So-net無料ブログ作成
検索選択

新生姜の季節到来 [暮らし]

スーパーに行ったら、もう新生姜が出ていた。6月から8月くらいまでが新生姜が出回る時期だが、新生姜を見つけると買わずにはいられなくなる。

DSC03736.JPG

梅酢などで酢漬けにもするが、何と言っても佃煮が一番のお気に入り。何度か作っては冷凍保存して、半年間くらい朝ご飯のおかずにしている。

DSC03739.JPG

作り方は超簡単。スライスした生姜を10分ほど茹でてから、しばし水にさらし、ざるにあげる。それを鍋に入れて、醤油・砂糖を加えて、汁がなくなるまで煮て、たっぷりの削り節と胡麻を加えるだけ。ご飯にぴったりのおかずで、特に暑い夏には食欲が進む。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ヒトも断捨離したい [暮らし]

朝から青空が広がった。気温がぐんぐん上がり、日当たりのいい部屋にいたら、まるで真夏のような暑さ。これじゃテニスは無理と家に引きこもっていた。

来月の高校のクラス会の名簿作りや返事が来ない人への再通知やらで、パソコンの前で過ごす。隔年で開催していたクラス会を今年から毎年開くことになり、Mちゃんと私が今年の幹事を引き受けた。今後は少しでも幹事の手間を減らすために、お知らせは原則としてメールにしようということにした。3カ月前にアドレスが不明な18人に封書でクラス会の予告し、アドレスを知らせてほしい、今後通知が不要の人はその旨連絡してほしいとお願いしたら、連絡があったのはわずか7人。

その7人の中で、今後は通知不要という人が3人、現在は諸事情で出席できないけど事情が変わったら、自分から連絡するという人が2人、欠席が2人だった。返信がない人は今後も出席する意志はないものと判断して、お知らせを送る必要などないと私は考えるが、次の幹事はどうするか。

断捨離はモノばかりでなく、ヒトも同様だと思う。連絡しても返事が来ないような人に毎回通知するのは時間と経費の無駄と考えるのは、間違っているのだろうか。

DSC03723.JPGDSC03713.JPGDSC03722.JPG
一人の時は料理をサボっていたので、連れ合いが帰国するにあたって、常備菜を仕込んだ。朝茶のお茶請け用の金時豆、朝ご飯のおかずにちりめん山椒と切り干し大根煮。
コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

連れ合いがスペイン巡礼から戻る [暮らし]

4月初めから兄弟3人でスペインの巡礼路El Camino 800 kmを歩いていた連れ合いが1カ月半ぶりに帰国。フランス側からピレネー山脈を越え、37日かけて目的地のサンティアゴ・デ・コンポステーラにたどり着いた(大きな町で3回連泊しているので、実際に歩いたのは34日間)。そのあと、数日マドリッドに滞在し、美術館巡りをしてきた。

アルベルゲという1泊6-12ユーロの巡礼宿を利用し、巡礼者用定食(ワイン付きで約10ユーロ)を食べていたので、1日3-4千円で済んだとか。航空運賃を入れても四国八十八ヶ所を巡る費用より安いかもしれない。

連れ合いの話によると、米国の友人と歩いた6年前より、巡礼者がかなり増えているそうで、統計を見ても、2011年は18万人だったのに2016年は28万人に迫る勢い。世界中で巡礼がブームになっているのだろうか。

国別ではスペインが5割で、ドイツ、イタリア、フランス、ポルトガルと続くが、アジアでは韓国がダントツ多い。2015年は日本人約1,200人なのに韓国人は約4,100人。そのうちに中国人が増えてくるかも。

DSC03715.JPG
羽田で出迎える。弟たちは国内ターミナルに移動して、札幌へ。

DSC03720.JPG
宿やバルで、クレデンシャル(巡礼手帳)にスタンプを押してもらう。サンティアゴに着いたら、クレデンシャルを持参し、大聖堂の事務所で証明書をいただく。徒歩は100km以上、自転車は200km以上が条件。

DSC03721.JPG
巡礼証明書。ラテン語で書かれている。私も6年前、114km歩いたので、この証明書をいただいた。

DSC03717.JPG
距離証明書。799kmと記載されている。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

一人暮らしは楽そうで楽でない [暮らし]

10日ぶりにテニスに行く。風があったり、時折曇ったりしたので、思ったほど汗をかかなかった。しばらくやっていなかったせいか、どうも足が動かないし、フレームショットばかり。競った試合を2セットやって、早々と終わりにする。

