So-net無料ブログ作成
検索選択

『ボブという名の猫 幸せのハイタッチ』 [映画]

朝から雨。ならば映画にと銀座に行き、シネスイッチ銀座で2本見た。1本目は、実話に基づいたイギリス映画『ボブという名の猫 幸せのハイタッチ』。2012年発刊の原作はイギリスでベストセラーとなり、日本でも出版されているそうだが、知らなかった。

ロンドンでストリートミュージシャンをしているジェームズは家族にも見放され、ホームレスになっている。そして、ヘロイン中毒から立ち直るために軽めの麻薬を投与されている身。ソーシャルワーカーのお陰でアパートに入居できたが、ある日、迷い込んできた茶トラの野良猫を助ける。ジェームズからいっときも離れない猫をボブと名付けて、歌う場所にも連れて行くようになる。やがて、常にジェームズの側にいるボブのお陰で彼の歌を聴いてくれる人が増えてくる。

さまざまなトラブルに直面するも、ジェームズはボブと暮らしているうちにドラッグ依存症を克服したいという気持ちが強くなってくる。ひどい苦しみを経て、なんとか立ち直った彼の元に出版社からボブとの物語を描いてほしいという依頼がくる。

猫を助けたつもりが、実は人間の方が助けられたというお話。人は自分以外のだれかのために生きたいと自覚した時に強くなれる。ボブはひたすらジェームズに寄り添っているだけなのだが、ジェームズにとってはボブのお陰で自分は一人ではないと思えたのだった。

ボブ役の猫はボブ本人が出演している。可愛いというより、頭が良さそうな猫。日本は猫ブームだから、猫好きの人にはお勧めだが、イギリスの社会問題も描かれているので、決してほっこりするだけの映画ではない。昨年歩いたロンドンの街を懐かしく思い出しながら見ていたが、観光客には見えない影の部分を知った思い。

DSC04899.JPG
北海道の友人から昆布が届いたので、早速佃煮にした。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

雨が降る前にテニス [テニス]

午前中、図書館とスーパーに行ったが、暑かった!天気予報によると、明日から3日間雨らしいので、暑くても今日テニスをやらないと当分できないなあと午後からクラブへ。

空いていて、3面分のメンバーしかいなかったが、なんとか2セットできた。湿度が高かったせいか、実際の気温よりずっと暑く感じて、もうよれよれ。帰宅途中に雨に降られたけど、クラブに置いてある傘を持っていたので、助かった。

テニスにはまだちょっと暑すぎる季節。雨であれば、他にやることがあるので、かえってその方がいいかなと思ってしまう。どんな気象条件でもテニスコートに立ちたい人には申し訳ないが。

DSC04963.JPGDSC04964.JPG
25日、田舎に行った時に友人にいただいたブルーベリーを翌日にジャムにして、毎日ヨーグルトに混ぜて食べている。いつも使っている北海道のてんさい糖で煮たので、あまり甘くないのがいい。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

初めての競馬 [暮らし]

午後、鍼灸院に行き、その足で連れ合いと東京シティ競馬(大井競馬場)へ。大井町駅前から競馬開催中のみ運行している直行バスに乗ったら、なんと無料だった。

昔、職場でお金を出し合って馬券を買ったことはあるが、自分で馬券を買い、生で競馬を見るのは初めて。馬券の買い方もわからないので、ビギナーズカウンターで説明してもらい、一応専門紙を購入。カウンターでいただいたガイドブックに専門紙の見方が書いてあり、それを参考に読み解いたが、初めはさっぱりわからなかった。

暑かったので、冷房の効いた1,500円の席(シニア割引で1,000円)にした。テーブルにモニターが付いていて、非常に便利。ビールを飲みながら、6レース賭けたが、最後の20:40発走のレースは見送って帰って来た。

ビギナーズラックを期待したけれど、結果は全敗。連れ合いは単勝を2回当てたが、配当が低かったため、元は取れずに終わる。まあ、大した金額を賭けていないので、数時間別世界で楽しんだ代金と思えば安いかな。

