So-net無料ブログ作成

台風の置きみやげをゲット [暮らし]

台風一過で数日ぶりに青空が広がった。テニス日和かと期待したが、強風が止まない。こんな風の下でテニスをしても面白くないし、散歩に行って日光浴でもしようかなと昼ご飯を食べながら、考えていて、突然ひらめいた。そうだ!未明に吹いた強い風で、ぎんなんが落ちているかも!

連れ合いを急かして、ポリ袋と使い捨てゴム手袋を持って林試の森公園へ。昨年も拾った場所に行ったら、既におばさん2人が拾っているではないの。ベンチのおじさんが、今朝は10人くらい採っていたよと言うので、時すでに遅しかとがっくりくる。

でも、探し始めたら結構見つかった。強風で吹き飛ばされ、例年より広範囲に散らばっていて、落ち葉の下に隠れているのも多かった。30分ほど夢中になって拾いまくり、なんとか目標の量(家で洗ってから計ったら1.3kgあった)になったので、不動前の「にしむら」に鰻を買いに行く。久しぶりの鰻も美味しく、大満足の一日。

DSC05591.JPG
拾う時に皮から実だけを取り出してきた。洗い桶に入れ、ゴム手袋して、実をこすり合わせるようにゴリゴリして、何度も水を取り替え、きれいにする。

DSC05594.JPG
きれいにした実を乾かす。明日から毎日少しずつ連れ合いにペンチで殻をむいてもらい、それを私が鍋の中で穴杓子の背でころがしながら薄皮をむき、冷凍保存にする。中華風炒めやこづゆに使う。

DSC05597.JPG
煎って、初物を味わう。小粒だが味はよい。仕入れはタダでも口に入るまで手間がかかる。
コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

雨の中、お茶会へ [暮らし]

連日の雨にいい加減うんざり。午前中、レインコートに雨靴という出で立ちで目白へ向かう。目白公園内の茶室で、連れ合いが働いていた会社の茶道部のお茶会が開かれていた。

連れ合いの元同僚Tさんから誘われ、彼がお点前をするというので20年ぶりに参加した。家では時折お抹茶を飲むものの、茶道のたしなみがないので、席入り前に正客の方に教えを乞うた。

1.JPG2.JPG3.JPG

雨の音を聞きながらの茶会もなかなか趣きがあってよかった。濃茶をいただいたのは初めてだったが、飲み回しという作法を面白く感じた。茶道は道具から、書、花に至るまで幅広い知識と教養が要求される実に奥の深い文化だと納得。20年前に比べて、男性部員が多いのに驚いた。
コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

薬の副作用で体調不良 [暮らし]

コート・ドールでの食事が終わった翌朝、つまり昨日の朝、1週間前に処方された骨粗鬆症の薬、アクトネル錠75㎎を初めて飲んだ。月に1回、朝起きてコップ1杯の水で飲み、その後30分間は横にならず、水以外の飲食はさけるようにと注意書きがある。

服用して数時間くらい過ぎた頃から、お腹が張るような、胃がむかつくような感じがする。夜は友人と食事して気が紛れたが、帰宅途中から倦怠感と眠気が襲ってきた。今朝目覚めたのが7時半過ぎ。あちこち関節が痛むし、頭も痛いし、熱っぽいし、まるでインフルエンザのような症状。ネットで調べたら、やはり薬の副作用みたいだ。

食欲もないので、朝おかゆを炊いて、食べたあと昼過ぎまで寝ていた。月に一度とは言え、毎月この症状があらわれるのかと思うと気が滅入る。

DSC05433.JPG
Hちゃんにいただいた手作りの甘味噌はご飯にぴったり。
コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

次々と故障が起きる [暮らし]

午後2時頃になって、ようやく雨が上がり、5日ぶりに青空が垣間見られたが、そのまま晴天とはいかなかった。喜び勇んで洗濯物をベランダに出したのに、すぐに曇り空に。全くいつになったら、秋らしい澄んだ空が拝めるのか。

午後、行きつけの鍼灸院へ。ここ2週間くらい右肩の痛みで目が覚めることがあると話したら、腱板炎ではと言われた。鈍痛というか、重ったるい感じで、以前にやった五十肩とは明らかに違う。腕が上がらないわけではないし、テニスでサーブを打つ時に痛みが走るわけでもない。

