So-net無料ブログ作成
検索選択

還付金を当てにして夕飯は居酒屋へ [暮らし]

近所の区の施設で、税理士による確定申告の無料相談会が開かれているのを知り、連れ合いと出かけた。

昨年、歯科の治療で医療費控除に相当する金額を支払ったが、夫の扶養者になっていない私はどうすればよいか聞きたかったのだが、なんと扶養者になれることが判明。私の年金が少ないため、ちょっとした差だが実は配偶者控除が受けられたのだ。

ずっと仕事をしていたので、扶養者になったことがない。それで、退職後も当然同じだと思い込んでいた。過去5年分は申し立てれば、還付金が戻りますから、税務署が暇になる3月末に相談に行った方がいいですよと言われる。

今回の申告でも還付金があることがわかった。それで、気が大きくなって今夜は祝杯を挙げようと近所の居酒屋へ。初めて入ったお店だったが、これがまた新たな出会いとなった。

お酒のリストを見たら、福島のお酒が多い。もしかしたら、店主は福島出身ですかとお運びの女性に聞いたら、私が下郷町の出ですと。サービス係の彼女は店主の奥さんのお母さんだった。そのやりとりを聞いていた隣のテーブルの男性4人組の2人が私らは相馬出身ですと言い出す。そこで、急に福島関連の話で盛り上がってしまった。

この店には定期的に通うことになりそう。昔ながらの気取らない居酒屋だが、温かい雰囲気が満ち溢れている。税の相談から成り行きで入った店だが、当り!だった。

DSC01852.JPG
お通し
DSC01855.JPG
ヒラメとシマアジの刺身
DSC01856.JPG
自家製コロッケ
DSC01857.JPG
カキフライ
DSC01858.JPG
鶏もものニンニク醤油焼き
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

まだ遊び足りない [つぶやき]

今日もまた午後からテニス。風が強かったが、結構にぎわっていた。

Hさんと何カ月ぶりかで一緒にゲームをする。Hさんは多分私と同世代。毎日ではないけれど、まだ仕事をしているとのこと。退職して11年の私はその間、働きたいなんて一度も思わなかった。周囲から見れば、存分に遊んだはずと思われているだろうけれど、本人はまだまだ遊び足りない感じ。ただ体力が衰えてきているのを自覚しているので、はやる心を抑えているだけだ。

書いているうちにどこかふらりと旅に出たいなあという気持ちになってきた。連れ合いが留守になる4月以降が狙い目かも。

DSC01787.JPGDSC01791.JPG
弟の愛犬。ご主人様(弟)にべったりで、私が弟の部屋に入ると、2人の仲を邪魔するなと吠える。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

若い女性を勧誘 [テニス]

昨日は食事会を終えて自由が丘駅に向かう時に雪が舞っていたが、今日は朝から晴天。食べ過ぎた分、消費せねばと午後、テニスクラブへ。連休のせいか、さほど混んでいなかった。

お試しで見えたという若い女性を紹介され、15分ほどラリーをする。聞いたら、ジュニア時代から大学までずっとテニスをしていたとのこと。家が近くで、テニスクラブの存在は知っていたが、なかなか訪ねる勇気がなかった。数年間テニスから離れて運動していなかったせいか、病気をしたので、また始めようかなと考えていると話してくれた。

そこで、私は即座にセールストーク。会員制クラブはさまざまな年代・職業の人が集まっているから、いろんな人と知り合いになれるし、仕事のストレス解消にはもってこいの場所よ。それにいつ来ても相手がいるし、ゴルフと違って予約も不要だし、空いた時間が2時間あれば十分に楽しめるわよと入会を勧めた。

ラリーの後、彼女を入れて2ゲームした。とても上手なので、入会してくれると皆さん喜ぶだろうな。特におじさんたちが。

DSC01843.JPG
今の時期のお気に入り野菜、庄内あさつき。今晩は梅味噌を使って、酢味噌和えにしたが、生で刻んで納豆に入れるのも好き。
コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

男の料理を楽しむ女子会 [食べる]

自由が丘のTさん宅でランチパーティー。男の料理を楽しむ女子会で、毎年Tさんの手料理を味わっている。Tさんは連れ合いの元同僚で、料理の腕がプロ並み。イタリアンを中心にフルコースの料理を提供してくれる。パンまで手作りで、これがまた美味しい。6人でしゃべりまくりながら、すべて平らげた。

