So-net無料ブログ作成
検索選択

「ウエスト・サイド・ストーリー」を見る [暮らし]

渋谷の東急シアターオーブで2時から、ブロードウェイ・ミュージカル「ウエスト・サイド・ストーリー」を見た。レナード・バーンスタイン生誕100年記念ワールドツアーと銘打たれた公演。

DSC04603.JPG

初演は1957年で、1961年に映画化された。映画でのジョージ・チャキリスの迫力あるダンスが強烈な印象として残ったことを覚えている。舞台で見るのは初めてだったけど、さすがブロードウェイのメンバー、歌唱力もダンスの技も秀でていた。

ちょうど40年前の夏、アメリカのクリーブランドに3カ月滞在した折、今は亡きローエスがクリーブランドオーケストラのコンサートに連れて行ってくれた。その時の指揮者がバーンスタインだったことを思い出した。

昼間の公演だからか、昔映画を見た人が多かったからか、ミュージカルにしてはシニア(特に女性)の観客が目立った。たまには、生のミュージカルもいいねと連れ合いと満足して帰宅。

DSC04604.JPG
帰り道、目黒の「とんき」に寄って、トンカツの夕飯。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

思い出の着物をパンツにリフォーム [暮らし]

ちょっと暑さも一休みの曇天の日曜日。昼過ぎに雨が落ちてきたので、どんどん降れと願ったにもかかわらず、大して降らないで止んでしまった。今度は秋田が豪雨で大変なことになっているが、日本国中まんべんなく、ほどほどに降ってくれるといいのに。

80年前に母方の祖母が織った母の着物を義妹に頼んで、パンツにリフォームしてもらった。40年前に洗い張りして、仕立て直したものを母からもらって、何度か着ていたものだ。もう着物を着るのが億劫になったし、リサイクルショップに持って行くのも忍びないので、思い切って気楽に身に着けられるパンツにした。紬なので、さらっとして、たいそう穿き心地がよい。季節にかかわらず、使えそう。

それにしても、着物になるまでの行程を考えると気が遠くなる。昔の農家は自給自足だったから、女たちは農閑期にコツコツと機織りをやったのだろうな。母には2人の姉がいたので、叔母たちも嫁に行く時に手織りの着物を持って行ったらしい。

40年近く前、祖母の法事にこの着物を着て行ったら、叔母や従姉たちが我が家にもあったはずだけど、半纏や布団の側にしちゃったわ、もったいなかったなあと言われた。

DSC02220.JPGDSC04499.JPGDSC04504.JPG
コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

チェコビールでチェコ料理を味わう [暮らし]

梅雨が明けたけれど、嬉しいどころか、むしろ雨が恋しい。この晴天が当分続くと思うと、かえって気が滅入る。

昨夜は午前様の帰宅。親戚でチェコ語翻訳者のY子さんが主宰する会にしばらくぶりで出席した。会場はいつもと同じ四谷三丁目の「だあしゑんか」。チェコ関連の本が置いてあるチェコ料理のお店で、チェコビールも飲める。

Y子さんは10年前にこの会を始め、既に50回とか。彼女の友人や知人など毎回10人前後の人が集まる。昨夜は出版社の方や武道家もいらしていた。年齢層も20代から60代までいて、ベルリンの壁の話題ひとつとってもそれぞれの年代で覚えていることが違うので、面白い。現役の皆さんとのお話はとても刺激的で、脳の活性化に役立った。

Y子さんは今年もプラハに1カ月滞在するそうだ。私が1人でプラハに行った時に彼女はお母さんのK子さんと滞在中で、夜は食事やオペラに付き合ってもらった。あれからもう4年も経つのねと2人で話した。再訪したいなと思いながら、いまだ実現できずにいる。

DSC04488.JPG
店内の棚には本がぎっしり。

DSC04489.JPG
チェコの代表的なビール、ウルケルの生
DSC04486.JPG
前菜盛り合わせ1人用(ミニハンバーグ、ロールチキン、カマンベールチーズのマリネ、ザワークラフト、ポテトサラダ)
DSC04490.JPG
冷製スープ
DSC04491.JPG
ブランボラーク(ジャガイモのパンケーキ)
DSC04494.JPG
鶏の串焼き。ほかにデザートと紅茶。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

