So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の20件 | -

暑すぎて、花も可哀そう [暮らし]

暑さはとどまるところを知らずで、今日は都心で39℃、都内青梅で40℃を記録したようだ。こんな酷暑の下で、オリンピックなどできるのだろうかと2年後が心配になる。

4時近くからテニスをしたけど、暑かった!連れ合いとラリーだけでもいいと思って行ったのだが、Oさんがいたので、3人で練習をする。そのあと、試合を終えたAさんが入ってくれたので、1試合できた。もうそれで十分。昼間、全面埋まるくらいのメンバーがいたと聞いて、皆さん、すごいなあと驚く。

プルメリアの花が1週間前から咲いている。しかし、せっかく咲いてもすぐに落ちてしまう。あまりの暑さゆえか、持たない。いくら熱帯地方の植物でも、この気温の下で生きるのは過酷なのかも。

DSC00112.JPGDSC00111.JPG
20年位前にハワイ土産にいただいた約30cmの枝が、今では私の背丈ほどになり、いくつにも枝分かれしている。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

寿司屋で暑気払い [食べる]

昼近くに区の防災無線で光化学スモッグ注意報が出た。風が出てきたら、解除になったので、2時半過ぎにテニスクラブに向かう。

私たちを入れて、ちょうど3面分のメンバーがいた。SさんとTさんの男性2人組から挑戦しますと言われて、仕方なく連れ合いと組む。なんとか勝って、クラブハウスで一休みしたあとに自分だけ抜け出そうとしたら、リベンジしなきゃと言われて、再び同じ組み合わせでやることに。2試合目も勝利したが、夫婦で組むのは2倍疲れる。

夜は近所の寿司屋で暑気払いをすることに決めてあって、予約しておいた。1カ月半ぶりの寿司に大満足。やっぱり魚は寿司屋で食べるに限る。

DSC00156.JPGDSC00157.JPGDSC00160.JPGDSC00162.JPGDSC00158.JPGDSC00161.JPGDSC00163.JPGDSC00165.JPGDSC00167.JPGDSC00166.JPG
生ビール1杯と日本酒をグラスで飲んだだけ。食べる量も飲む量も減っている。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

テニスは夕方から [テニス]

あまりの暑さに本を読む気にもなれない。それなら、テニスしかないかと午後2時頃に家を出る。クラブに着くまでに、もうぐったり。

夕方からやる人が増えて、今日は3時過ぎにはコートが全面埋まっていた。気温はさして下がらないけれど、日差しが弱くなり、風が少し涼しくなるだけで、大分体が楽だ。なんとか2試合する。

家で簡単なものを作るつもりでいたら、連れ合いが天心で食べて行こうと言うので、ダメ元で寄ってみた。ほかのテーブルはすべて予約で埋まっていたけれど、運よく2人席が空いていた。生ビールに体に良さそうな料理を食べて、ご機嫌で帰宅。こんな猛暑の日々は家事に頑張るより、御身大切にせねば。

天心1.jpg
空心菜の炒め
天心2.jpg
海鮮春巻き
天心3.jpg
豚三枚肉の黒酢煮込み
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

『フジコ・ヘミングの時間』 [映画]

今日はテニスはせずに映画館で涼むことにした。恵比寿ガーデンプレイスで、『フジコ・ヘミングの時間』を見る。60代後半にブレイクし、85歳の今も精力的に演奏会をこなしているピアニスト、フジコ・ヘミングに密着したドキュメンタリー。

世界のあちこちでのコンサートの模様や街の風景、パリ、ベルリン、サンタモニカ、東京、京都にある自宅、愛する猫や犬との生活が描かれている。映像とともにフジコさんの語る言葉が魅力的。彼女の人生観、音楽に対する考え方がよくわかって、興味深い。全編にわたって彼女の演奏が流れるが、やはりラストのラ・カンパネラが秀逸!