1.JPG2.JPG3.JPG4.JPG5.JPG6.JPG7.JPG8.JPG9.JPG10.JPG11.JPG12.JPG13.JPG14.JPG
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

『僕と世界の方程式』 [映画]

雨降りのため、鍼灸院と映画に行く。恵比寿で、イギリス映画『僕と世界の方程式』を見た。2007年にBBCで放映されたドキュメンタリーを基にその時の監督が撮った作品。

ネイサンは数学には並外れた才能と興味を持っているが、コミュニケーションが苦手な自閉症の男の子。彼の理解者だった父親を交通事故で亡くしてからは、母親にも心を閉ざしてしまう。母親はそんな彼に数学の指導をくれる人を探し、息子の才能を伸ばそうとする。

その教師との勉学の結果、ネイサンは国際数学オリンピックのイギリス代表の一人に選ばれる。そして、台北での代表チームの合宿で、中国チームのチャン・メイという少女に出会い、徐々に心を開いていく。

前回見た映画『ザ・コンサルタント』の主人公も自閉症で、数字に強い会計士だった。あることについて強いこだわりがあったり、他人と上手く意志の疎通が図れないため、単に変人と見なされてしまうが、ひとつのことに秀でている人もいる。ネイサンは数学では天才的な才能を発揮するが、人を好きになることや自分のことを思いやってくれる人の気持ちを理解できなかった。それがメイとの付き合いを通じて、方程式では解けないこころというものがあることに気づく。今まで触ることさえなかったお母さんの手を握るシーンにはホロリとさせられる。

170209_1140~02.jpg
映画の前に、恵比寿のラーメン屋で昼食。
コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

植物の生命力はすごい! [暮らし]

朝9時から1週間ぶりにテニス。風が強くて、楽しいテニスではなかった。Sさん夫婦と2ゲームしただけで帰って来る。連れ合いはそのあとに男子ダブルスを2ゲームやって帰宅。

留守の間に冷蔵庫が空になっていたので、スーパーで食材の買い出し。連れ合いは朝は文化鍋でご飯を炊くが、味噌汁はもっぱらフリーズドライを使っている。昼はパンで、夜は外食。行きつけの店数軒を順繰り回っているみたいだ。たまには家で料理したらと言っても、やる気がないらしい。結局、できるのはそば打ちだけ。

1月3日のそば会に青梅在住のTさんが棒わさびを持って来てくれた。切り取った茎を湯飲み茶わんに挿していたら、葉っぱが出てきて花が咲いた。すごい生命力!

DSC01771.JPG

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

母を見送り、帰京 [田舎]

再び気候は冬型。朝から強い北風が吹き荒れ、那須の山から風と共に雪が流れて来た。

仕事に行く弟夫婦を見送ったあと、急いで掃除・洗濯をしていたら、母が着替えを催促。いつものことだが、ショートステイ先の迎えの車は10時にならないと来ないというのに、8時頃から準備をしていないと落ち着かないらしい。着替えたら今度は、母を乗せる施設の車椅子の邪魔になるから、ストーブやワンちゃんの毛布を片付けるようにとのご指示。そんなことはお迎えが来てからでいいのよと娘は取り合わない。

そのうちにお菓子がたくさんあるはずだから、1個食べていこうかなと言い出す。朝茶に食べたばかりなのにと思ったが、施設ではお饅頭は出ないだろうから、まあいいかと出してあげた。迎えに来た方に相変わらず重いんですよ、私よりずっと体重ありますと言ったら、皆さんも太ったみたいと言っていますよと。本人は歩けなくなってからやせたと言っているけど、介護する方にとっては大木のごとく重い。

母は10日にいったん戻り、14日から約1カ月施設にステイする予定。弟の体調がまだ回復しないため、長く預かってもらうことにした。

DSC01797.JPG
ベットの上で、迎えを待つ母。
コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

千客万来 [田舎]

今朝は冷え込んで、外はバリバリに凍っていた。母の部屋に行き、温度計を見ると、3度。外はマイナス6ー7度だったかも。昼間は気温が上がり、午後からは雨となった。このまま朝まで雪にならないといいのだが。

今日は千客万来。親戚のおばさんと息子さんのT君、友人のMちゃんがほぼ同時刻に見えて、皆で賑やかにおしゃべり。MちゃんとT君が最近フェイスブック友になったので、話が弾んだ。フェイスブックはあちこちに繋がるから、面白い。

