So-net無料ブログ作成

好物のウナギが高騰しているらしい [暮らし]

予報通り、朝から雨。一日中家にひきこもっていた。図書館で借りた佐野洋子さんのエッセイ「問題があります」を読み始めたら、あまりにも面白くて風呂の中まで持ち込んで読んだ。歯に衣着せぬ率直な表現がなんとも痛快。シニカルだが、独特なユーモアがあり、実は著者は情が深い人なのではと感じさせる文章だ。

夕刊に、ウナギの稚魚が記録的不漁で仕入れ値が高騰、ウナギが高値の花になりつつあるという記事が載っていた。3年前に比べて仕入れ値が5倍になっているという。しかし、その値上げ分をすぐに価格に反映させたら、客が来なくなってしまうので、蒲焼き店は赤字でやっているところもあるとか。

稚魚がとれなくなった原因は不明らしいので、今後も価格が安定することは期待できないかも。ウナギが好物の私でも、鰻重が3千円以上したら、やっぱり気軽には食べられない。ウナギは年に一度の贅沢な食べ物になってしまうのかなあと心配になった。

DSC09911.JPG

DSC09914.JPG

札幌の弟からのプレゼント、メンメの干物を肴に福島の酒「大七」の燗酒を飲む。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。