日本整形外科学会のホームページで調べたら、腱板断裂かも。明らかな外傷によるものは半数で、残りははっきりとした原因がなく、日常生活動作の中で、断裂が起きる。男性に多く、発症のピークは60代。右肩に多いことから、肩の使いすぎが原因と推測されると書いてあった。なるべく肩を使わないようにして、軽快するのを待つしかないようだ。

古希を目前にして、次から次へと体の故障が見つかり、落ち込む。還暦の時は、これからが遊び時だとすべてにやる気満々だったが、やはり10年の差は大きいと思わざるをえない。

夕飯を作ってから、料理2品携えて、Eさんの病室へ。一昨日、初めて病院食を見せてもらったが、美味しくなさそうな食事だった。差し入れするたびにEさんから美味しかったとメールが来るが、確かにあれと比べたら、私の料理はずっとましなはず。

4.JPG7.JPG
一昨日、六本木ヒルズからの帰りに麻布十番の「浪花家」に寄る。持ち帰りは30分待ちだが、お店で食べるなら、すぐにできると言われて、2階のカフェへ。煎茶とセットで600円。隣の席では香港から来たという若い男子が一人でたい焼きを食べていた。2-3年ぶりに味わったが、皮が薄くて、パリッとしていて、あんこが甘すぎないのがいい。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

イ草の香りに包まれる [暮らし]

連日の雨模様の天気に気が滅入る。午前中、荷物持ちを伴ってスーパーに買い出しに行き、夕方、我が家の夕食の一部をEさんに届け、その合間に本を読んだだけで、一日が終わる。

朝、畳さんが表替えした畳を届けてくれた。11年前にリフォームした際、琉球畳にしたのだが、宴会が多いうえに日当たりが良いせいもあり、かなり色焼けしていた。最初、区のシルバー人材センターにお願いしたら、畳はやっていないとのことで、ネットで検索して、近くの畳屋さんに来てもらった。

琉球畳は縁なしの半畳の畳で、七島イ草という茎の断面が三角形のイ草を割いて使う。しかし、最近では普通のイ草や和紙を用いた畳縁のない畳も琉球畳と呼ばれているらしい。七島イ草はイ草より7割も高いので迷ったが、やっぱり今回も本物の琉球畳にした。

来月からそば会がスタートするので、あっという間に汚れるかもしれないけど、今のところイ草の香りが部屋に満ちて、まことに快適。

DSC05447.JPG
畳自体は同じ色なのに方向を変えて敷いてあるため、光線のせいで市松模様に見える。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

田舎からの野菜でいろいろ仕込む [暮らし]

まるで夏に戻ったかのような陽気。夏物はほとんど片付けてしまったため、何を着てよいのやら困ってしまう。午後からテニスに行ったが、好天で三連休の最後の日だというのに、予想に反してクラブは空いていた。

一昨日、田舎の弟から野菜が届いた。パプリカがたくさん入っていたので、炙って皮を剥いてからマリネに、いろいろな野菜とピクルスにする。そのほか、オリーブオイルで炒めたり、肉やキノコ類と炒めたりと重宝する。スーパーで見るパプリカはオランダか韓国産。国産はなかなか手に入らない。

DSC05383.JPGDSC05386.JPG
オリーブオイル、バルサミコ、トリュフ塩、オレガノで和えた。入院中のEさんに持って行ったら、美味しかったと言ってもらえた。

DSC05385.JPG
DSC05387.JPG
ルバーブが数本同封されていたので、ヨーグルトにのせて食べようとジャムにした。ルバーブは1㎝くらいに切って鍋に入れ、砂糖を振りかけて2-3時間おき、弱火で煮た。すぐに柔らくなるので、手間要らずのジャム。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

シソの実を見つけた! [暮らし]

今朝は15度まで気温が下がったとかで、さすがに半袖は止めて長袖シャツにした。急に秋めいてきて、慌てて衣類の整理をする。午後からテニスへ。競った試合を2セットやって、もうグロッキー。