それにしても競馬場のイメージが思い描いていたものと全く違っていた。うらぶれた感じのおじさんは見当たらず、家族連れ、若いカップル、女性グループ、会社帰りのサラリーマンなど多彩な顔ぶれで、まるでテーマパークにいるみたいだった。

1.JPG
パドックにも大型スクリーンがある。

2.JPG
マークシートの投票カードに記入し、お金とカードを入れると、馬券が出て来る。

3.JPG
3階の指定席からレースを見る。

5.JPG4.JPG6.JPG
モニターを見ながらのレース見物。

7.JPG
外で見る人もたくさんいる。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ビール片手に夕飯の支度 [テニス]

今朝起きて、玄関のドアを開け放したら、涼しい風が吹き抜け、生き返った気分になった。今日は曇りの予報だし、テニスをしてもさほど暑くないだろうと喜び勇んで午後クラブへ。ところが、テニスを始めたら、暑い!曇りどころか、夏の太陽が燦々と輝いていた。

なんとか2セットやって、シャワーを浴び、荷物持ちを従えて帰宅。途中で食材を調達し、家に着くなり、夕飯の支度を始めたが、のどが渇いて調理どころではない。とても夕飯までは待てないと、連れ合いにビールを注いでもらい、それを飲みながら料理をした。ビールは飲みたいと思った時に飲まないと美味しくないのだ。

いつもは、2人で500mlのビールを1本飲んだあとにワインか日本酒なのだが、今夜は食前に500ml1本+350ml1本、食中に白ワイン半本となった。

DSC04966.JPG
塙の道の駅で購入したハナニラとHちゃんにいただいたナスを一昨日炒めた。素材が新鮮だとどんな風に調理をしても美味しい。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

フレンチのランチのあとはミュージカル [食べる]

田舎から親戚のT君夫婦が娘さんの公演を観るために上京。シェフの著書は読んだことがあるけど、行ったことはないというので、ちょうどいいチャンスだと三田のコート・ドールに案内した。

食事のあと、厨房を見せてもらい、T君の高校先輩にあたるシェフとしばしおしゃべり。故郷白河の話などで盛り上がった。本格的なフレンチは初めてで美味しかったと二人に喜んでもらえたので、よかった。

食事のあと、4人で池袋に向かい、T君の娘さん、Yちゃんが出演するミュージカルを観た。Yちゃんは大学卒業後、幼稚園の先生を数年してお金を貯め、ミュージカル俳優を夢見て、専門学校に入学。現在はバイトしながら、夢を追い続けている。

食べた料理(ランチコースにアラカルトから前菜のシソのスープを2皿とって4人でシェア)
○アミューズ:赤ピーマンのムース
○前菜:シソのスープ
    アナゴのテリーヌ
○主菜:仔牛のストロガノフ
○口直し:アニスのシャーベット
○デザート:チョコレートのマルキーズ
○小菓子&コーヒー

2.JPG3.JPG4.JPG5.JPG6.JPG7.JPG8.JPG
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

小さな旅ー水郡線に乗る [田舎]

昨日、友人たちと「清華」でお昼を食べたあと、農産物直売所「道の駅 はなわ」に寄って、野菜を買い込んだ。あまりの安さにどれも買いたかったが、Hちゃんにいただいたナス、ゴーヤ、ブルーベリーもあったので、モロヘイヤ、ツルムラサキ、ハナニラ、インゲン、モロッコインゲン、キュウリ、トマトにとどめた。

そのあと、近くの磐城塙駅に送ってもらい、水郡線で水戸に出て、水戸から常磐線の特急で帰ることにした。郡山と水戸を結ぶ水郡線に乗ったのは初めて。2時間に1本くらいしか走っていない。磐城塙から水戸まで約2時間、水戸からは特急ひたちで終点の品川まで1時間半。幸いにも距離が202kmだったので、片道でも大人の休日倶楽部割引がきいた。そして、常磐線が品川まで延びていたのにはびっくり。お陰で、重い荷物を両手にぶら下げて電車に乗り換える必要がなく、品川からタクシーで帰宅できた。