肺炎球菌ワクチンの接種 [暮らし]

今日はこの数日の間では少し涼しく感じられた。涼しいうちに外出しようと整形外科に行ったら、すごい待ち人!皆、考えることは同じなんだ。1時間くらい待ってようやく順番が来た。打撲してからちょうど3週間。X線を撮ってもらった結果、8割方骨がついているけど、テニスはまだ無理との診断。この暑さの中、テニスをする気は全くないので、落胆はしなかった。入浴がOKになったのがなにより嬉しかった。シャワーだけでは、どうもすっきりしないし、疲れがとれないような気がする。

ついでに肺炎球菌ワクチンを接種してもらった。来年3月までに70歳を迎える人に区から自己負担額4千円で出来ますよという通知が来ていた。どれだけ効果があるかどうかわからないけど、とりあえず、受けることにした。

なんだかんだと言っても、古希ともなれば、体にガタがくるのは確実。今のところ、処方された薬もサプリメントも一切飲んでいないけれど、インフレエンザのワクチン同様、一応は素直に受けてみようかと。

むくげ.jpg
夏の花では好きな木槿があちこちに咲いている。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

東京から脱出したい [暮らし]

昨日は朝から夜までずっと冷房をつけていて、寝る時に消したが、途中で暑さのため目が覚めた。長時間冷やされていたせいか、朝起きたら、どうも体がだるい。

今日はなるべく冷やさないでいようと思ったが、2時頃になったら室温が30度に。窓という窓を開け放ち、短パンにノースリーブのシャツという恰好でも、本など読める状態ではない。仕方なく、また冷房に頼る羽目に。この猛暑があと1カ月以上続くと考えただけで、気持ちが萎える。

東京からの脱出を考えなくてはと、山の中にある温泉をネットで検索。何軒か当たって、ようやく予約が取れた。来月初めは数日間、山籠もりするつもり。

DSC04424.JPG
近所の夾竹桃。暑苦しい花であまり好きではないが、ピンクはまだまし。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

朝のうちに豆を煮る [暮らし]

まだ梅雨明けしていないのに、一向に雨が降らない。夕立でもあれば、少しは涼しくなるだろうが、毎日カンカン照りの天気。

2部屋が南西向きのため、冬は暖かくていいけど、夏は昼過ぎから猛烈に暑くなる。玄関のドアから窓という窓をすべて開け放って、熱を遮るといカーテンを引き、ブラインドを下ろして、なんとかやり過ごしている。夜は竹シーツを敷いて寝る。まだクーラーをつけていないが、そろそろ我慢も限度かな。

台所は陽は当たらないけど、冷蔵庫の放熱と料理をする時のガス熱で暑い。煮物をするなら、朝のうちと明日のそば会に出す白花豆を煮た。昨日はつけ汁を仕込んだし、当日はサッとできるものばかりにするつもり。とにかく、夏は長時間台所に立つのは御免だ。

DSC04443.JPG
北海道産白花豆500gを北海道産のてんさい糖で煮る。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

夏恒例、マンションのバーベキュー [暮らし]

朝からカンカン照り。マンションのコンクリート壁が熱を吸収して、日に日に暑さが厳しさを増す。方々からエアコンの室外機の音が聞こえてくる。温風の放出により、また気温が上がるという悪循環。夏だけは都会暮らしから逃げたいと思ってしまう。

夕方から、マンションの裏庭で恒例のバーベキューパーティーが開かれた。理事会のメンバーが準備して、開催する。会費は一家族につき2千円で、アルコール類は各自持参。理事は毎年持ち回りなので、入居者はだれでもバーベキューを担当することになる。同じ屋根の下に住んでいても、日頃はめったに顔を合わせない人たちばかり。バーベキューはそんな人たちと飲んだり、食べたりしながら話せる貴重な機会だ。