昨日、スーパーの産直コーナーで、シソの実を見つけた。シソの実は実家の庭に生えているシソからいくらでも採れたので、買うことなど思いつかなかったが、実家に行くことがなくなった今、思わず手に取ってしまった。

母のレシピで、ここ数年は自分で作っていた醤油漬けを仕込む。しごいて実を枝から外し、さっと洗い、ざるの上に広げて乾かし、瓶に入れて、醤油を注ぐだけ。ご飯にのせて食べてもいいが、我が家は納豆に入れる。調味料が付いていない納豆を食べているので、ちょうどよいのだ。

DSC05340.JPGDSC05342.JPG
八百屋でもお目にかからないシソの実をスーパーで見つけて興奮。
コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

中秋の名月に見とれる [暮らし]

朝9時から2時間ほどテニスをして、昼は家ご飯。涼しくなったせいで、ビールの味がいまいち。そろそろビールとお別れの季節かな。

夕方、歯科医院に行く途中、入院中のEさんの所に寄ったら、お見舞いに来たHさんとバッタリ。テレビは疲れるので、本がいいというEさんのために今日は家にあった文庫本を2冊持参した。病院にも図書室があるらしいが、まだ出歩けないので、借りに行けない。

帰宅する時に空を見上げたが、雲が多くてお月さまの姿なし。今夜の天気予報は晴れなのに、中秋の名月は見られないのかなあと気落ちしながら家路に着く。ところが、ちゃんとお出ましになられました。夕飯のあと、ベランダに出たら、煌々と夜空に輝く見事な十五夜が!

IMGP0236.JPG

子どもの頃は縁側にお膳を出し、赤飯やブドウ、梨などの果物をお供えしたものだが、今夜は普段同様のおかず。栗ご飯でも作ればよかったかなと思ったが、後の祭り。
コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

上野で展覧会のはしご [暮らし]

たまには芸術に親しもうと上野に出かける。まずは東京都美術館で、「ボストン美術館の至宝展」を見て、次に国立東京博物館で、『興福寺中金堂再建記念特別展「運慶」』を見た。

DSC05318.JPG

連れ合いは、40年前仕事で米国に8カ月滞在していた時にボストン美術館に行ったことがあるそうだが、ほとんど記憶にないらしい。エジプトで発掘して持ち帰ったもの、中国・日本美術、フランス・アメリカの絵画、現代美術など80点が展示されていた。英一蝶の「涅槃図」と曾我蕭白の「風仙図屏風」の日本画、それに中国の南宋時代の「九龍図鑑」が素晴らしい。

DSC05310.JPG

「運慶」展は、運慶の父親や息子たちの作品も展示されていた。それらと比べても、運慶自身が彫った像はまるで生きているような不思議な存在感があって、見る人を引きつける。見ごたえのある展覧会だった。

DSC05316.JPGDSC05313.JPG
博物館内のレストランは混んでいたので、東京文化会館のカフェで遅いお昼をとる。テラス席は空いていて、穴場だった。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

秋酒の季節 [暮らし]

午後からテニスに行ったが、結構暑かった。連れ合いの元同僚Kさんがビジターで見えたので、テニスのあとクラブハウスでビールを飲みながら、ちょっとおしゃべり。来週イタリアへハイキングツアーに行くと聞いて、いいなあ、そう言えば4月以来海外に出ていないなあと旅好きの心が騒ぐ。

酒屋さんに「ひやおろし」や「秋あがり」とラベルに書いてある酒が並ぶ季節になった。冬に仕込み、春先に一度だけ火入れをし、夏を冷たい蔵で寝かせ、9-11月に出荷する日本酒だが、程よく熟成していて美味しい。

近所の日本酒の品揃えで有名な酒屋で、会津田島の「国権」を手に入れ、早速味見をする。旨みの中に酸味も感じられ、720ml瓶が1,700円では安いと思えた美味しさだった。当分は白ワインは買わずに日本酒でいくことにするかな。

DSC05305.JPGDSC05239.JPG
日本酒だと、どうしてもこういう献立になってしまう。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

間引きキュウリでピクルス [暮らし]

昼までに雨は上がったけれど、曇天だったのでテニスに行こうという気力がわかず、近所のスーパーに買い物に行っただけ。あとは家で本を読んだり、ネットでGYAOのドラマを見たりとグータラに過ごしていた。連れ合いは当然テニスクラブへ。