10年以上前にサントリーホールでのコンサートに行ったことがある。当時でも既に70歳くらいだったと思うが、現在も世界を股にかけ、年間何十回も演奏会をしているとは驚き。ベジタリアンなのに、どこからそんなエネルギーが湧いてくるのだろうか。映画を見て、また生で聴いてみたくなった。

DSC00151.JPGDSC00152.JPGDSC00153.JPG
映画の前に、エビスビール記念館で簡単な昼ご飯
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

熱中症寸前 [テニス]

こんな暑い日は夕方にテニスをしたい。でも、月に一度、骨粗鬆症の注射をしてもらっているクリニックが木曜午後は休みなので、昼近くに行き、その足でクラブに向かった。

メンバーが少ないうえ、1セット終わったら、冷房の効いたクラブハウスで体を冷やさないと無理なため、コートは閑散。靴底からコートの熱さが伝わってくるほどで、頭がぼーっとしてきた。6-0で終わったから、よかったものの、もつれた試合だったら、とても最後までできなかった。顔が真っ赤になり、軽い頭痛もあったので、熱中症寸前だったかも。もう3時前はやらないことにしよう。

DSC00107.JPG
先日田舎に行った時に義妹からたくさんの梅干しをもらってきた。こちらでも一日干す。
コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

ピザ屋でおしゃべり [友達]

今日も朝から猛暑。汗だくになりながら、朝ご飯を食べた。水曜日は朝9時からテニスをする日だが、私はランチの約束があったのでパス。連れ合いは8時過ぎに一人でクラブに向かった。

2年前、友人宅での出張そば会で出会い、今春のそば会でもご一緒したTさんから声が掛かって、私のひいきのピザ屋に案内した。お店はお互いの自宅から徒歩30分ほどの距離。暑さの中、電車には乗らずに、ゆっくり歩いて向かった。

Tさんから、同居していたご自分の亡きお母さんの介護経験を聞いた。経験者の話は参考になることが多々あり、それに付随した情報もいろいろ教えていただき、充実のランチだった。

DSC00125.JPGDSC00126.JPGDSC00127.JPG
サラダ、ソフトドリンク付きで、1,150円。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

母は以前より元気 [田舎]

昨日から1泊で、連れ合いと母に会いに行って来た。いつものように、母が入所している施設のすぐ近くにある温泉施設に泊まったが、さすがに露天風呂でさえ長くは入っていられなかった。水風呂と交互に入っていたくらい。

昨日は弟夫婦と4人で訪ねたが、今日は帰りがけに2人で寄った。連れ合いが車椅子を押して、少し外を散歩。冷房の中にずっといるため、外気に触れて暖かいのにびっくりしていた。

施設の人の話では、入所してから昼間はほとんど起きているためか、以前よりずっと元気らしい。オムツは夜間だけになり、トイレでも立ち上がることができるようになったのだとか。実は寝たきり老人ではなく、寝かせたきりだったのかと、ほんの少し介護を担った者として反省しきり。

ショートステイに行っている時も寝ていることが多いと聞いていたので、起きているのがしんどいのかと思っていたのだが、施設の雰囲気や方針によって入所者の気分も変わるのかもしれない。まあ、今の施設で元気になったのだから、母には合っているのだろう。家族としては一安心。

DSC00094.JPG
麦わら帽子は施設でそろえている。

DSC00095.JPG
施設の前の畑にあるキュウリは畑の持ち主が作っているが、その方のご厚意で施設の調理場で浅漬けなどにして、入所者に食べさせている。

DSC00085.JPGDSC00082.JPG
施設の近くに咲いていたナデシコとハギ
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

仙鳳趾の牡蠣は美味い! [食べる]

昨日にも増して猛暑の一日。Aさんが3時頃からやりましょうと言ってくれたので、今日もテニスクラブへ。AさんとTさん、それに私たち夫婦の4人で2セットした。もう1グループが4時から始めたが、結局そのほかの会員はだれもやって来ず、午後のコートは閑散としていた。

初めは日差しが強いと感じたけれど、4時過ぎると風も涼しくなり、断然体が楽になる。当分の間、真昼間のテニスは避けた方が無難かな。

テニスのあと徒歩で池上に向かい、「厨房しらかわ」で夕食。先月から牡蠣フライが厚岸産から仙鳳趾産に変わったと聞いていたので、どうしても食べたかった。やっぱり仙鳳趾の牡蠣はふっくらとしていて、クリーミーで絶品。

DSC00073.JPGDSC00074.JPG
このほかにサラダを食する。生ビールは1杯にとどめた。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

納涼会で飲むビールは美味しい! [友達]