一時はシニアマンションになり果てるかもと危惧したが、ここ数年の間に若い世代が入居して、小さなお子さんが増えた。今夜も赤ちゃんから小学生まで3人のお子さんがいる家族が2組もいたのに驚く。このマンションだけは少子化なんて関係なさそうという話になった。

DSC04411.JPG
近所迷惑になるので、パーティーは5時から8時まで。

DSC04406.JPG
キュウリと干しエビの和えものを差し入れする。

DSC04414.JPG
最後は砂場で、子供たちのための花火。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

体重が増えつつある? [暮らし]

九州は豪雨で大変な被害が出ているというのに、東京は夏空の日が続く。小さな国でこれほど気候が異なる国はあまりないのではないかと思う。

昨日は尾山台の行きつけの鍼灸院へ。左足に負担をかけまいとして、どうしても右足に力が入ってしまう。その結果、体のバランスが崩れて、あちこちに凝りが。鍼とお灸でほぐしてもらったお陰で、体がゆるみ、心地よい昼寝ができた。

家にこもってばかりでは気持ちが塞ぐので、今日は図書館に本を返しながら、また数冊借りて来た。時代物、ミステリー、随筆とジャンルを選ばずに乱読している。

動かないで、今まで通りに飲んで食べているためか、どうも体重が増えてきた気がする。体重計がないから、確かなことはわからないけど、すっきりと履けたパンツがなんとなくきつい感じがするのだ。気を付けねば。

DSC04382.JPG
今朝は煎茶ではなく、久しぶりに抹茶を飲む。茶碗を夏茶碗に変えて、気分一新。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

健診の数値に惑わされない [暮らし]

3日に整形外科で足を診てもらい、4日は以前から予約していた胃内視鏡検査を受けた。診療所は自宅から徒歩15分の所にある。足の状態によってはキャンセルすることも考えたが、歩けないことはないので、予定通り朝向かった。

何度か胃潰瘍を患っているし、長年慢性胃炎と診断されているので、年に一度検査を受けている。一度鼻から挿入する方法を試したら、かえって苦しかったため、もっぱら口からの挿入。ピロリ菌の除菌をしてから10年経つのに、いまだ胃は荒れているらしい。何十年もピロリ菌の住処になっていたから、もうきれいにはならないのかも。

先月、同じ診療所で区の健診を受けたので、医師からその結果の説明もあった。相変わらずコレステロール値が高い(HDL:120、LDL:126)。でも、先生はそもそも日本の基準値は低いから、これくらいなら気にすることはありませんよと言ってくれた。

帰宅したら、「通販生活」の雑誌が届いていた。グッドタイミングに「高齢者は下げすぎに注意 血圧 コレステロール 血糖値の新常識」という記事が掲載されていた。「コレステロール=悪」は古い常識です。薬も自己判断でやめて問題ありませんと書かれている。薬は飲んだことはないけれど、降圧剤にしろ、コレステロールを下げる薬にせよ、製薬会社の利益のために基準値を低く設定しているのかとつい疑ってしまう。血圧についても、リスクが多いので、70歳を越えたら降圧剤はできるだけ飲まないほうがいいと記事にあった。

DSC04344.JPG
駒ヶ岳温泉近くに咲いていたヤマボウシ
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

そば会の準備 [暮らし]

田舎からそば粉と野菜、北海道からアスパラが届き、今日は明日のそば会の準備。1月の新春そば会に次ぐ大勢での宴会で、しかも開始が午後1時。簡単な料理ばかりとはいえ、テニスに行く余裕はなかった。

荷物持ちを伴って、午前中に近くのスーパーへ買い出しに行く。お昼を食べて、そそくさとテニスクラブに向かう連れ合いを見送り、台所に立った。花豆を煮ながら、鮎を揚げ、南蛮漬けを仕込む。そのあと、ナスを蒸したり、蒸しナスにかけるタレを作ったりしているうちに夕ご飯の支度をする時間になる。大したことしていないのにあっという間に夕方。