昨日、八百屋で間引きキュウリを見つけ、ピクルスにちょうどいいなと2パック買う。一晩重しをして塩漬けにし、さっと熱湯を通したあとピクルス液に浸けた。冬にポテトサラダを作る時は生のキュウリでなく、ピクルスを入れるので、毎年今の時期に漬け込む。自分で漬けると砂糖や塩を加減できるのがいい。ピクルス液が残ったので、ミニトマトを湯むきして入れた。

DSC05230.JPG
塩漬けしたキュウリを沸騰した鍋に入れ、ざるに取る。

DSC05231.JPG
水1:酢1の割合で鍋に入れ、塩・砂糖・ローリエ・唐辛子・粒胡椒を加え、ひと煮立ちさせ、冷まし、ピクルス液を作る。

DSC05233.JPG
キュウリを瓶に詰め込み、ピクルス液を注ぐ。

DSC05236.JPG
ミニトマトのピクルス。箸休めにいい。
コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

高級なブドウよりこちらの方が・・・ [暮らし]

午後からテニスに行くつもりでいたが、お昼を食べていたら、黒い雲がどんどん広がってきたので、止めた。雨が降らないうちにと荷物持ちを連れてスーパーへ。家に戻って間もなく、雨が降り出し、今日の決断は正解だったと安堵する。

昨日、田舎の弟に頼んでいたブドウが届いた。JAの直売所で売られているものを送ってもらったのだが、2/3がキャンベルで、1/3がナイアガラが詰められていた。子どもの頃からずっと食べてきたブドウなのに、近所のスーパーや果物屋では全くお目にかからない。年を取って、昔の味が懐かしいということもあるが、高級化の一途をたどり、簡単に手が出ない品種ばかりになっているブドウが恨めしくて、毎年わざわざ田舎から取り寄せている。粒が小さくても、種があっても美味しい。

DSC05227.JPG
黒がキャンベル、グリーンがナイアガラ。
コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

手染め、手織りのストール [暮らし]

明け方、雨の音を聞きながら、あーあ今日もまたテニスは無理かと思いながら、寝ていた。起きた時には止んでいたけれど、雲が低くたれこめ、いつ降り出してもおかしくないような空模様だった。

昼ご飯のあと、どうしようかなとネットでクラブのコート状況をチェックしたら、一面だけ会員の姿が見えた。ラリーだけでいいからやりに行こうと2人で家を出て駅に向かっていたら、再び細かい雨が降り出す。またしても迷ったが、小糠雨でも濡れてまでやることはないと、結局テニスを断念し、途中から引き返した。

過日、田舎の親戚が上京した折、素敵なストールをいただいた。彼の同級生が福島で織物の工房を主宰していて、原料の真綿を染め、手で紡ぎ、それを織っているのだとか。蘇芳(すおう)絹媒染と書かれていたストールは私の好みの色で、とても柔らかな肌触り。これほど肌にしっくり馴染む絹製品は初めてだ。手仕事が全くダメな私でさえ、いかに手がかかっているかよくわかる。作り手に感謝しながら、身に着けることにしよう。

DSC04986.JPG
繭も1個同封されていた。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

鰻食べたさに林試の森まで散歩 [暮らし]

朝から澄み切った青空が広がった。夏空は去って、さわやかな秋晴れの一日。連れ合いはもちろんテニスに行ったが、私はいまいちその気になれず、一人で散歩に出かけることにする。

どこに行こうかなと考えているうちに、そう言えば、しばらく鰻を食べていないなあと思い至る。それなら、向かう先は林試の森公園以外ない。徒歩30分くらいの距離なので、散歩にはちょうどよい。公園からほど近い、目黒不動前の「にしむら」が最終目的地だ。

平日は閑散としている公園も日曜日とあって、結構な人出だった。それでもほかの大きな公園に比べれば、ベンチも空いているし、静か。なにより、大木がたくさんあるので、木陰でのんびりできるのがいい。近場では、ここと目黒の自然教育園がお気に入り。