お三人が帰ったあとに、いつも野菜をいただいている近所の方が漬物を持ってきてくれて、お茶を飲みながらしばしおしゃべり。すぐにお茶を出さなかったら、母に催促された。お茶だけ出したら、お茶菓子が出ていないと再びの指図。自分が元気な頃にやっていたように娘がやらないと気がすまないみたい。

2017-02-05T17_07_30-064db[1].jpg
秋に友人からいただいた高菜を漬けたのが、程よい味に漬け上がった。細かく切って、胡麻油で炒めたら、ご飯にぴったり。
コメント(2) 

食い気健在! [田舎]

昨日から田舎の弟の所で母の介護と家事をやっている。ショートステイから3週間ぶりに戻った母、1ヶ月前と変わったところもなく、元気。施設からの申し送り票によると、いつ帰るの?と何度か尋ねたらしいが、日にちを伝えるとその時は納得するらしい。時間的な認知機能が確実に衰えている。

朝ご飯のあと、足湯をしている。今朝、弟夫婦が仕事に行き、私が忘れていたら、お湯を持ってきてと催促されてしまった。稀勢の里が優勝して横綱になったのよと言ったら、テレビ見ないので知らなかったと。相撲が好きなので、家にいる時は自分で起き上がって、リモコンを操作して4時頃から見ている。施設の部屋にはテレビがないが、共有スペースにはあるみたいだから、相撲が見たいと言えば、見せてくれるのだろうが、そもそもいつ相撲をやっているのか本人がわからないので、申告しようがない。

食べ物のことはよく覚えている。午前中に実家の弟がお菓子を持ってきた。朝茶でお饅頭を1個食べたので、3時の時にねと言って忘れたふりをしていたら、お茶でも飲みたいな、もらったお菓子、まだ食べていないしと言われてしまった。食い気だけは健在!

DSC01779.JPG
一昨年の12月、母の誕生日に友人からいただいたシクラメンが元気に咲いている。

コメント(2) 

『ザ・コンサルタント』 [映画]

風が強かったため、テニスは諦めて映画へ。品川で『ザ・コンサルタント』を見た。田舎町の会計士、クリスチャン・ウルフは大きな企業から財務調査を依頼される。驚異的な速さで15年分の資料を一晩で読み解き、不正を見つけるが、突然調査にストップがかかったうえ、命を狙われるようになる。

自閉症で他人とのコミュニケーションは不得手だが、天才的な頭脳と並外れた格闘能力を持つウルフ。いくつかの偽名を使用し、出身地もなにもかもベールに包まれている。挿入される回想シーンから、少しずつ彼のバックグランドがわかってくるけど、実はウルフは裏社会のマネーを仕切る仕事をし、なおかつ凄腕の殺し屋でもあった。

あちこちに伏線が張ってあり、最後になってようやくパズルがはまる。よくできた作品だった。たまにはハリウッドのサスペンス・アクションも悪くないなあと満足して帰宅。

昨夜、ガス給湯器が壊れて、お湯が出なくなった。折しも私はヘナを塗りたくって髪を染めている最中。洗い流すのにお湯がなかったら、どうすればよいのと焦った。お風呂の湯は2日に1回取り換えるため、昨日は浴槽に水があった。その水を洗濯機に半分ほど移し、我が家で一番大きなそば茹で用の鍋や二番目に大きい鍋で湯を沸かし、それを浴槽に入れて、なんとかヘナでこてこてになった頭を洗った。

映画を見て、5時半頃に帰ったら、まだ修理屋さんがいるのでびっくり。連れ合いに聞いたら、1時頃からずっとやっているとのこと。今日もお風呂に入れないのかと心配していたら、なんとかお湯が出るようになってホッとする。蛇口をひねればお湯が出る生活に馴染みすぎるのもどうかと思った2日間。

DSC01761.JPG
林試の森公園の白椿
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

雪下キャベツを味わう [暮らし]

ほとんど風もなく、絶好のテニス日和。朝9時からSさん夫妻と2ゲームして、さっさと帰って来た。図書館で借りた本が数冊あり、それを読みたいので、テニスは切りがいいところで止めた。連れ合いはそのあと男性4人で2ゲームしたみたいで、私が昼食を終えた頃に帰宅。

田沢湖駅前の土産物屋で見つけた雪下キャベツを一昨日の夕食に味わった。友人がフェイスブックに会津産の雪下キャベツが甘くて美味しいと投稿したのを読んで、食べたいなあと思っていたら、温泉の帰りに寄った店にあった。

DSC01713.JPGDSC01726.JPG

台北のお気に入りの店「喫飯食堂」で、キャベツ蒸しをよく食べるので、シンプルに蒸して、ポン酢で食べてみた。ホントに甘くて柔らくて、美味!