水郡線は久慈川に沿った山あいをひたすら走る。林業が盛んだった地域を通るせいか、木を使った駅舎がいくつか見られた。本を読んだり、車窓からの景色を眺めているうちに水戸に到着。新幹線なら東京から仙台までの時間だけど、たまにはのんびりしたローカル線もいいものだ。

DSC04921.JPG
駅舎、町立図書館、コミュニティプラザ、物産品展示コーナーを兼ねる円錐状の建物。

DSC04924.JPG
駅舎の天井

DSC04927.JPG
町名は塙町なのに昔の名残なのか、磐城が付いている。

DSC04929.JPG
反対側のホームに行くための陸橋の上から見た駅舎。

DSC04930.JPG
水郡線の電車

DSC04932.JPGDSC04937.JPGDSC04942.JPGDSC04945.JPGDSC04956.JPG
車窓から見えるのは川と山ばかり。
コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

母に会いに行く [田舎]

7月末に老人施設に入所した母に会いに行って来た。友人のMちゃんが駅に出迎えてくれ、車で連れて行ってもらう。1カ月ぶりに会った母は変わらずに元気だったが、物忘れが進行している。

面会室で、私が持参したブドウ数粒、Mちゃんが持って来てくれたお饅頭、友人のHちゃんお手製の煮梅をしっかり食べた。食欲は全く落ちていない様子。面会室に電子レンジが置いてあるので、予め昼食をキャンセルして持参したお弁当を食べさせることができるか施設の人に聞いたら、施設が提供する食事は食べていただくことになっていますと言われた。母は鰻が好きなので、ご飯と鰻を持って行こうかと考えたが、無理みたい。

母と会った後、Hちゃんの家に寄り、3人で塙(はなわ)町の「清華」へ。久しぶりの訪問だったが、相変わらずお店は繁盛しているし、店主のOさん夫妻もお元気そうで、嬉しかった。Oさんが東京のお店にいる時からの付き合いだから、もう30年くらいになるかな。

ランチタイムの料理は限られるけど、いろいろ頼んで、3人でシェアした。

1.JPG
棒棒鶏
2.JPG
春巻き
3.JPG
水餃子
4.JPG
エビとホタテのあんかけ炒飯
5.JPG
酸辣湯
6.JPG
杏仁豆腐
コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

テニスはビールのため [テニス]

あまりに暑いので、3時頃にテニスクラブに着くように家を出た。こんな暑さの中でプレーしている人はいないかもねと連れ合いと話しながら行ったら、全面埋まるくらいのメンバーが来ていたので、びっくり。それもほぼシニアばかり。シニアの方が熱中症に強いのか。

女子ダブルスを1セットしたあと、連れ合いに練習の相手になってもらった。休みながら、なんとか1時間近くやったけれど、もう息も絶え絶え。4時頃から、風が涼しく感じられるようになった。この時期にテニスをやるなら、やっぱり夕方に限る。

疲れ果てて、夕飯を作る気になれず、近所の焼き鳥屋へ。最初の生ビールがことのほか美味しかった!この一口のためにテニスをやったんだと思わず、ほくそ笑む。

1.JPG2.JPG3.JPG4.JPG5.JPG6.JPG7.JPG8.JPG9.JPG
生ビール、日本酒、グラス赤ワインを飲み、いい気分で帰宅。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

再びの夏到来 [暮らし]

朝、ミンミンゼミの鳴き声で目覚める。うるさいなあと起きてみたら、東側の部屋に強烈な朝日が差し込んでいた。朝から青空が広がったのは何日ぶりだろうか。

久しぶりに太陽の恵みを利用しなきゃとシーツなどの大物を洗濯し、布団を干し、掃除に精を出す。すべての作業を終えてから本を読み始めたら、気温が上昇し、暑い!いつものように、玄関のドアから窓という窓をすべて開け放っていたにもかかわらず、部屋の温度計は30度。

