

2.JPG
吾妻橋を渡った所にあるアサヒビールのカフェで昼食。

3.JPG
水上バスで浜離宮に向かう。

5.JPG6.JPG
浜離宮はさつきの花が盛りを過ぎ、ハナショウブが咲き始めていた。

4.JPG
休憩所で抹茶をいただく。台湾のお菓子はあまり甘くないので、彼女たちには生菓子が甘すぎると感じたようだ。

7.JPG
皇居前広場から大手町方面を眺める。

銀座まで歩いて、居酒屋で夕食。

8.JPG
お通しは鮎の稚魚の南蛮漬け。
9.JPG
ナスの田楽の冷製
10.JPG
鶏の串焼き
11.JPG
鯛の刺身としめ鯖
12.JPG
天ぷら盛り合わせ
13.JPG
アボガドとカマンベールチーズの天ぷら
14.JPG
鮭入り焼きおにぎり
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

10回目の高校クラス会 [友達]

昨日は高校のクラス会で成田山に1泊した。2年に一度のクラス会も今回で10回目。震災の年の6月に予定されていた会は幹事が避難する事態となり、1年延期されたので、第1回開催から19年経ったことになる。

今回の参加者は9名と今までになく少なかった。その代り、全員参加型のおしゃべりができたのはよかった。主な話題は原発事故と故郷福島の現状と未来。地元でも避難区域の住民との間に微妙な分断が生じているらしい。何時間しゃべっても次々とさまざまな話題が出て来て、やっぱり女の脳は男とは違うなあと感じた次第。

2年後は栃木県担当と決まった。卒業してから、ちょうど50年の節目の年となる。次回も再会できるよう、お互い元気でいましょうねと別れる。

1.JPG
京成成田駅から徒歩で宿へ向かう。土産屋と鰻屋が多い。

2.JPG
成田山門前にある旅館「若松本店」がクラス会の会場と宿。

3.JPG4.JPG
名物の鰻も出た。

5.JPG
幹事のIさんが手作り品をプレゼントしてくれた。IT関連企業でマネージャーをしていた彼女は、退職後は和裁、刺繍、パッチワークと布相手の手仕事三昧。何時間やっていても飽きないというから、すごい。

6.JPG
朝5時に起き、一風呂浴びて、5時半からの本堂での御護摩祈祷を見に行く。早起きして、お祈りしたせいか、朝食を美味しくいただけた。

7.JPG
10時からボランティアガイドと共に総門前から成田山ツアーへ出発。詳しく説明していただき、3時間近くかかった。

8.JPG
仁王門

10.JPG
大本堂と三重塔

11.JPG
11時からの御護摩に向かうお坊さんたち。

12.JPG
一切経堂の入り口の額は、白河藩主松平定信公の筆によるもの。

13.JPG
3つの池のうちのひとつ。

14.JPG
タイサンボクの花

15.JPG
1時半過ぎに寿司屋で遅めの昼食をとり、解散。暑かったので、歩き回ったあとのビールは最高に美味しかった。㖬
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

再移住先はチェンマイ [友達]

遂に真夏日到来。テニスクラブに向かう途中、あまりの暑さに引き返そうかと思ったくらいだ。ゲームの間に長い休憩を取り、なんとか2ゲームする。

前のテニスクラブで一緒だったアテネ在住のAさんからメールが届く。家が売れたので、8月中旬にチェンマイに移住しますと書いてあり、住む予定の家の写真が添付されていた。

気候が良くて、物価が安いギリシャに魅かれて、20年前商社を早期退職し、奥さんの故郷アテネに移り住んだAさんが再移住を考えているとクリスマスカードで知った時には正直驚いた。

理由は、ユーロが導入されて以来、ギリシャの物価が高くなったこと、アベノミクスの影響で円安になり、円ベースの年金生活者にはゆとりがなくなったこと。それで、いろいろ検討した結果、タイのチェンマイに移ることにしたらしい。

チェンマイには日本の年金生活者が600人前後住んでいて、テニスコートもたくさんあるとか。12年前、チェンマイ郊外の山の中のリゾートホテルに1週間ほど滞在したことがある。街に出た時に長期滞在しているという日本人夫婦に出会って、アパートを見せてもらった。ワンルーム的な部屋だったが、家賃を聞いてあまりの安さにびっくりしたのを覚えている。

Aさんはアテネでテニス三昧の生活をしていたから、チェンマイでも当然テニス中心の生活になるのだろうけれど、70代後半で新生活をスタートさせるのは大変じゃないのかなあ。それに、娘さん(ギリシャ人と結婚)やお孫さんと遠く離れてしまう奥さんが気の毒。亭主関白のAさんのことだから、有無を言わせずに決めたのかもしれないが。

秋以降にちょっと様子を見に行ってみるかと連れ合いと話している。

DSC06313.JPG
北海道からの到来物、今が旬の時鮭。脂がのっていて、美味。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

友人がスペイン巡礼路三度目の制覇 [友達]

午後からテニス。2ゲーム続けてやったら、もうへろへろ。蒸し暑くてバテたと弱音を吐いたら、Tさんに真夏の35度の中でやることを思ったら、まだまだ楽でしょうと言われる。確かにそうなのだけど、体がついていかない。2ゲームだけで終わりにして、早々に帰ってきた。

昨日、米国の友人ディックから、無事サンチャゴ・デ・コンポステーラに到着したとのメールが届いた。フランス側のピレネー山脈の麓の村を4月17日に発って、800kmの巡礼路を37日間かけて歩いた。初めは奥さんのジャンと一緒だったが、ジャンは予定通り300kmだけ歩いて先に帰国。

santiago.jpg

ディックにとっては、今回が3回目の巡礼。1回目は2011年、連れ合いと2人で歩き、サンチャゴまで100km手前のサリアで私とジャンと落ち合い、4人で歩いた。次は2012年、孫娘を事故で亡くしたジャンと家族のために1人で巡礼に出た。

スペインの巡礼路は一度歩くと、はまるらしく、何度も歩いたという人が結構いる。いろいろなルートがあるが、最もポピュラーなのがフランス側からの800kmの道。パリから歩くと2000kmだそうだ。サンチャゴへの巡礼は1000年以上前に始まったが、昔は何千kmも離れたヨーロッパ各地から徒歩で向かったわけで、今みたいに途中に宿やレストランがあるはずもないし、まさに難行苦行だったのではなかろうか。

私は5日間で100kmちょっとしか歩いていないので、一度はピレネーを越えてみたいなあと思うが、今となっては体力に自信がない。

たこ.jpg
メリデという町の名物タコ料理。3年前と同じ店で食べたけど、覚えている?とディックから送られてきた写真。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
メッセージを送る