亭主留守のため、のんびりして楽でしょうと周囲から言われる。でも、かえってやることが増えて大変。掃除機かけ、風呂の掃除、食器洗い、ゴミ出しは相方の担当のため、これを全部自分でやらざるを得なくなった。面倒で仕方ない。楽になったのは食事の支度と買い物くらいか。今までも簡単にできるものしか作らなかったが、一人になったら、ますます手のかからない超簡単な料理ばかり。それにもかかわらず、アルコールだけは毎晩ちゃんと食卓に出ているのだから、我ながらあきれる。

DSC02769.JPGDSC02775.JPGDSC02771.JPG
弟の家の庭に咲いていた花たち。ヒマラヤユキノシタ、スズラン水仙(スノーフレーク)、ラッパ水仙。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

器ものを少しずつ手放す [暮らし]

あまりの風の強さに恐れをなし、今日はテニスを諦めた。家にこもって、手紙書きと読書のあと、冬物の整理をする。

最近は衣類を買っていないのにもかかわらず、必要以上に着る物があるなあと嘆息する。連れ合いには下着以外はもう死ぬまで買う必要がないからねと言ってあるが、自分も同じ。我が家に見えた人たちからは物がなくて、すっきりしているわねと言われるが、これが結構あるんだなあ。

古希ともなれば、器ものだってせいぜい使って10年。いっとき陶磁器にはまって、いろいろ集めたが、ここらへんで減らしていくことにした。自分より若い人たちに使ってもらいたいので、先日のそば会では皆さんにぐい吞みを差し上げた。Rちゃん宅にお呼ばれした際には料理上手な彼女なら使ってくれるだろうと青磁の大皿を持参。

これはだれにあげようかなと考えるのも結構楽しい。作家さんも飾っておかれるより、使ってもらった方が嬉しいはず。

DSC02687.JPG
マンション前の桜が開花宣言から15日目にようやく満開。

明日から10日まで母の介護手伝いで弟の所へ。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

長倉洋海さんの写真展へ [暮らし]

朝一番で鍼灸院に行き、その足で恵比寿の東京都写真美術館へ。「フォトジャーナリスト長倉洋海の眼ー地を這い、未来へ駆けるー」を見に行く。

1.JPG2.JPG

釧路出身の長倉さんの写真展には何度か行っているが、今回は彼の集大成とも言うべき作品展で、かなり見ごたえがあった。内戦、難民、貧困という環境下で必死に生きる人々や子どもたちの写真に圧倒される。どんな時代であろうと、人と出会い、人を見つめることでしか、次の時代も新たな世界も見えてこないという長倉さんの言葉に納得させられた。

恵比寿に向かう際、目黒川沿いを歩いたが、桜は見頃まであと少し。自宅の前の桜並木も同様で、満開まであと2日はかかりそう。

3.JPG4.JPG5.JPG
目黒川の桜

6.JPG
自宅前の公園
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

着物をリフォームした家庭着 [暮らし]

昨夜は日付が変わった時刻、1時過ぎに床に入ったので、さすがに普段の時間に起きられなかった。11時就寝、6時起床というリズムが崩れるとどうも調子が良くない。

飲み過ぎ、食べ過ぎで重くなった体を少しでも軽やかにしようと午後からテニスへ。クラブは空いていたけど、運良くすぐにメンバーが見つかり、2セット続けてできた。やっぱり汗をかくと気分がすっきりする。それで、今夜もまた美味しくお酒が飲めてしまった。

昨年、田舎の友人からリフォーム用にいただいたウールの着物で義妹が家庭着を作ってくれた。友人のお母さんの着物で色合いが私にぴったりだし、エプロン代わりに使えるので気に入っている。昨夜のそば会に着ていたら、皆さんからとても似合うと言ってもらえた。

DSC02121.JPGDSC02539.JPG
コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

読書をしながら豆を煮る [暮らし]

雲行きが怪しかったので、さっさと掃除して、雨が降り始める前に近くのスーパーに買い出しに行く。車はもちろん自転車もショッピングカートもないため、当然運搬人を同伴。明日のそば会用の食材や飲み物を購入したので、とても一人では持てない。

午後は昨日から水に浸しておいた花豆を煮る。一度茹でこぼし、アルミホイルで落し蓋をして、弱火でコトコトと1時間半ほど煮る。柔らくなったら、砂糖を2回に分けて入れ、それぞれ10分くらい煮る。最後に少量の醤油と塩を加える。今夜一晩寝かせてから、明朝数分だけ火を入れるつもり。