午後からテニスに行くつもりでいたけれど、止めた。以前なら、猛暑日でもクラブに向かったものだが、テニスにそれほど情熱が持てなくなったし、何事にも頑張ろうという気がなくなった。なので、前日あるいは当時の朝決めた予定も簡単にひっくり返る。その時の気分を大切にしていると言えば、聞こえはいいが、要するにますます移り気でいい加減になっているみたい。

DSC04883.JPG
朝ご飯の前に、煮豆やニンニクの蜂蜜酢漬けをお茶請けに煎茶を3-4杯飲む。それから、しっかりご飯を食べる。そして食後には果物。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

『3月のライオン 前編・後編』 [映画]

近場で見られる映画はと思って検索したら、目黒シネマで、『3月のライオン 前編・後編』を上映していた。2本立て上映の映画館で、公開から半年くらい経った作品が多い。シニア900円なので、見逃した作品はここで見ることにしている。

原作はコミックらしいが、もちろん読んでいない。交通事故で両親と妹を一度に失った主人公、桐山零が父親の友人である棋士に引き取られるところから物語が始まる。

零は引き取られた先で将棋を鍛えられるが、棋士の娘と息子を追い越したがために居づらくなって家を出て、一人隅田川沿いのアパートに住んでいる。高校生ながら、プロ棋士として活躍し、将棋一筋の生活を送っている。ある時、川の向こう側に住む三姉妹の川本一家と知り合う。川本家の食卓に招かれているうちに孤独だった零の心が徐々に変わっていく。

天涯孤独の天才棋士の成長物語で、周囲のさまざまな人との関わりを通じて、人間として、棋士として成長していくさまを描いている。将棋の対戦場面がたくさんあるけど、将棋がわからなくても結構楽しめた。ラストシーンの名人との対局場所が立石寺とわかり、50年前の東北一人旅を思い出す。あれから半世紀かと考えたら、確かに一生なんて一瞬に過ぎないかも。

DSC04886.JPG
花屋さんは既に秋の花
コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

突然の悲報 [友達]

昨夜、連れ合いの高校時代の親しい友人からメールが届いた。件名が「無常」となっていたので、読んだ本や映画の感想かなと思って読み始めたら、1週間前に奥さんがプールで水泳中に突然死したと書いてあり、心臓が止まるくらい驚いた。

6月と7月に一緒にビールを飲み、いつものように元気そのものだった彼女が亡くなるなんて、ありえないし、信じたくもないと一日経った今でも彼女の死を受け入れられないでいる。

検死の結果は、不整脈による急性心停止だそうだが、私はほかに2人の知り合いを同じ突然死で亡くしている。元のテニスクラブで一緒だった方は50代初め、友人の息子さんは40代初めでの突然死だった。

既に身内だけでお葬式をすませたと書いてあり、Tさんが落ち着いた頃に何人かでお線香をあげに行くつもりでいるが、 悲嘆にくれているだろうTさんを思うと慰める言葉が見つからない。さっさとあちら側に行ってしまった彼女もご主人のことはさぞかし心残りだっただろう。

彼女が編んでくれた毛糸のたわしで食器を洗いながら、44年前、札幌で初めて会った時のこと、20年以上続いた多摩川でのバーベキュー、一緒に行ったベトナム、台湾、ラオス旅行などを思い出して、悲しみがこみあげてきた。

DSC04898.JPG
6月末から咲き始めたプルメリアもそろそろ終わり。落ちた花をすぐさま捨てるのはかわいそうなので、しばしぐい飲みに入れて、食卓に置いておく。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

アンチ・エイジング [つぶやき]