1.JPG2.JPG3.JPG4.JPG5.JPG
子どもたちがたくさんいた。

6.JPG7.JPG
「にしむら」の店の前は食べる人がたくさん並んでいたけど、持ち帰りの場合は10分ほどで買える。白焼きと蒲焼を一串ずつにした。夜はご飯は食べないので、両方とも酒の肴。白焼きはわさび醤油でもいいが、塩で食べると白ワインに合う。よって、今夜のお酒はビールと白ワイン。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

西会津から野菜が届く [暮らし]

フェイスブックで、友人の知り合いである若い農業女子Kちゃんがクラウドファンディングで新しいプロジェクトを立ち上げることを知り、支援したのが5月。無事、目標額を達成したとの知らせに喜んでいた。なんとかプロジェクトを成功させてほしい。

今日、支援者へのお礼だという野菜がクール便で届いた。新鮮なうちにと枝豆とトウモロコシをすぐに茹でる。白いトウモロコシを初めて味わったが、甘い!まるで砂糖をまぶしたかのような甘さ。トマトも糖度の高いのが売られているし、野菜がどんどん甘くなっている。ほどほどでいいような気もするけど。

今夜はいただいた野菜を使い、ベジタリアン風の夕食にした。新鮮であれば、あまり手を加えないほうが美味しいと言い訳して、簡単料理ばかり。

DSC05047.JPGDSC05048.JPGDSC05052.JPG
キュウリとナスは塩昆布を加えて、塩もみして2時間ほど漬けただけ。
コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

初めての競馬 [暮らし]

午後、鍼灸院に行き、その足で連れ合いと東京シティ競馬(大井競馬場)へ。大井町駅前から競馬開催中のみ運行している直行バスに乗ったら、なんと無料だった。

昔、職場でお金を出し合って馬券を買ったことはあるが、自分で馬券を買い、生で競馬を見るのは初めて。馬券の買い方もわからないので、ビギナーズカウンターで説明してもらい、一応専門紙を購入。カウンターでいただいたガイドブックに専門紙の見方が書いてあり、それを参考に読み解いたが、初めはさっぱりわからなかった。

暑かったので、冷房の効いた1,500円の席(シニア割引で1,000円)にした。テーブルにモニターが付いていて、非常に便利。ビールを飲みながら、6レース賭けたが、最後の20:40発走のレースは見送って帰って来た。

ビギナーズラックを期待したけれど、結果は全敗。連れ合いは単勝を2回当てたが、配当が低かったため、元は取れずに終わる。まあ、大した金額を賭けていないので、数時間別世界で楽しんだ代金と思えば安いかな。

それにしても競馬場のイメージが思い描いていたものと全く違っていた。うらぶれた感じのおじさんは見当たらず、家族連れ、若いカップル、女性グループ、会社帰りのサラリーマンなど多彩な顔ぶれで、まるでテーマパークにいるみたいだった。

1.JPG
パドックにも大型スクリーンがある。

2.JPG
マークシートの投票カードに記入し、お金とカードを入れると、馬券が出て来る。

3.JPG
3階の指定席からレースを見る。

5.JPG4.JPG6.JPG
モニターを見ながらのレース見物。

7.JPG
外で見る人もたくさんいる。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

再びの夏到来 [暮らし]

朝、ミンミンゼミの鳴き声で目覚める。うるさいなあと起きてみたら、東側の部屋に強烈な朝日が差し込んでいた。朝から青空が広がったのは何日ぶりだろうか。

久しぶりに太陽の恵みを利用しなきゃとシーツなどの大物を洗濯し、布団を干し、掃除に精を出す。すべての作業を終えてから本を読み始めたら、気温が上昇し、暑い!いつものように、玄関のドアから窓という窓をすべて開け放っていたにもかかわらず、部屋の温度計は30度。

午後からテニスに行くつもりでいたけれど、止めた。以前なら、猛暑日でもクラブに向かったものだが、テニスにそれほど情熱が持てなくなったし、何事にも頑張ろうという気がなくなった。なので、前日あるいは当時の朝決めた予定も簡単にひっくり返る。その時の気分を大切にしていると言えば、聞こえはいいが、要するにますます移り気でいい加減になっているみたい。