煮ている間はもっぱら読書。豆は時間さえあれば、火にかけておくだけなので超簡単料理だ。そばつゆは昨日仕込んだし、こづゆ用の干し貝柱と干し椎茸も水につけて冷蔵庫に入れたし、前日までにやるべきことは終了。

DSC02125.JPG
札幌に行った時に狸小路にある北海道産食材の直売所で豆を購入。

DSC02530.JPG
煮上がった花豆。いつものごとく甘さ控えめ。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

たまにはお抹茶でまったりと [暮らし]

毎朝、朝食前に煎茶を飲んでいる。お茶請けは自家製煮豆や台湾で仕入れたドライマンゴーなどちょっともの。そして、月に2-3回は抹茶にしている。その時には和菓子を用意する。

レストランで出たデザートは食べるけれども、自分で洋菓子を買うことはない。子どもの頃はあんこが嫌いだったが、今は和菓子が結構好き。

DSC02336.JPG

抹茶を漉して、点てるのは連れ合いの役目。同じ朝茶でも、抹茶と煎茶ではなんとなく心持ちが違う。抹茶をいただいていると、ゆったりとして穏やかな気分になれる。

今日は午後からテニス。暖かくて、半袖姿でプレーしている人が何人か見受けられた。2セットしてお終いにする。もうひとつしてもいいかなというところで止めることにしている。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

桜の開花は足踏み状態 [暮らし]

朝9時からテニス。天気が良いのになぜかコートはがら空きで、Sさんと私たち夫婦の3人で1時間ほど練習していた。そのうちにポルシェのSさんが見えたので、4人で1セットする。5-5の引き分け、それもデュースが多くて疲れた。

開花宣言が出てから1週間になるのに、家の前の桜並木の開花が一向に進まない。1日頃には満開かなと期待していたのに、この分では見頃は来週にずれ込みそう。もう少し気温が高くならないとダメみたいだ。1日のそば会までにせめて5分咲きになってほしい。

DSC02418.JPG
キャベツ1個買うとなかなか減らないので、蒸してポン酢で食す。
コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

桜がほころび始める、心が弾む [暮らし]

先週マンション前の桜並木に例年通り、提灯が吊るされた。ソメイヨシノの開花宣言が出て、いよいよ春本番。近所に桜の名所がいくつもあり、満開が近づくとじっとしてはいられない。

風が強かったので、テニスは諦め近隣を散歩する。林試の森公園の桜もほころび始め、シャガやヤマブキまで咲き出しているのには驚いた。ぼんやりしているうちにどんどん季節が進んでいく。

1.JPG
ちょっと前まで咲いていた林試の森公園の河津桜は新緑に。

2.JPG
ソメイヨシノ

3.JPG
白い色のミカドヨシノ

5.JPG
シャガ

6.JPG
ヒュウガミズキ

DSC02392.JPG
ヤマブキ

7.JPG
カメたちは甲羅干し

8.JPG
目黒線緑道の小さな池にいるカエル

9.JPG
不動前のピザ屋「ベントエマーレ」でお昼を食べる。もちろん生ビール付き。
コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

ユリ根は使い道がある [暮らし]

昨日のウオーキングの疲れが残っていたが、バンコクに赴任するAちゃんがテニスをする最後の日は18日と言っていたので、午後からクラブに行く。

三連休のせいか、いつもの週末に比べて空いていた。Aちゃんと2試合できたので良かった。新任地で元気で活躍してほしい。

頂き物のユリ根を1週間ほど前に調理して味わった。出汁でさっと(1分くらい)薄味に煮たのとユリ根ご飯の2種類。いずれもほっくりとして甘味があって美味しかった。なかなか自分では買わない食材だけど、サラダやスープにしてもいいし、意外に使い道がありそう。今度見つけたら、即買いだ。

DSC02181.JPG
出汁煮

DSC02185.JPG
ギンナンと油揚げも入れた。
コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

お付き合いで20kmウオーキング [暮らし]

札幌の弟2人と兄弟3人でスペインの巡礼路を歩く予定の連れ合いのトレーニングに付き合って、今日は31,000歩、約20km歩いた。

自宅から中原街道を歩いて丸子橋へ。川崎側に渡って多摩川べりを二子玉川まで。そこで橋を渡って今度は世田谷側を下った。そして丸子橋から同じ道を戻る。

時折ウグイスの鳴き声も聞こえ、土手にはいろんな花が咲いていて、春の息吹を感じながらのウオーキングだった。スペインで歩く時の持ち物をリュックに詰めて歩いた本人は結構疲れたみたい。前回は6年前だったから、当然体力が落ちているはず。たまに連泊して、のんびり歩くそうなので、なんとかなるとは思うけれど。