昔と比べると、何をやっても時間がかかるようになっているなあと嘆息する。現役時代、週末にお客をする時は午前中テニスをして、午後から料理なんて当たり前のごとくこなしていた。どうしてそんな芸当ができたのか、今では信じられないくらいだ。足腰も加齢による衰えが顕著だが、頭も同様だわ。

DSC03906.JPG
解凍した鮎は、大きいのは塩焼きにして今晩のおかずに。

DSC03907.JPG
小さいのは片栗粉をつけ、二度揚げして南蛮漬けに。
コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

マンゴーで台湾に思いを馳せる [暮らし]

まだ腰の具合がいまいちなので、昨日に続いて今日もテニスはお休み。立ち上がる時にちょっとした痛みがあるだけだが、明後日のそば会、来週帰省しての母の介護などの予定を考えると、これ以上悪化させるわけにはいかない。

そばのつけ汁を仕込んだり、豆を浸したりしながら、のんびり本読みをしていた。ざっと献立を作ったが、明日田舎から届く荷物の中身を見てみないと最終的には決められない。

そば会に出席予定の熊本在住の知人から肥後マンゴーが届いた。宮崎でマンゴーが栽培されているのは知っていたが、今では熊本産もあるらしい。木で熟成させたとかで、箱を開けたら、マンゴーの甘い香りがした。前もって届いた葉書に、一番大きいのはお二人で食べてくださいと書いてあったので、明日の朝味わうつもり。スーパーで宮崎産のマンゴーを見かけても、値段に驚いて買ったことがなかったから、国内産を食べるのは初めて。

DSC03905.JPG

マンゴーを見たら、しばらく夏の台湾に行っていないことを思い出した。今頃行くと、ライチ、マンゴー、タイからのドリアンと私の好きな果物がずらりと並んでいる。暑いけど、果物を食べるなら、台湾はやっぱり夏だな。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

到来物の実山椒 [暮らし]

どこへも出かけず、家で読書三昧の一日を過ごす。腰の具合は大分良くなったので、明日はテニスに行けるかもしれない。

ブリスベンのシャロンから、膝痛で整形外科で見てもらったら、体重を落とすように言われ、3kg減量したというメールが届いた。当分の間、テニスは止めて、水泳と自転車こぎで筋力を鍛えると書いてある。あのタフなシャロンでさえ、加齢には勝てないのだから、私があちこち痛いのは当然だわと居直る。

先だって、田舎の友達から実山椒が送られてきた。早速、夫に枝から実を切り取ってもらい、茹でた。しばし、水に浸けておいてから、ざるの上で乾かし、小分けして冷凍保存にする。山椒ちりめん、昆布の佃煮、サンマやイワシの煮つけに重宝する。

DSC03861.JPGDSC03863.JPGDSC03867.JPG

実家には2本の山椒の木があったので、母が住んでいる頃は毎年その木から採って、冷凍保存して使っていた。今はそこに行くこともないため、友人の心遣いが本当に嬉しい。デパ地下などには売っているようだが、近くの八百屋やスーパーでは全く見かけない実山椒。大切に使わねば。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

引きこもって、昆布の佃煮を仕込む [暮らし]

空模様が怪しかったので、朝の洗濯を控えていたら、そのうちに青空が。晴れそうだと急いで洗濯機を回し、干す。お昼を食べて、いざテニスへと思っているうちに、なんだかいやな雲が出て来た。連れ合いは迷わず出かけて行ったが、膝や腰に違和感がある私は休養する方を選ぶ。

引きこもって、明後日の出張そば会のためのつけ汁を仕込んだり、昆布の佃煮を作ったり、本を読んだり、ぐーたらに過ごしていた。心配した通り、2時頃から強い雨が降り出す。やっぱり行かなくて良かった。今日の判断は正解。

DSC03794.JPG
出汁をとった昆布を冷凍保存しておき、ある程度の量がたまったら、冷凍保存の実山椒を入れて佃煮にしている。
コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

豆ご飯の季節なので [暮らし]