DSC04883.JPG
朝ご飯の前に、煮豆やニンニクの蜂蜜酢漬けをお茶請けに煎茶を3-4杯飲む。それから、しっかりご飯を食べる。そして食後には果物。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

テレビがないけど、テレビドラマを見る [暮らし]

蒸し暑い一日。一部青空が見えたと思ったら、午後に予報通りにわか雨。すっきりした青空が見られるのはいつになることやら。

明日急にお客をすることになり、献立を考え、スーパーに買い出しに行く。冷凍庫にそば粉が眠っているので、連れ合いにそばを打ってもらうことにした。つけ汁を仕込み、あとは本を読んだり、GYAOでドラマを見て過ごす。

最近、気に入っているドラマは、倉本聰さん脚本の「やすらぎの郷」。放映一日遅れでパソコンで見られる。かつてテレビに関係していた人たちのための老人ホームが舞台の連続ドラマで、主演の石坂浩二はじめ八千草薫など往年の俳優たちがたくさん出演している。

さすが倉本さんの脚本。シニアが直面するさまざまな問題を面白おかしく描いていて、思わずそうだ!と膝をたたきたくなる場面が多い。そして、中島みゆきの主題歌がまた心に響く。

石坂浩二と加賀まりこが一緒に出ているシーンを見ていて、数十年前、帝劇で「オリバー!」を観た際、当時は恋人同士だったお二人がそろって来ていたのを思い出した。一緒に行った友人と加賀まりこの妖精のような美しさに見とれたものだ。

DSC04861.JPGDSC04873.JPG
去年、田舎でいただいたえごまを煎ってすり、密封容器に入れておき、冷たい麺を食べる時につけ汁に入れている。子どもの頃の懐かしい味だ。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

雨の告別式 [暮らし]

一日中雨が降り続く。東京に住む者にとっては、猛暑が遠ざかったのはありがたいけれど、今度は農作物が心配になる。明日からも数日は雨の予報。日照時間が少ないと、果物も野菜も美味しくないし、収穫にも影響する。35度以上になる必要はないが、せめてお日さまに出て来てほしい。

元同僚のHさんのお母さんが11日に亡くなり、今日の告別式に出席した。2-3年前にお父さんを亡くしているため、一人っ子でシングルのHさんはこれからは一人暮らしとなる。

入院していたお母さんがどうしても家に帰りたいと言うので、治療を諦めて退院し、退院数日後に自宅で亡くなったのだそうだ。お母さんは思いがかなって満足だっただろうし、Hさんは最高の親孝行をしたと思う。どのような亡くなり方をしても、家族にとっては悔いが残るけれど、お母さんの願いを聞いてあげたのはえらいとほめてあげたい。いまどき家で死ねるのは本当に幸せなことだ。

DSC04784.JPG
ぬる湯温泉の周囲の森に咲いていたヤマアジサイ
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

猛暑日は家にいない [暮らし]

連日の猛暑にげんなり。昨夜の就寝から朝4時まで、28℃に設定して冷房を付けっぱなしにした。朝ご飯のあと、いつものように掃除機は連れ合い、私は雑巾がけと2人で分担して掃除をしたのだが、汗びっしょりになり、シャワーを浴びる。

ネットで天気予報を見たら、予想気温が37℃で、熱中症指数は今までの「厳重注意」どころか「危険 今日は涼しい室内で」となっていた。「70歳の老人、熱中症でテニスコートで倒れる」なんてニュースに取り上げられたら、恥ずかしいじゃないのと連れ合いを説得して、渋谷に映画に行く。

昨日は連れ合いを案内して蒲田の麻雀クラブへ。先月私が30年ぶりに麻雀したことを話したら、彼もやってみたくなったらしい。2人で行ったけれど、お互い違うグループで雀卓を囲んだため、気が楽だった。私同様30年ぶりだったが、若い頃は同僚たちとしょっちゅうやっていたので、すぐに勘が戻ったみたい。まあ頭の体操になるから、たまに麻雀もいいかな。

DSC04851.JPGDSC04849.JPG
麻雀の帰りに池上の「厨房しらかわ」に寄り、夕食。ビールとワインで、ヒラメのカルパッチョをシェアして、牡蠣フライを一皿ずつ食べた。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
メッセージを送る