涼しくてテニス日和だったが、どうも出かける気になれず、引きこもって本読みをしていた。西條奈加著「まるまるの毬」と近藤史恵著「サクリファイス」を読んだが、どちらも面白かった。

アメリカの女性雑誌が、「アンチ・エイジング」という言葉を使うのを止めると宣言したというニュースを読んだ。若さに価値をおき、いかに老化を食い止めるかが常に女性誌のテーマとなってきたのに、加齢に逆らうことを止めるというのは画期的だ。

編集長は、加齢についての考え方を変えるための最初の一歩は、加齢についての語り方を変えること、そのためにアンチ・エイジングという言葉を使わないことに決めたと語っている。若くなければ美しくない、人生にはピークがあってそこを過ぎれば後は転がり落ちるだけという考え方を止めたいと。

日本の雑誌も女性向けを問わず、いかに若さを保つかという記事がやたらと多い。生物は誕生した瞬間から死へと向かうようにプログラミングされているわけで、加齢は避けられない。それに抗しようしても無駄なのに、老化を敵とみなして戦いを挑もうとする。何万円もするクリームやさまざまなサプリメントを使ったところで、別人になれるはずがないじゃないの。

古希目前の自分としては、加齢を素直に受け入れ、頑張り過ぎずに心穏やかに生きていければ、それでよし。

DSC04833.JPG
近くの公園に咲くチョウセンアサガオ
コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

そば会(番外編) [そば会]

先日、お母さんを亡くされたHさんがご両親の介護で、ここ数年我が家のそば会に来ることができなかった。冷凍保存してあるそば粉があったので、慰労のためのそば会をすることを思い立つ。

元同僚たちと女4人で、昼から6時過ぎまでお酒を飲みながら、じっくりおしゃべりした。EさんもKさんもご自分のお母さんと同居しているため、介護問題が切実。ご両親を看取ったHさんの話を聞き、介護について語り合った。なんとか頑張って親を看取ったとしても、自分たちはそのあとどうなるのだろうかというのが4人に共通した心配。全員子供がいないので、ぽっくり死ねるよう、祈るしかないのかな。

本日の献立
○牛肉・パプリカ・ズッキーニ・シメジのオイスターソース炒め
○こづゆ
○カボチャとナスの炒め煮
○トマト・キュウリ・ワカメ・タマネギ・ツナの中華風サラダ
○金時豆(北海道産)煮
○北海道産チーズ&台湾産ドライマンゴー

DSC04892.JPGDSC04895.JPGDSC04889.JPGDSC04888.JPG
コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

テレビがないけど、テレビドラマを見る [暮らし]

蒸し暑い一日。一部青空が見えたと思ったら、午後に予報通りにわか雨。すっきりした青空が見られるのはいつになることやら。

明日急にお客をすることになり、献立を考え、スーパーに買い出しに行く。冷凍庫にそば粉が眠っているので、連れ合いにそばを打ってもらうことにした。つけ汁を仕込み、あとは本を読んだり、GYAOでドラマを見て過ごす。

最近、気に入っているドラマは、倉本聰さん脚本の「やすらぎの郷」。放映一日遅れでパソコンで見られる。かつてテレビに関係していた人たちのための老人ホームが舞台の連続ドラマで、主演の石坂浩二はじめ八千草薫など往年の俳優たちがたくさん出演している。

さすが倉本さんの脚本。シニアが直面するさまざまな問題を面白おかしく描いていて、思わずそうだ!と膝をたたきたくなる場面が多い。そして、中島みゆきの主題歌がまた心に響く。

石坂浩二と加賀まりこが一緒に出ているシーンを見ていて、数十年前、帝劇で「オリバー!」を観た際、当時は恋人同士だったお二人がそろって来ていたのを思い出した。一緒に行った友人と加賀まりこの妖精のような美しさに見とれたものだ。

DSC04861.JPGDSC04873.JPG
去年、田舎でいただいたえごまを煎ってすり、密封容器に入れておき、冷たい麺を食べる時につけ汁に入れている。子どもの頃の懐かしい味だ。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