秋にキャベツの根切りをして、雪の下で保存するという方法を編み出したのは北海道だと思うが、いまや秋田や福島でもやっているらしい。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ウオーキングで春を探す [暮らし]

テニスクラブが休みの日はとかく映画に行くことが多いが、15日以来ウオーキングをしていないので、今日は歩きたい気分だった。歩くのにも目的がないとつまらない。いろいろ考えたあげく、目黒の東京都庭園美術館で開かれている「並河靖之七宝展 明治七宝の誘惑―透明な黒の感性」を見に行くことにした。

0.JPG1.JPG2.JPG
2週間前、2-3輪ほころび始めていた林試の森公園の河津桜が気になっていたので、まずは林試の森へ向かう。日当たりの良い木は二分咲きくらいだったが、ほかは開花まであと1週間かかりそう。

3.JPG
七宝展はなかなか見ごたえがあった。七宝作家、並河靖之の没後90年を記念する回顧展で、緻密な模様と繊細な色使いが見事。大半は輸出用だったらしいが、その美しさに欧米人が魅せられたのは当然だと感じた。

4.JPG6.JPG
庭園美術館の日本庭園

5.JPG
北海道美唄出身の彫刻家、安田侃さんの作品「風」

本日の歩行距離約10km。帰り道、お気に入りのピザ屋の一つ「ピッツェリア ラ ロッサ」で遅めの昼食。今日はアルコールはグッと我慢。

7.JPG8.JPG9.JPG
平日のランチは、野菜スープとドリンクバー付きで1,080円。クアトロフォルマッジは+432円。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

急にフレンチを食べることに [食べる]

過日、コートドールで食事をした際、シェフからラシェット・ブランシュのSさんが今月いっぱいで辞めることを聞いた。あと3日しかないと昨日予約の電話を入れたら、30・31日は駄目で、当日は7時半からならOKということだった。旅館料理の食べ過ぎで胃を休めたかったが、そんなことを言っていられないと急遽夕食をフレンチに変更。

午後テニスをして汗を流し、姪夫婦を誘って4人で食事をした。Sさんは私が22年前初めてコートドールを訪れた当時はソムリエだった。その後、ほかのレストランのサービスを経て、コートドールの二番だったKさんが開いたラシェット・ブランシュで、長い間Kさんと二人三脚でやってきた。

田舎からやって来ては我が家に泊まっていた姪が小学生の時に五反田のレストランに連れて行っているので、姪も20年くらい前からSさんを知っている。

健康上の理由なので致し方ないが、KさんとSさんのコートドールコンビで、とても居心地の良い雰囲気を醸し出していたので、本当に残念だ。でも、Kさんの料理が素晴らしいので、もちろん今後も通うつもり。

食べた料理(シェフのお任せコース):すべての料理が完璧。これだけ食べて6,500円とは安すぎる。
飲み物:シャンパン・赤ワインを各1本
アミューズ:ベーコンとチーズのトースト
前菜1:牡蠣のポアレ
前菜2:白子のムニエル
主菜1:太刀魚のポアレ
主菜2:蝦夷鹿とフォアグラのパイ包み
デザート:リンゴとサツマイモのミルフィーユ(私)
     クルミのクレームブリュレ(姪)
     ヌガーグラッセ(甥と夫)
小菓子:チョコレート

DSC01714.JPGDSC01715.JPGDSC01716.JPGDSC01718.JPGDSC01719.JPGDSC01720.JPGDSC01721.JPGDSC01722.JPGDSC01723.JPGDSC01724.JPG
コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

駒ヶ岳温泉でまったりと過ごす(その2) [温泉巡り]

夏に宿泊した際は、お花を見に駒ヶ岳に登ったりしたが、冬は散歩もできない。古本屋で本を4冊ほど購入して持参し、それを読んだり、たまにテレビを見たり、ごろごろしていた。

起き抜けに朝風呂に行き、昼食前、夕食前はゆっくりとお風呂に入った。夜は8時出発の送迎車で鶴の湯へ。お気に入りの混浴露天風呂に小一時間浸かり、宿に戻って10時に寝るという生活。

鶴の湯で何度かお会いした常連客たちに再会し、しばしおしゃべり。鶴の湯の良さは湯治棟に泊まっている客同士が食事処でお膳を囲んで、和気あいあいで話ができること。部屋や食事は駒ヶ岳温泉の方がいいけど、雰囲気は鶴の湯の方が好み。