熱中症注意報が出る中、午前中テニスへ。バンコク在住のAちゃんが出張で来日し、クラブに来たので、一緒にプレーした。帰宅して、家でビールを一気飲み。

夕方、浅草へ向かう。アサヒビール本社22階のゲストルームで、毎年恒例の納涼会が開かれた。連れ合いの高校クラスメートと妻たち、総勢18名での集い。今年は地元釧路からの参加者はなく、関東在住の人たちばかりだった。ここで飲むビールはビール会社のお膝元だからか、格別に美味しく感じる。

DSC00070.JPGDSC00040.JPGDSC00067.JPG

昨年急逝したTさんに黙祷を捧げてから、開宴した。ちょうど1年前に一緒にビールを飲んだTさんがそれから1カ月も経たないうちに亡くなってしまうなんて、だれが想像しただろうか。今でも信じられない思いだ。

DSC00044.JPGDSC00047.JPGDSC00061.JPGDSC00063.JPGDSC00064.JPG
料理はイタリア料理
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

夕方にちょっとテニス [テニス]

今日も朝から暑かった。窓という窓をすべて開け放っていても、南西向きの部屋なので、昼過ぎから室内の気温が上昇する。同じく暑いなら、テニスをしていたほうがいいかと2時過ぎにテニスクラブに向かう。

さすがに空いていたけれど、やはり遅くやって来た会員がいて、2セットできた。4時を過ぎると風が涼しく感じられる。この時期は3時半頃から5時半頃までやるのが理想なのだが、如何せん相手がいない。女性たちは夕飯の支度があるため、遅くても4時頃には引き揚げてしまう。

今日はクラブを出たのが6時過ぎで、普段なら夕飯を食べている時間だった。下ごしらえをして出かけたから、調理は短時間で済んだけど、やっぱりせわしい。夕方テニスをした時は外ご飯だと楽なんだけど。

DSC08735.JPG
あちこちに咲いている昼顔。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ミュージカル「エビータ」を初鑑賞 [暮らし]

午後2時から、渋谷の東急シアターオーブで、ミュージカル「エビータ」を観た。マドンナが主演した映画は観ているが、生の舞台は初めて。

アルゼンチンの田舎町で私生児として生まれ、貧しい境遇から女優へ、そして大統領夫人にまで上り詰め、33歳で没したエヴァ・ペロンを描いた作品。作曲はアンドリュー・ロイド・ウエイバー。サラ・ブライトマンのCDでよく聴いていたので、あの曲はこの場面で歌われるのかとなぞりながら観られた。エビータ役のエマ・キングストンとチェ役のラミン・カリムルーの歌声には痺れた。

DSC00022.JPG

それにしても観客の9割近くが女性とは。休憩時間が20分あったのに女性用トイレが長蛇の列で、開演ぎりぎりにようやく用が足せたほど。飲み物を飲む暇など全くない。どうにかならないものか。

エビータの墓.JPG
2009年、ブエノスアイレスに滞在した際、エビータの墓を訪ねた。

DSC00023.JPG
帰りに目黒の「とんき」で夕食。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

風がなければないで・・・ [テニス]

朝9時からテニスをしたが、その時間でも暑かった。風がほとんどなかったため、余計に蒸し暑く感じた。風があればあるで、なければないで、文句を言いながらのテニス。全く勝手だわと自分でもあきれる。

1試合やってはクラブハウスで休憩して体を冷やし、なんとか2試合する。帰りがけにまたしても「天心」に寄って、ビール付き昼ご飯。生ビールがいつにもまして美味しかった!

DSC09998.JPG
赤の夾竹桃は好きでないが、ピンクや白はいい。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』 [映画]

暑くて家にいられないし、テニスクラブが休みなので、渋谷に映画 『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』を見に行った。映画館の中は涼しすぎるくらいだった。

実話に基づいた映画で、全米女子チャンピオンのビリー・ジーン・キングと元男子チャンピオンのボビー・リッグスが1973年に3万人の観衆を集めて、男対女で戦った伝説の試合とその発端となったエピソードを描いている。

女子の賞金が男子の1/8であることに不満を抱いたビリーは、チケットの売り上げが同じなのに賞金に差があるのはおかしいと全米テニス協会の責任者に要求する。しかし、男には養う家族がいる、男の試合の方が速くて面白いと簡単に拒否される。そこで、ビリーたちは全米テニス協会を脱会して、女子テニス協会を設立する。