0.JPG
中原街道洗足池近くの家の白モクレン

1.JPG
丸子橋を渡る。

2.JPG
丸子橋からの多摩川

3.JPG
二子玉川のビル群

8.JPG
柳の新芽が美しい。

9.JPG10.JPG
世田谷側の桜。大寒桜か?

11.JPG
菜の花

13.JPG
花大根

12.JPG
オオイヌノフグリ

14.JPG
ホトケノザ
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

久しぶりに長距離ウオーキング [暮らし]

青空が広がり、暖かい日差しが降りそそぎ、絶好のテニス日和であったが、今日は連れ合いのトレーニングに付き合って、ウオーキングに出かけた。

自宅から目黒線の緑道を歩き、目黒川沿いから白金の自然教育園へ。園内を一周して、目黒から恵比寿を通り越し、渋谷に出て、チリチリでお昼を食べた。それから、また来た道を戻り、合計24,000歩、約15km歩く。久しぶりの長距離ウオーキングは疲れたけれど、歩きながらいろいろな花に出会えたので楽しかった。春はもうそこまで来ている。

1.JPG2.JPG3.JPG
目黒線緑道に咲いていたボケ、サンシュユ、白モクレン。

4.JPG5.JPG
自然教育園

6.JPG7.JPG
新芽が出てきている。

8.JPG9.JPG
自然教育園に咲いているヤブツバキとユキワリイチゲ。

10.JPG
チリチリのトマト・チャナ豆カレー
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

満開になった河津桜を見に林試の森へ [暮らし]

春一番が吹き荒れる中、林試の森公園まで散歩に出かける。先日、フェイスブックに満開の河津桜の写真が投稿されたので、見に行かなくちゃと思っていた。

1月31日に行った時には二分咲きくらいだったが、今日は満開になっていた。あまりにも風が強くて土ぼこりが舞い上がるので、ベンチでゆっくり見物というわけにいかなったけれど、一足早い春爛漫の雰囲気を味わうことができた。

1.JPG2.JPG3.JPG4.JPG
前回は薄氷が張っていたのに、今日は水ぬるむ春という表現がぴったりの池。甲羅干し中の亀たち、楽しそうな鴨たち、そして池のほとりには福寿草が。

5.JPG6.JPG7.JPG
満開の河津桜

8.JPG9.JPG
帰りにまたしてもお気に入りのラ・ロッサでピザのランチ。いつもはマルガリータだが、今日はキノコと塩豚・青ネギにした。連れ合いは生ビール、私はスプマンテをお供にする。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

冬は青菜を切らさない [暮らし]

まばゆいばかりの春のような陽光を浴びながら、午後からテニス。ウインドブレーカーを脱いで、ベスト姿でプレーしたが、それでも汗が流れた。2試合でお終いにするつもりがメンバーが足りず、もう1試合やる羽目に。3ゲームとも6-4で、さすがに疲れた!

帰りにひいきの八百屋で、ちぢみ雪菜と菜花を買う。昨日はちぢみホウレンソウだった。冬はキュウリ、トマトなどの夏野菜は一切買わずに、青菜を毎日食べている。朝ご飯にはお浸し、味噌汁の具などで、夕食には油炒め、油揚げとの煮浸し、ナムル、鍋の具などに使う。今の時期、青菜なしには我が家の食卓は成り立たないほどだ。

DSC01851.JPG
ちぢみ雪菜はターサイに似た味。
コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

還付金を当てにして夕飯は居酒屋へ [暮らし]

近所の区の施設で、税理士による確定申告の無料相談会が開かれているのを知り、連れ合いと出かけた。

昨年、歯科の治療で医療費控除に相当する金額を支払ったが、夫の扶養者になっていない私はどうすればよいか聞きたかったのだが、なんと扶養者になれることが判明。私の年金が少ないため、ちょっとした差だが実は配偶者控除が受けられたのだ。

ずっと仕事をしていたので、扶養者になったことがない。それで、退職後も当然同じだと思い込んでいた。過去5年分は申し立てれば、還付金が戻りますから、税務署が暇になる3月末に相談に行った方がいいですよと言われる。