昨今は国際的にも知られている鶴の湯、アジアからは台湾、香港、タイあたりが多かったが、いよいよ中国人も進出してきたらしい。ますます予約が取れなくなりそうな予感。

駒ヶ岳温泉で会った台湾人男性2人、日本に20回来ているそうで、日本大好きと話していた。私も台湾大好きで20回以上行っているわよと言ったら、喜んでいた。

1.JPG
部屋にいるのが飽きると、温泉棟のロビーで読書。

2.JPG
鶴の湯

3.JPG
2日目の朝食
11.JPG
3日目の朝食

4.JPG
昼食は持参のせんべいとビール。

2日目の夕食
5.JPG
鯛の刺身、ハタハタの飯寿司、ひろっこの和え物、キノコ、鶏胸肉焼き。
6.JPG
牛鍋
7.JPG
鮭のムニエル、ひろっこのせ。
8.JPG
ひろっこ、舞茸、桜エビのかき揚げ
9.JPG
タラちり
10.JPG
そばは鶏南蛮のつけ麺で。デザートはイチゴだった。

3日目の夕食
12.JPG
鯉のあらい、紅鱒の焼き物、イカ、エビとセリの白和え、カマンベールといぶりがっこ。
13.JPG
海鮮鍋
14.JPG
ニシンとタケノコの煮物と稚帆立
15.JPG
鶏手羽先と白菜の鍋
16.JPG
そばはごまだれで。
17.JPG
柿のゼリー
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

駒ヶ岳温泉でまったりと過ごす(その1) [温泉巡り]

秋田県駒ヶ岳の麓にある駒ヶ岳温泉に3連泊して、本日帰京。秋田もさほど寒くはなかったが、まるで春のような東京の暖かさに驚く。

白い世界に閉じ込められた森の中の一軒宿は静寂に満ちて、休養するにはもってこいの場所だった。連日、雪見風呂と雪見酒を堪能し、まったりと過ごした。お陰で、心身共に軽くなった感じ。やっぱり気分転換には温泉が一番かな。

1.JPG
秋田新幹線田沢湖駅から路線バスで20分。バス停から徒歩で十数分。

2.JPG
今回は15畳の部屋。掃除も布団の上げ下ろしも不要ですと言って、布団を敷きっぱなしにして、寝たい時に寝ていた。温泉に行くといつもこのようにしている。

3.JPG
部屋からの温泉棟。男女別の内湯と露天風呂のほかに手前に貸し切り露天風呂が2つある。

4.JPG
女性用内湯

5.JPG
内湯に続く女性用露天風呂

6.JPG
渓流沿いにある貸し切り露天風呂。空いていれば、宿泊者はいつでも無料で入れる。

1日目夕食:順番に運ばれてくるので、出来立てが食べられる。ほかに漬物の盛り合わせが出たが、とてもご飯は食べられなかった。

7.JPG
岩魚の刺身。
8.JPG
岩魚の卵、ひろっこ(アサツキの新芽)の味噌和え、牡蠣の酢の物、スモークサーモン
9.JPG
ブリの照り焼き
10.JPG
鴨肉と野菜の味噌焼き
11.JPG
キノコの茶碗蒸し
12.JPG
キノコ鍋
13.JPG
十割そば
14.JPG
シャーベット
コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

今日から秋田の温泉でのんびり [温泉巡り]

JR東日本の「大人の休日倶楽部」4日間15,000円のパスを使って、これから秋田の温泉へ。例年、この時期は鶴の湯温泉に泊まっていたが、今回は3カ月前でも予約が取れなかった。春節の時期でもあり、外国人ー特にアジアのひとたちが早めに予約したのかも。

それで、以前に泊まったことのある鶴の湯系列の駒ヶ岳温泉に3泊することにした。森の中の一軒宿で静かなので、ゆっくりできるし、夜は鶴の湯に連れて行ってもらえる。

1月は母の介護1週間、そば会3回と結構忙しかった。ここらへんで温泉に浸かって、気分転換せねば。

DSC01442.JPG
ご近所の飼い猫
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

『沈黙‐サイレンス‐』 [映画]