男性優位主義を自認し、ギャンブル依存症で妻から三下り半を突き付けられたシニアプレーヤーの55歳のボビーが世間の注目を集めるために、ビリーに試合を申し込む。一度は断ったビリーだったが、さまざまな差別と偏見に立ち向かうために受けて立つことにする。

ビリーは伝説のテニス選手だけでなく、女子テニス界の地位向上や待遇改善に貢献。そしてレズビアンであることをカミングアウトしてからはLBGTへの偏見と戦った。

舞台は四十数年前のアメリカなのだが、「女が必要なのは台所と寝室だけ」というセリフが出てくるほど、当時は女性蔑視がひどかった。でも、昨年からの#MeTooの拡がりなどを見ても、まだまだ男性優位の国なのだと思う。なんせ、初の女性大統領候補の夢を打ち砕いて、あんな変なおっさんを大統領に選ぶくらいだもの。

DSC00019.JPG
お昼は「チリチリ」のビーンズ(チャナ豆とレンズ豆)カレー。レタスをトッピングした。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ツイているのか、いないのか。 [つぶやき]

今朝6時に起きたら、まばゆいばかりの日の光が部屋に差し込んだので、喜び勇んでシーツなどの大物を洗濯。ところが、そのうちに怪しげな雲が出て来て、突然雨が降り出した。いったん止んで安心していたら、雷までとどろき、バシャバシャと激しい雨に。

昼までには止んだので、お昼を食べてテニスクラブへ。先週の木・金が雨だったせいか、結構な人出だった。蒸し暑さの中で、なんとか2試合する。

帰り道、連れ合いと近所の寿司屋で夕飯にしようかという話になり、電話をしたら満席。先週の月曜日もなじみの洋食屋が突然の休みで食べ損ねたし、どうもツイていない。仕方がない、じゃあ家で食べようと言ったら、連れ合いがいつもの居酒屋がいいというので、先週の月曜に続いて、またしてもその店へ。私が気合を入れて料理をしていないのを見抜かれているのかな。まあ、私としては、どこで食べようが作らなくていいなら、それが一番嬉しい。

DSC00016.JPG
お通し
DSC00017.JPG
刺身は、マグロ、天然鯛、シマアジ、タコ
DSC00018.JPG
豚肉と野菜の炒め
コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

夏野菜で仕込む一品 [暮らし]

今日もテニスに行ったが、1試合しただけで、あとはクラブハウスでお茶を飲みながら世間話に興じる。ドクターのSさんから、いろいろな話が聞けて、面白かった。日常生活をきちんと送っていれば、やたら検査などする必要がないと言われ、納得。

田舎から届いた野菜で、夏の定番料理ラタトゥイユを仕込んだ。パプリカ・ズッキーニ・ナス・タマネギに缶詰のカットトマトを入れた。生のトマトもたくさん届いたのだが、弟のトマトは生で食べたほうが美味しいと思い、使わなかった。ラタトゥイユはたくさん作って、出来立ては温かいまま、残りは冷蔵庫で保存して冷たいのを食べる。パスタのソースとして使ってもいいし、重宝する一品。

DSC00015.JPG
セロリを入れる時もあるが、今回はほかの野菜がたくさんあったので、買ってまで入れる必要はないと判断。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

無風状態でテニスがしたい [テニス]

西日本の豪雨による被害に心が痛む。先だっては北海道で田んぼが水に浸かったりしたし、近頃はどこで集中豪雨が起きるか、予想がつかない。鶴の湯に泊まった時にもすごい雨で、お風呂に行くのに渡る橋が流されたらどうしようと心配したほどだった。宿の人の話では、昨年は避難したことが一度あったらしい。

3日ぶりにテニス。雨が止んだと思ったら、またしても強風。このところ、穏やかな天気の下でプレーできた試しがない。ビールを美味しく飲むために、致し方なくコートに立っているけれど、たまには無風状態でテニスをしたいものだ。

DSC00012.JPG
田舎から野菜が届き、ズッキーニが何本か入っていた。焼いたり、炒めたりすることが多いが、新鮮なうちに生で食す。薄切りして塩をまぶし、しんなりしたら水で洗い、マヨネーズ・醤油・おろしにんにく・削り節で和えた。
コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

縄文展は見ごたえがある [暮らし]

朝、雨が降る中、区の特定健診を受けに行く。徒歩十数分の医師もスタッフも全員女性というクリニックで、特定健診と乳がん検診、それに自発的に毎年胃の内視鏡検査を受けている。