朝9時からテニス。曇っていたけど、蒸し暑くて疲れた。先週に引き続き、帰りがけに中延の「天心」でお昼。女将さんにまずはビールねと先に言われてしまい、思わずハイと答えてしまう。生ビールを一気に飲み干し、鶏のから揚げ定食を完食。これでは、テニスで消費したエネルギー以上に摂取してしまったような気がする。

今朝は豆ご飯にした。空豆は茹でたり、鞘付きのまま焼いたりしてつまみに、またはさっと茹でてて皮をむき、牛肉やエビと炒めたりするので、使う頻度が多い。でも、エンドウ豆はご飯に入れるくらいなので、旬の時期に1-2度買うだけ。そして、豆ご飯を作り、季節のものを味わったと自己満足している。

DSC03772.JPG
最初から豆を入れて炊いた。色は悪くなるけど、その方が美味しい。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

新生姜の季節到来 [暮らし]

スーパーに行ったら、もう新生姜が出ていた。6月から8月くらいまでが新生姜が出回る時期だが、新生姜を見つけると買わずにはいられなくなる。

DSC03736.JPG

梅酢などで酢漬けにもするが、何と言っても佃煮が一番のお気に入り。何度か作っては冷凍保存して、半年間くらい朝ご飯のおかずにしている。

DSC03739.JPG

作り方は超簡単。スライスした生姜を10分ほど茹でてから、しばし水にさらし、ざるにあげる。それを鍋に入れて、醤油・砂糖を加えて、汁がなくなるまで煮て、たっぷりの削り節と胡麻を加えるだけ。ご飯にぴったりのおかずで、特に暑い夏には食欲が進む。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ヒトも断捨離したい [暮らし]

朝から青空が広がった。気温がぐんぐん上がり、日当たりのいい部屋にいたら、まるで真夏のような暑さ。これじゃテニスは無理と家に引きこもっていた。

来月の高校のクラス会の名簿作りや返事が来ない人への再通知やらで、パソコンの前で過ごす。隔年で開催していたクラス会を今年から毎年開くことになり、Mちゃんと私が今年の幹事を引き受けた。今後は少しでも幹事の手間を減らすために、お知らせは原則としてメールにしようということにした。3カ月前にアドレスが不明な18人に封書でクラス会の予告し、アドレスを知らせてほしい、今後通知が不要の人はその旨連絡してほしいとお願いしたら、連絡があったのはわずか7人。

その7人の中で、今後は通知不要という人が3人、現在は諸事情で出席できないけど事情が変わったら、自分から連絡するという人が2人、欠席が2人だった。返信がない人は今後も出席する意志はないものと判断して、お知らせを送る必要などないと私は考えるが、次の幹事はどうするか。

断捨離はモノばかりでなく、ヒトも同様だと思う。連絡しても返事が来ないような人に毎回通知するのは時間と経費の無駄と考えるのは、間違っているのだろうか。

DSC03723.JPGDSC03713.JPGDSC03722.JPG
一人の時は料理をサボっていたので、連れ合いが帰国するにあたって、常備菜を仕込んだ。朝茶のお茶請け用の金時豆、朝ご飯のおかずにちりめん山椒と切り干し大根煮。
コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

連れ合いがスペイン巡礼から戻る [暮らし]

4月初めから兄弟3人でスペインの巡礼路El Camino 800 kmを歩いていた連れ合いが1カ月半ぶりに帰国。フランス側からピレネー山脈を越え、37日かけて目的地のサンティアゴ・デ・コンポステーラにたどり着いた(大きな町で3回連泊しているので、実際に歩いたのは34日間)。そのあと、数日マドリッドに滞在し、美術館巡りをしてきた。

アルベルゲという1泊6-12ユーロの巡礼宿を利用し、巡礼者用定食(ワイン付きで約10ユーロ)を食べていたので、1日3-4千円で済んだとか。航空運賃を入れても四国八十八ヶ所を巡る費用より安いかもしれない。

連れ合いの話によると、米国の友人と歩いた6年前より、巡礼者がかなり増えているそうで、統計を見ても、2011年は18万人だったのに2016年は28万人に迫る勢い。世界中で巡礼がブームになっているのだろうか。