今回の申告でも還付金があることがわかった。それで、気が大きくなって今夜は祝杯を挙げようと近所の居酒屋へ。初めて入ったお店だったが、これがまた新たな出会いとなった。

お酒のリストを見たら、福島のお酒が多い。もしかしたら、店主は福島出身ですかとお運びの女性に聞いたら、私が下郷町の出ですと。サービス係の彼女は店主の奥さんのお母さんだった。そのやりとりを聞いていた隣のテーブルの男性4人組の2人が私らは相馬出身ですと言い出す。そこで、急に福島関連の話で盛り上がってしまった。

この店には定期的に通うことになりそう。昔ながらの気取らない居酒屋だが、温かい雰囲気が満ち溢れている。税の相談から成り行きで入った店だが、当り!だった。

DSC01852.JPG
お通し
DSC01855.JPG
ヒラメとシマアジの刺身
DSC01856.JPG
自家製コロッケ
DSC01857.JPG
カキフライ
DSC01858.JPG
鶏もものニンニク醤油焼き
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

植物の生命力はすごい! [暮らし]

朝9時から1週間ぶりにテニス。風が強くて、楽しいテニスではなかった。Sさん夫婦と2ゲームしただけで帰って来る。連れ合いはそのあとに男子ダブルスを2ゲームやって帰宅。

留守の間に冷蔵庫が空になっていたので、スーパーで食材の買い出し。連れ合いは朝は文化鍋でご飯を炊くが、味噌汁はもっぱらフリーズドライを使っている。昼はパンで、夜は外食。行きつけの店数軒を順繰り回っているみたいだ。たまには家で料理したらと言っても、やる気がないらしい。結局、できるのはそば打ちだけ。

1月3日のそば会に青梅在住のTさんが棒わさびを持って来てくれた。切り取った茎を湯飲み茶わんに挿していたら、葉っぱが出てきて花が咲いた。すごい生命力!

DSC01771.JPG

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

雪下キャベツを味わう [暮らし]

ほとんど風もなく、絶好のテニス日和。朝9時からSさん夫妻と2ゲームして、さっさと帰って来た。図書館で借りた本が数冊あり、それを読みたいので、テニスは切りがいいところで止めた。連れ合いはそのあと男性4人で2ゲームしたみたいで、私が昼食を終えた頃に帰宅。

田沢湖駅前の土産物屋で見つけた雪下キャベツを一昨日の夕食に味わった。友人がフェイスブックに会津産の雪下キャベツが甘くて美味しいと投稿したのを読んで、食べたいなあと思っていたら、温泉の帰りに寄った店にあった。

DSC01713.JPGDSC01726.JPG

台北のお気に入りの店「喫飯食堂」で、キャベツ蒸しをよく食べるので、シンプルに蒸して、ポン酢で食べてみた。ホントに甘くて柔らくて、美味!

秋にキャベツの根切りをして、雪の下で保存するという方法を編み出したのは北海道だと思うが、いまや秋田や福島でもやっているらしい。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ウオーキングで春を探す [暮らし]

テニスクラブが休みの日はとかく映画に行くことが多いが、15日以来ウオーキングをしていないので、今日は歩きたい気分だった。歩くのにも目的がないとつまらない。いろいろ考えたあげく、目黒の東京都庭園美術館で開かれている「並河靖之七宝展 明治七宝の誘惑―透明な黒の感性」を見に行くことにした。

0.JPG1.JPG2.JPG
2週間前、2-3輪ほころび始めていた林試の森公園の河津桜が気になっていたので、まずは林試の森へ向かう。日当たりの良い木は二分咲きくらいだったが、ほかは開花まであと1週間かかりそう。

3.JPG
七宝展はなかなか見ごたえがあった。七宝作家、並河靖之の没後90年を記念する回顧展で、緻密な模様と繊細な色使いが見事。大半は輸出用だったらしいが、その美しさに欧米人が魅せられたのは当然だと感じた。

4.JPG6.JPG
庭園美術館の日本庭園

5.JPG
北海道美唄出身の彫刻家、安田侃さんの作品「風」

本日の歩行距離約10km。帰り道、お気に入りのピザ屋の一つ「ピッツェリア ラ ロッサ」で遅めの昼食。今日はアルコールはグッと我慢。

7.JPG8.JPG9.JPG
平日のランチは、野菜スープとドリンクバー付きで1,080円。クアトロフォルマッジは+432円。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
メッセージを送る