久しぶりのゲームで疲れた! [テニス]

曇り空ながらも、なんとか天気が持ったので、13日以来4日ぶりにテニスクラブへ。連れ合いにラリーの相手をしてもらったあと、約2カ月ぶりにゲームをした。

サーブが入らないうえ、いま一歩足が前に出なくて思うような試合運びができなかったが、危惧した足の痛みもなかったので、ほっとする。組んでいただいたMさんも2週間ぶりとかで、やっぱりテニスはコンスタントに週に2回以上やっていないとダメねとつぶやいていた。いたく同感。シニアにとってのブランクは元に戻るまで、若い人の何倍も時間がかかる。

なんとか頑張って2試合した。もうへろへろになったけれど、シャワーを浴びたら、気分すっきり。夕飯時のビールもワインもことのほか美味しかった。

DSC04876.JPG
酔芙蓉は太陽が出ないので、濃いピンクにならない。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

税金の無駄遣いに怒り心頭 [つぶやき]

一向に雨が止まず、気が滅入る日々。出かけるのが億劫になり、図書館とスーパーに行っただけで一日が終わる。

先日、区から「シルバー成年式」なるものの招待状が届いた。昭和22年4月2日~23年4月1日生まれの人を対象とした催しらしい。連れ合いは昨年受け取った記憶がないというから、初めての開催なのだろうか。

70歳(古希)を迎えられる皆様をお祝いし、明るく、活力のある高齢化社会を共に築いていただきたく、「○○区シルバー成年式」を開催しますと書かれている。そして、区民ホールでの記念式典やそれに続く寄席、イベント会場での内容が記されていた。

読んだ途端、なんでこんなことに税金を使うのだと怒り心頭。佐藤愛子さんの本じゃないけど、70歳何がめでたいと言ってやりたい。これには魂胆があるのではと調べてみたら、案の定、来年は区長選挙の年。要するに団塊の世代を取り込もうとしているわけか。区長の人気取りのために、くだらない企画を立てるより、その費用を将来を担う子供たちに投資してほしいと区に意見書を送ろうかな。

DSC01849.JPG
常備している缶詰はツナとコンビーフ。コンビーフはパスタやキャベツ・白菜の煮込みにも使えるので重宝。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

雨の告別式 [暮らし]

一日中雨が降り続く。東京に住む者にとっては、猛暑が遠ざかったのはありがたいけれど、今度は農作物が心配になる。明日からも数日は雨の予報。日照時間が少ないと、果物も野菜も美味しくないし、収穫にも影響する。35度以上になる必要はないが、せめてお日さまに出て来てほしい。

元同僚のHさんのお母さんが11日に亡くなり、今日の告別式に出席した。2-3年前にお父さんを亡くしているため、一人っ子でシングルのHさんはこれからは一人暮らしとなる。

入院していたお母さんがどうしても家に帰りたいと言うので、治療を諦めて退院し、退院数日後に自宅で亡くなったのだそうだ。お母さんは思いがかなって満足だっただろうし、Hさんは最高の親孝行をしたと思う。どのような亡くなり方をしても、家族にとっては悔いが残るけれど、お母さんの願いを聞いてあげたのはえらいとほめてあげたい。いまどき家で死ねるのは本当に幸せなことだ。

DSC04784.JPG
ぬる湯温泉の周囲の森に咲いていたヤマアジサイ
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

『裁き』 [映画]

朝から雨降りの天気。今日は止みそうにないので、渋谷に映画に行く。ユーロスペースで、インド映画『裁き』を見た。

ムンバイで、65歳の民謡歌手が自殺ほう助の罪で逮捕される。マンホールで死んだスラム街に住む下水道清掃人が民謡歌手の歌を聞いたがために自殺したというのが警察の主張だった。法廷では人権派の若手弁護士、保守的な女性検事、中立的な裁判官が顔をそろえる。裁判のシーンに加えて、彼ら3人の私生活も描かれる。カースト、宗教、言語が複雑に入り組んだインドの社会が垣間見られて、興味深い。