国別ではスペインが5割で、ドイツ、イタリア、フランス、ポルトガルと続くが、アジアでは韓国がダントツ多い。2015年は日本人約1,200人なのに韓国人は約4,100人。そのうちに中国人が増えてくるかも。

DSC03715.JPG
羽田で出迎える。弟たちは国内ターミナルに移動して、札幌へ。

DSC03720.JPG
宿やバルで、クレデンシャル(巡礼手帳)にスタンプを押してもらう。サンティアゴに着いたら、クレデンシャルを持参し、大聖堂の事務所で証明書をいただく。徒歩は100km以上、自転車は200km以上が条件。

DSC03721.JPG
巡礼証明書。ラテン語で書かれている。私も6年前、114km歩いたので、この証明書をいただいた。

DSC03717.JPG
距離証明書。799kmと記載されている。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

一人暮らしは楽そうで楽でない [暮らし]

10日ぶりにテニスに行く。風があったり、時折曇ったりしたので、思ったほど汗をかかなかった。しばらくやっていなかったせいか、どうも足が動かないし、フレームショットばかり。競った試合を2セットやって、早々と終わりにする。

亭主留守のため、のんびりして楽でしょうと周囲から言われる。でも、かえってやることが増えて大変。掃除機かけ、風呂の掃除、食器洗い、ゴミ出しは相方の担当のため、これを全部自分でやらざるを得なくなった。面倒で仕方ない。楽になったのは食事の支度と買い物くらいか。今までも簡単にできるものしか作らなかったが、一人になったら、ますます手のかからない超簡単な料理ばかり。それにもかかわらず、アルコールだけは毎晩ちゃんと食卓に出ているのだから、我ながらあきれる。

DSC02769.JPGDSC02775.JPGDSC02771.JPG
弟の家の庭に咲いていた花たち。ヒマラヤユキノシタ、スズラン水仙(スノーフレーク)、ラッパ水仙。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

器ものを少しずつ手放す [暮らし]

あまりの風の強さに恐れをなし、今日はテニスを諦めた。家にこもって、手紙書きと読書のあと、冬物の整理をする。

最近は衣類を買っていないのにもかかわらず、必要以上に着る物があるなあと嘆息する。連れ合いには下着以外はもう死ぬまで買う必要がないからねと言ってあるが、自分も同じ。我が家に見えた人たちからは物がなくて、すっきりしているわねと言われるが、これが結構あるんだなあ。

古希ともなれば、器ものだってせいぜい使って10年。いっとき陶磁器にはまって、いろいろ集めたが、ここらへんで減らしていくことにした。自分より若い人たちに使ってもらいたいので、先日のそば会では皆さんにぐい吞みを差し上げた。Rちゃん宅にお呼ばれした際には料理上手な彼女なら使ってくれるだろうと青磁の大皿を持参。

これはだれにあげようかなと考えるのも結構楽しい。作家さんも飾っておかれるより、使ってもらった方が嬉しいはず。

DSC02687.JPG
マンション前の桜が開花宣言から15日目にようやく満開。

明日から10日まで母の介護手伝いで弟の所へ。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

長倉洋海さんの写真展へ [暮らし]

朝一番で鍼灸院に行き、その足で恵比寿の東京都写真美術館へ。「フォトジャーナリスト長倉洋海の眼ー地を這い、未来へ駆けるー」を見に行く。

1.JPG2.JPG

釧路出身の長倉さんの写真展には何度か行っているが、今回は彼の集大成とも言うべき作品展で、かなり見ごたえがあった。内戦、難民、貧困という環境下で必死に生きる人々や子どもたちの写真に圧倒される。どんな時代であろうと、人と出会い、人を見つめることでしか、次の時代も新たな世界も見えてこないという長倉さんの言葉に納得させられた。

恵比寿に向かう際、目黒川沿いを歩いたが、桜は見頃まであと少し。自宅の前の桜並木も同様で、満開まであと2日はかかりそう。

3.JPG4.JPG5.JPG
目黒川の桜

6.JPG
自宅前の公園
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
メッセージを送る