話題の映画『沈黙‐サイレンス‐』を見に品川へ。遠藤周作原作の「沈黙」をアメリカのスコセッシ監督が映画化したとあらば、見逃すわけにはいかない。

17世紀、キリシタン弾圧が激しかった江戸時代初期の長崎が舞台。ポルトガルの宣教師、フェレイラが棄教したと聞いた弟子のロドリゴとガルぺは真相を確かめるべく、キチジローという日本人の案内でマカオから長崎に渡る。

そこで目にしたのは厳しい弾圧の下でも信仰を捨てない隠れキリシタンたちの存在だった。ロドリゴとガルぺは彼らの心の支えとなるが、やがて二人をかくまっていた村人たちが捕らえられ、処刑される。無力感にさいなまれながら五島に逃げたロドリゴだったが、キチジローの裏切りにより捕らえられてしまう。

さまざまな手立てを試みるも信仰を捨てないロドリゴに対して、長崎奉行は最後の手段に出る。それはロドリゴのために犠牲になる人々の命を彼の前にさらすことだった。激しい拷問を受ける信者たちを目の当たりにして、信仰のためには信者たちを犠牲にするのか、それとも棄教して彼らの命を助けるべきなのか、究極の選択を迫られる。

息を詰めながら165分見続けたが、久しぶりにすごい映画を見たという感じ。単なる宗教的、歴史的な作品ではない。人間の強さと弱さ、善と悪、赦しなど普遍的なテーマが見る者に突きつけられる。悲しく、苦しいシーンが多いが、今年見るべき作品のひとつになるだろう。さすがスコセッシ監督が28年間映画化に向けて温めてきた作品だけのことはある。

DSC01615.JPG
帰りは品川から五反田まで歩き、「広州市場」で香菜入りワンタン麺の昼食。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

強風の中で長老と組んでテニス [テニス]

明日はテニスクラブが休みだし、明後日からは秋田の温泉なので、風があったが午後からクラブに向かう。月・木は女性群が集合する日ということもあり、強風にもかかわらず、結構な賑わいだった。

最長老の90代お二人も見えていた。93歳のSさんと組んで試合をする。いつものごとく、ボレーをしっかり決めてくれる。もう一息というところで負けてしまったけど、あらためてすごいなあと感心。頭もしっかりしているし、相手の動きをよく見て、ボールを打つところなどとても真似できない。年齢的には自分の親世代と組んでいるわけで、いやはや恐れ入りましたという気分。

DSC01611.JPG
昨日、魚屋でかすべを見つけたので煮つけにした。朝食用に煮こごりにしようと思い、鍋ごとベランダに出しておいたが、煮こごりにならなかった。東京は暖かすぎるようだ。
コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

温かいそばも美味しい [暮らし]

昨夜の客は11時頃に帰ったので、後片付けをしてお風呂に入って、12時半には寝たにもかかわらず、朝すんなりと起きられなかった。7時に目覚めたのに、なんとなく疲れがとれない感じで、床の中でぐだぐだしていた。こういう時はつくづく年を取ったんだなあと思ってしまう。

体をすっきりさせるために午後からテニスクラブへ。試合を2セットして、Mさんと乱打して汗をかいたら、体が軽くなった。やはり、運動が一番効果がありそう。

DSC01609.JPG

夕飯は昨日の残りのそばを茹でて、鶏肉・シイタケ・ネギを入れた温かい汁で食べた。冷たいそばとはまた違った美味しさ。昨日頂いた日本酒が残っていたので、魚屋で見つけたマトウダイの刺身でじっくりと味わう。この時期の日本酒は旨い!
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第7回そば会(2016年度) [そば会]

今期7回目のそば会を開く。予定の半分を終えたことになるが、まだ先は長い。2-3月はいろいろな予定が入っていて、せいぜい1回ずつしかできそうにない。4月と5月は打ち手が留守となるため、6-7月でなんとか一巡させたいところ。

今夜の客はテニス仲間や私の小学校からの友人夫婦など7名。全員テニスをするので、テニス談義から始まって、政治、介護、旅の話といろんな話題で盛り上がった。

本日の献立
○牛肉・シイタケ・パプリカ・ネギの炒め
○ターサイのオイスターソース炒め
○大根とブリのアラの煮物
○湯葉の出汁煮
○カブ・セロリ・パプリカ・タマネギ・ニンジンのピクルス
○ホウレンソウ・ツナ・塩昆布のナムル
○煮小豆
○台湾ドライマンゴー&北海道のチーズ
○たくあん(田舎からの頂き物)
○伊達巻き&千枚漬け(Sさんより)

1.JPG2.JPG3.JPG4.JPG5.JPG6.JPG
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
メッセージを送る