シングルの弁護士はジャズを聴きながら車を運転し、高級スーパーで買い物をし、しゃれたクラブでお酒を飲む。バスで通勤の女検事は帰りに学校に寄って、子供を引き取り、家で夕飯の支度。仕事も家事も一人でやっている。家族4人で見に行った芝居は移民排斥奨励がテーマ。つまり、検事は人種差別者のよう。裁判所が1カ月間夏休みに入り、リゾート地に出かけた裁判官。障害児を持つ父親に対して、占い師に聞いて名前を変えた方がいいとか、何とかいう石で作った指輪を中指にはめるのがよいと勧める。インテリかと思ったら、実は因習的で迷信を信じる人だった。

久しぶりにダンスシーンがないインド映画を見たが、インドの法廷場面も関係者のそれぞれの暮らしぶりも非常に面白かった。歌で民衆を扇動したとして逮捕するなんて、インドでは権力の乱用がすごいなあと思っていたら、一度は無罪放免になった歌手が今度はテロ防止法に触れたという理由で再逮捕される。結局、民衆に訴える力を持っている人は権力側にとって邪魔なのだ。日本の共謀罪も同じように利用されかねないなあと思って、ぞっとした。

DSC04870.JPG
ハチ公の写真を撮る外国人観光客がいっぱい。ハチ公はガイドブックに載っているのかな。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

テニスクラブはおしゃべりが楽しい [テニス]

天気予報では明日から雨模様なので、壁打ちだけでいいからと3時過ぎにテニスクラブに行く。週末のクラブに顔を出したのは実に2カ月ぶりで、平日はお目にかからない会員にたくさん会えた。

壁打ちの前に、酒盛りしていたほぼ同世代の男性グループとしばしおしゃべり。皆で親の介護の話などしていたら、自分の心が少し軽くなった。

壁打ちの後、連れ合いに練習相手になってもらい、一汗かく。結構疲れたけど、やっぱり運動すると頭がすっきりするような気がする。足の怪我以来、引きこもり状態になり、気持ちが外に向かわなかったが、今日のおしゃべりでテニスへの意欲が湧いてきた。会員制クラブの良さを再認識できて良かったと思った日曜日。

DSC04802.JPG
ぬる湯温泉の林に咲いていたトリアシショウマ?
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

近所の居酒屋で夕食 [食べる]

午前中、久しぶりに鍼灸院へ。一昨日、1カ月半ぶりにテニスをしたら、以前から違和感があった右腰部に痛みを感じた。足が良くなったと思ったら、今度は腰が痛い。加齢による故障が次々と起きて、めげてしまう。

涼しくなったので、テニスするにはいいなと思ったけれど、そんな訳で家で本を読んで過ごす。連れ合いは当然テニスクラブへ。気が滅入って、夕飯を作る気になれず、近所の行きつけの居酒屋に行く。

店主のお義母さんは会津出身。お盆に帰省するんですかと聞いたら、明日から5日間お店を休みにして、娘さん一家と家族7人で田島町に2泊で帰るとのこと。92歳のお父さんが待っているらしい。私も母が元気でいたら、今頃実家に帰省しているのになあと思って、ちょっと切なくなった。

DSC04854.JPG
お通しは、マカロニサラダと煮物(ジャガイモ・凍み豆腐・さつま揚げ・麩)
DSC04859.JPG
刺身の盛り合わせ(マグロ・シマアジ・鯛・タコ・トリ貝・ウニ)
DSC04856.JPG
鶏のから揚げ
DSC04860.JPG
揚げナスの味噌挟み

飲み物は生ビールのあとに日本酒(高知の酔鯨、石川の菊姫、秋田の白神山地の四季)。
コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感
メッセージを送る