内視鏡検査中、胃が荒れている部分があるので組織を採りますねと医師から言われた。ストレスで胃がやられているのかもとちょっと心配になる。過去に2度胃潰瘍を患っているが、その時も仕事のトラブルが誘因だった。

午後も雨が止みそうになく、テニスは到底無理と連れ合いと上野の国立博物館で開催中の「縄文ー1万年の美の鼓動」を観に行く。絶対に見逃したくないと思っていた展覧会で、期待以上に素晴らしく、見ごたえがあった。10年位前に青森の三内丸山遺跡に行ったことがあり、その時に縄文時代への興味が湧き、今日へとつながった。

DSC00008.JPGDSC00009.JPG
思ったより混んでいなかった。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

病室で友人とおしゃべり [友達]

今日も強風。そのうえ、時折風と一緒に雨が吹きつけるあいにくの天気。昨日に比べると、気温はさほどではなかったが、湿度のせいか、不快指数が高かった。

午後から友人が入院している病院へ。噂には聞いていたが、ロビーはホテルと見紛うばかりの豪華さで、病室はすべて個室。面会も患者名と病室番号を告げ、看護師が患者の了解をとってからでないと、病室には入れてもらえない。

元気そうな友人の顔を見て安心したあげく、だれにも気兼ねする必要がないので、2人で1時間半もおしゃべりしてしまった。自分が病気になったら、個室がいいなあと思ったけど、料金を聞いて驚愕。やっぱり病気にはなれないわ。

DSC00002.JPG
今日の朝茶は久しぶりに抹茶。茶碗は先月のそば会の折に客の一人、陶芸家のOさんにいただいたもの。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

『羊と鋼の森』 [映画]

明日から天気が崩れるとの予報に、朝9時からテニスをする。あまりに風が強くて、楽しめなかった。でも、お昼に寄った「天心」で飲んだ生ビールが格別に美味しかったので、良しとする。

温泉から帰った翌日、29日に映画『羊と鋼の森』を見に行った。原作は2016年の本屋大賞受賞作だそうだが、読んでいない。

北海道の森の中で林業を営む家庭に育った青年が、高校でピアノの調律師に出会い、彼が調律したピアノの音に魅かれて、調律師を目指す。専門学校を卒業後、楽器店で調律師として働き始めるが、悩み、迷い、何度も壁にぶつかりながら、周囲の人たちに支えられて成長していく。

ハンマー(羊毛で作られたフェルト)が鋼の弦を叩くことによって音が出るなど、ピアノの中の構造を初めて知った。ちょっとした調整で音が変わるし、演奏者の希望する音が出るようにする必要もある。調律師は本当に繊細なお仕事だ。

北海道の美しい自然の映像とピアノの調べが心に響き、なんとも味わい深い作品。静かな物語だが、こういう映画もたまにはいいものだ。

映画の後、家で夕食をとってから、徒歩で区民ホールへ。「あじさい寄席」で、講談、漫談、落語を聞く。思い切り笑ったので、ストレス解消になった。

DSC09992.JPGDSC09993.JPG
DSC09994.JPG
天心での昼食は、連れ合いが麻婆豆腐定食、私は鶏から揚げサラダ仕立て定食。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

『空飛ぶタイヤ』 [映画]

ブログを書こうとしていたら、Windows 10 の更新モードになってしまった。30分もすれば終了するだろうと思っていたが、なんと2時間以上かかった。

今日は暑さしのぎに品川の映画館へ。連れ合いの希望で、『空飛ぶタイヤ』を見た。原作は「半沢直樹」や「下町ロケット」の池井戸潤。

トレーラーの脱輪事故で、歩道を歩いていた主婦にタイヤが当たり、亡くなる。運送会社の整備不良が疑われるが、運送会社の社長は納得できずに独自に調査を始め、トラックの構造に欠陥があるのではと疑う。社運を賭けて原因究明のために奔走する中小運送会社の社長と組織ぐるみで隠ぺいする財閥系の自動車メーカーとの戦いが実に面白い。

映画を見ながら、昨今このメーカーのような会社がやたらと多いなあと思い至った。企業モラルなどないに等しい大会社が増えているのはなにゆえなのか。原因は競争激化ばかりではあるまい。

DSC09743.JPG
木槿が真っ盛り
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の20件 | -